研究者
J-GLOBAL ID:200901066868760663   更新日: 2020年10月30日

杉本 哲夫

TETSUO SUGIMOTO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 神経形態学
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2001 - 2001 ニューロン変性や細胞死の早期兆候を知る(lacZ-EM法)
  • 1999 - 2001 ノシセプチン誘発微小一過性外向き電流の発生メカニズムと生理機能解析
  • 1999 - 2000 学習・記憶機構の機能形態学的研究
  • 1997 - 1998 運動失調の病理形態変化に対するプリオン蛋白の役割
  • 1995 - 1995 標的変更による神経受容体遺伝子発現変化の解析
全件表示
論文 (122件):
MISC (82件):
もっと見る
書籍 (15件):
  • マーティンカラー神経解剖学 : テキストとアトラス
    西村書店 2015 ISBN:9784890134601
  • 臨床神経解剖学
    エルゼビア・ジャパン,医歯薬出版 (発売) 2013 ISBN:9784263731512
  • グレイ解剖学
    エルゼビア・ジャパン 2011 ISBN:9784860347734
  • 脳・脊髄カラーアトラス
    エルゼビア・ジャパン 2008 ISBN:9784860348991
  • 「脳・脊髄カラーアトラス 原著第2版」
    エルゼビア・ジャパン 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • Differential expression of ChAT mRNA splice variants in the mouse basal forebrain cholinergic neurons
    (Alzheimer's Association 2009 International Conference on Alzheimer's Disease 2009)
  • Cholinergic varicose fibers and muscarinic receptor subtypes: regional distribution in the mouse brainstem
    (32nd MidWinter Meeting for the Association for Research in Otolaryngology 2009)
  • Charactarization of cholinergic terminal-like structures in the mouse pontine nuclei
    (7th IBRO World Congress of Neuroscience 2007)
  • Histochemical localization of nociceptin receptor in the mouse brain
    (Society for Neuroscience 36th Annual Meeting 2006)
  • Nociceptin receptor involves in body temperature control during resting period in mice
    (Society for Neuroscience 34th Annual Meeting 2004)
もっと見る
所属学会 (5件):
日本生化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本解剖学会 ,  Society for Neuroscience ,  IBRO
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る