研究者
J-GLOBAL ID:200901066720592508   更新日: 2021年03月03日

山田 雅巳

Yamada Masami
研究分野 (2件): 薬系衛生、生物化学 ,  分子生物学
研究キーワード (8件): 大腸菌 ,  DNA損傷 ,  DNAポリメラーゼ ,  突然変異 ,  DNA lesion ,  mutagenesis ,  DNA polymerase ,  Escherichia coli
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2004 - 2009 内因性の遺伝毒性物質の検索
  • Mechanism of mutagenesis
論文 (64件):
  • Miroslav Mišík, Franziska Ferk, Heidemarie Schaar, Masami Yamada, Walter Jaeger, Siegfried Knasmueller, Norbert Kreuzinger. Genotoxic activities of wastewater after ozonation and activated carbon filtration: Different effects in liver-derived cells and bacterial indicators. Water Research. 2020. 186. 116328-116328
  • Petr Grúz, Masatomi Shimizu, Kei Ichi Sugiyama, Masami Yamada, Masamitsu Honma. Effect of episomally encoded DNA polymerases on chemically induced mutagenesis at the hisG46 target in Ames test. Genes and Environment. 2020. 42. 1. 14-14
  • Hisako Hori, Satomi Shimoyoshi, Yasuhiro Tanaka, Ayaka Momonami, Kenichi Masumura, Masami Yamada, Wataru Fujii, Yoshinori Kitagawa, Makoto Hayashi. Multiple-endpoint genotoxicity assay for colon carcinogen 1,2-dimethylhydrazine. Mutation Research - Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis. 2020. 849. 503130-503130
  • Hisako Hori, Satomi Shimoyoshi, Yasuhiro Tanaka, Ayaka Momonami, Kenichi Masumura, Masami Yamada, Wataru Fujii, Yoshinori Kitagawa. Integration of micronucleus tests with a gene mutation assay in F344 gpt delta transgenic rats using benzo[a]pyrene. Mutation Research - Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis. 2019. 837. 1-7
  • Masami Yamada, Masamitsu Honma. Summarized data of genotoxicity tests for designated food additives in Japan. Genes and Environment. 2018. 40. 1. 27-27
もっと見る
MISC (71件):
  • 本山 茂記, 竹入 章, 松尾 沙織里, 和田 直子, 寺社下 浩一, 三島 雅之, 新見 直子, Cruz Petr, 増村 健一, 山田 雅巳, et al. P-003 DNA polymerase kappaはin vivoにおいて、cisplatinに対する損傷乗越えDNA複製に関与する(ポスターセッション,ゲノム変異の生成と抑制 : 分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2015. 44. 94-94
  • 堀端 克良, 山田 雅巳, 鵜飼 明子, 木本 崇文, 千藏 さつき, 三浦 大志郎, 伊東 悟, 武藤 重治, 宇野 芳文, 真田 尚和, et al. P-072 Pig-a/PIGRETアッセイの短期試験としての有用性 : MMS共同研究報告(ポスターセッション,ゲノム変異の生成と抑制 : 分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2015. 44. 128-128
  • 山田 雅巳, 大杉 直弘, 高木 久宜, 和田 邦生, 松元 郷六, 大隅 友香, 真田 尚和, 百南 綾華, 堤 絵梨, 堀 妃佐子, et al. P-091 ICHガイドラインS2(R1)におけるin vivo試験組合せの検討(ポスターセッション,ゲノム変異の生成と抑制 : 分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2015. 44. 138-138
  • 松田 知成, 松田 俊, 山田 雅巳. P-094(O-12) SMRT DNAシーケンサーを用いた突然変異検出法の開発(ポスターセッション,ゲノム変異の生成と抑制 : 分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2015. 44. 139-139
  • 鈴木 孝昌, 降旗 千惠, スレッシュ ティルパッティ, 鵜飼 明子, 山田 雅巳, 本間 正充. P-095 次世代シークエンサーを使った突然変異の直接検出(ポスターセッション,ゲノム変異の生成と抑制 : 分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2015. 44. 140-140
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • Development of a tester strain sensitive to chemicals inducing oxidative pyrimidines
    (European Environmental Mutagenesis Society 2008)
Works (1件):
  • 好熱性誤りがちDNAポリメラーゼの結晶構造解析に関する基礎的研究
    2001 - 2004
学歴 (4件):
  • - 1990 大阪大学 微生物生理学
  • - 1990 大阪大学
  • - 1984 大阪大学 薬学科衛生化学専攻
  • - 1984 大阪大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る