研究者
J-GLOBAL ID:200901066837334496   更新日: 2021年09月10日

坂本 治也

サカモト ハルヤ | Sakamoto Haruya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://gakujo.kansai-u.ac.jp/profile/ja/1dcbb4f7gc7f2hb2X0bz2bi+c2.html
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (1件): 市民社会、利益団体、市民参加、ソーシャル・キャピタル、NPO、アドボカシー、協働、寄付行動、ボランティア
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2022 人称による正義・道徳観の変化に関する実験政治哲学研究
  • 2019 - 2021 自助・共助研究班
  • 2017 - 2019 NPO・市民活動への参加意識の実証研究-サーベイ実験による因果効果の検証-
  • 2015 - 2019 地方議会班
  • 2014 - 2018 NPO政策をめぐるミクロレベルの政治行動に関する実証的研究
全件表示
論文 (54件):
  • 坂本治也. 新自由主義は市民社会の活性化をもたらすのか-自己責任意識と市民的参加の実証分析. 選挙研究. 2021. 37. 1. 5-17
  • 坂本治也, 秦正樹, 梶原晶. NPOへの参加はなぜ忌避されるのか-コンジョイント実験による忌避要因の解明. 『年報政治学』. 2020. 2020. II. 303-327
  • 坂本 治也. 政治とは何か-政治学って学ぶ意味あるの?. 坂本治也・石橋章市朗編『ポリティカル・サイエンス入門』法律文化社. 2020. 1-16
  • 善教 将大, 坂本 治也. サーベイ実験の再現可能性と外的妥当性-オンラインフィールド実験による追検証ー. ノモス. 2020. 46, 1-15
  • 坂本 治也. 地方議会における議題としての市民協働ー会議録データに基づく試論的分析. 関西大学法学研究所地方議会研究班『地方議会の審議過程ーテキスト分析による定量化の試み』関西大学法学研究所研究叢書第63冊. 2020. 75-98
もっと見る
MISC (8件):
  • 坂本 治也. 日本人の自助・共助・公助意識の分析. 関西大学経済・政治研究所『セミナー年報2019』. 2020. 97-107
  • 兵庫県社団法人・NPO 法人実態調査実行委員会. 兵庫県内の一般社団法人とNPO法人の比較報告ー兵庫県内の一般社団法人とNPO法人の実態調査アンケート. 2019
  • 坂本 治也. 「NPOと政治」インタビュー調査記録(一) 民主党政策調査会 栂坂英樹氏. 関西大学法学論集. 2016. 66/3, 22-41
  • 善教将大・石橋章市朗・坂本治也. 2011年大阪市長・府知事同日選挙下の投票行動と政治意識に関する調査の概要. 関西大学法学論集. 2012. 62/2, 316 -388
  • 松並潤・森本哲郎・辻陽・坂本治也. 市政の持続と変化に関する自治体職員アンケート報告書. 科研報告書. 2011
もっと見る
書籍 (21件):
  • ポリティカル・サイエンス入門
    法律文化社 2020
  • コロナ危機は政治参加をどう変えるか
    VOICE 2020
  • 日本人は、実は「助け合い」が嫌いだったー国際比較で見る驚きの事実
    現代ビジネス 2019
  • 現代日本の市民社会-サードセクター調査による実証分析
    法律文化社 2019
  • 政治的意味空間における市民とNPO
    月刊地方自治職員研修 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • 過去の社会運動に対する否定的評価は政治参加にどう影響するのか
    (日本NPO学会第23回研究大会 2021)
  • 新自由主義は市民社会の活性化をもたらすのかー自己責任意識と市民的参加の実証分析
    (日本政治学会2020年度研究大会 2020)
  • 新自由主義は市民社会の活性化をもたらすのか-自己責任意識と市民的参加の実証分析
    (関西公共政策研究会 2020)
  • 日本人の自助・共助・公助意識の分析
    (関西大学経済・政治研究所産業セミナー 2019)
  • NPO・市民活動団体への参加はなぜ増えないのか ー「政治性忌避」仮説の検証
    (ファンドレイジング日本2019「ソーシャルセクターを科学する」セッション 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 大阪大学 博士(法学) 取得
  • 2002 - 2005 大阪大学 法学・政治学専攻博士後期課程
  • 2000 - 2002 大阪大学 法学・政治学専攻博士前期課程
  • 1996 - 2000 大阪大学 法学科
学位 (1件):
  • 博士(法学)
経歴 (11件):
  • 2015/04 - 現在 関西大学 法学部 法学政治学科 教授
  • 2017/09 - 2018/03 関西学院大学法学部「政治学原論B」非常勤講師
  • 2014/09 - 2016/03 関西学院大学社会学部「政治社会学B」非常勤講師
  • 2008/04 - 2015/03 関西大学 法学部 法学政治学科 准教授
  • 2013/09 - 2014/09 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)テラサキ日本研究センター客員研究員
全件表示
委員歴 (25件):
  • 2020/10 - 2023/09 日本政治学会 監事
  • 2020/06 - 2022/06 日本NPO学会 副会長
  • 2018/06 - 2022/06 日本NPO学会 理事
  • 2020 - 2021 日本選挙学会 企画委員会委員
  • 2020 - 2021 日本ファンドレイジング協会 寄付白書2021発行研究会委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2021/07 - 日本NPO学会 日本NPO学会賞・年次大会優秀発表賞(第23回年次大会)
  • 2019/06/02 - 日本NPO学会 日本NPO学会賞・年次大会優秀発表賞(第21回年次大会)
  • 2018/06/09 - 日本NPO学会 第16回日本NPO学会賞「日本NPO学会林雄二郎賞」
  • 2011/06/18 - 日本公共政策学会 2011年度日本公共政策学会賞(奨励賞)
  • 2011/03/20 - 日本NPO学会 第9回日本NPO学会賞「日本NPO学会林雄二郎賞」
所属学会 (4件):
米国NPO学会(ARNOVA) ,  日本NPO学会 ,  日本選挙学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る