研究者
J-GLOBAL ID:200901066926740104   更新日: 2011年01月23日

湖中 真哉

コナカ シンヤ | Konaka Shinya
所属機関・部署:
職名: 助教授・准教授,准教授
ホームページURL (1件): http://africa.u-shizuoka-ken.ac.jp
研究分野 (2件): 文化人類学、民俗学 ,  地域研究
研究キーワード (3件): 生活・生態研究 ,  物質文化研究 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2004 - 東アフリカマー語系社会における廃物利用のヴァーチャル・ミュージアム構築
  • 1992 - ケニア中北部の牧畜民サンブルにおける二重経済についての人類学的研究
MISC (42件):
  • Book Review: Kuria Cattle Raiders: Violence and Vigilantism on the Tanzania/Kenya Frontier. Michael L. Fleisher. Ann Arbor: University of Michigan Press, 2000. American Ethnologist. 2002. 29. 1. 198-199
  • 「家畜をみる眼差しで自然と人間をみる」. 『季刊リラティオ』 13 チクサン出版社. 2002. 90-95
  • 「地域通貨としての牛」. 『季刊リラティオ』 12 チクサン出版社. 2002. 6-11
  • 「現場と世界の連接:オンライン民族誌の実践から(本プロジェクト口頭発表)」 (オンライン・プレゼンテーションはここをクリック). 日本民族学会第36回研究大会 金沢大学 2002年6月. 2002
  • 「生業牧畜と市場経済を結ぶ地域ネットワーク-ケニア中北部サンブルの家畜商の事例」. 佐藤俊編 『講座生態人類学 4 遊牧民の世界』 京都大学学術出版会. 2002. 175-222
もっと見る
書籍 (2件):
  • 牧畜的世界に読み換えられた近代的世界-牧畜民サンブルの社会変化
    続自然社会の人類学 1996
  • 北ケニアの牧畜民サンブルとガリの社会変化についての比較考察試論
    市場流通網におけるパトロン・クライアント関係に関する経済人類学的比較研究(平成6年度(1994)科学研究費補助金(一般研究-B)研究成果報告書 筑波大学歴史人類学系 1996
Works (3件):
  • ケニア中北部の牧畜民サンブルの社会変化に関する人類学的調査
    1992 -
  • ケニア北東部の遊牧民ガリの個人主義的傾向に関する人類学的調査
    1991 -
  • トカラ列島における平等主義的傾向に関する人類学的調査
    1987 -
学位 (2件):
  • 修士(文学)
  • 博士 (京都大学)
委員歴 (1件):
  • 日本文化人類学会 学会誌編集委員
受賞 (1件):
  • 2007 - 第11回国際開発研究大来賞
所属学会 (4件):
生態人類学会 ,  日本ナイル・エチオピア学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本アフリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る