研究者
J-GLOBAL ID:200901066650983504   更新日: 2020年09月02日

神崎 展

カンザキ マコト | Kanzaki Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a8fa0b5de0bb44a7a819bde168db5c77.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/a8fa0b5de0bb44a7a819bde168db5c77.html
研究分野 (6件): 生理学 ,  病態医化学 ,  プラズマ科学 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (5件): GLUT4 ,  骨格筋 ,  運動 ,  インスリン ,  分子糖尿病学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 運動骨格筋内微小環境と免疫代謝制御に関する研究
  • 2018 - 2020 筋運動ニッチにおける免疫代謝微小環境の生体イメージング解析
  • 2017 - 2020 ヒト由来筋細胞を用いた「収縮型培養筋細胞作製システム」の構築とその応用
  • 2016 - 2018 インスリン標的細胞に対するプラズマ効果とその治療的応用
  • 2014 - 2016 単離骨格筋線維内における小胞輸送動態の超解像ナノ計測手法の確立
全件表示
論文 (118件):
  • Ryo Shintate, Taisuke Morino, Kota Kawaguchi, Ryo Nagaoka, Kazuto Kobayashi, Makoto Kanzaki, Yoshifumi Saijo. Development of optical resolution photoacoustic microscopy with sub-micron lateral resolution for visualization of cells and their structures. Japanese Journal of Applied Physics. 2020
  • Masayoshi Kawase, Weijian Chen, Kota Kawaguchi, Mazvita R Nyasha, Shota Sasaki, Hiroyasu Hatakeyama, Toshiro Kaneko, Makoto Kanzaki. TRPA1 and TRPV1 channels participate in atmospheric-pressure plasma-induced [Ca2+]i response. Scientific reports. 2020. 10. 1. 9687-9687
  • R. Honda, S. Sasaki, K. Takashima, M. Kanzaki, T. Sato, and T .Kaneko. Characterization of middle-molecule introduction into cells using mm-scale discharge in saline. Japanese Journal of Applied Physics. 2020
  • Chayanit Chaweewannakorn, Mazvita R Nyasha, Weijian Chen, Shigenori Sekiai, Masahiro Tsuchiya, Yoshihiro Hagiwara, Karim Bouzakri, Keiichi Sasaki, Makoto Kanzaki. Exercise-evoked intramuscular neutrophil-endothelial interactions support muscle performance and GLUT4 translocation: a mouse gnawing model study. The Journal of physiology. 2020. 598. 1. 101-122
  • Kobayashi J, Hasegawa T, Sugeno N, Yoshida S, Akiyama T, Fujimori K, Hatakeyama H, Miki Y, Tomiyama A, Kawata Y, et al. Extracellular α-synuclein enters dopaminergic cells by modulating flotillin-1-assisted dopamine transporter endocytosis. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2019. 33. 9. 10240-10256
もっと見る
MISC (222件):
  • 神﨑 展. 免疫伝達物質cGAMPのトランスポーターSLC19Aの同定. 実験医学1月号 (2020). 2020. 38. 1. 60-61
  • 八百板富紀枝, 宮澤将之, 土谷昌広, 土谷忍, 神崎展. 長期粉末食飼育マウスにおける結腸機能と免疫細胞の関連性. 日本薬理学会北部会. 2019
  • 神崎 展. 筋機能を制御する異種細胞連関 運動骨格筋内微小領域(運動筋ニッチ)における好中球の役割. 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集. 2019. 5回. 40-40
  • 神崎展. ヒト筋衛星細胞を用いた「in vitro Exerciseモデル」の構築. 月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト. 2019. 45. 6. 358-361
  • 及川善嗣, 井泉瑠美子, 小出将志, 萩原嘉廣, 神崎展, 鈴木直輝, 青木正志, 阿部高明, 阿部高明, 阿部高明. 炎症性筋疾患におけるミトコンドリア機能異常の検討とその治療法開発. 日本NO学会学術集会プログラム抄録集. 2019. 19th. 67
もっと見る
特許 (9件):
書籍 (1件):
  • Mechanisms of Insulin Action
    Landes Bioscience / Eurekah.com 2005
学歴 (2件):
  • - 1995 群馬大学
  • - 1991 新潟大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (群馬大学)
委員歴 (4件):
  • 2016/07 - 現在 American Society for Biochemistry and Molecular Biology Editorial Board(Journal of Biological Chemistry)
  • 2016/07 - 現在 American Society for Biochemistry and Molecular Biology 編集委員・Editorial Board(Journal of Biological Chemistry)
  • 2012/06 - 現在 PLOS ONE Scientific Editor
  • 2012/06 - 現在 PLOS ONE Scientific Editor
受賞 (4件):
  • 2016 - 応用物理学会 プラズマエレクトロニクス賞 (共同受賞)
  • 2003/01 - American Diabetes Association (ADA) American Diabetes Association (ADA) Junior Faculty Award
  • 1998/06 - Juvenile Diabetes Foundation (JDF) Juvenile Diabetes Foundation (JDF) Postdoctoral fellowship Award
  • 1997/05 - 社団法人 日本内分泌学会 第17回日本内分泌学会研究奨励賞 インスリン様成長因子(IGF-1)の作用の多様性とその情報伝達系に関する研究
所属学会 (4件):
欧州糖尿病学会 ,  米国生化学・分子生物学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本糖尿病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る