研究者
J-GLOBAL ID:200901066942512430   更新日: 2020年09月01日

南 直治郎

ミナミ ナオジロウ | Minami Naojirou
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 動物生命科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (10件): 卵子形成 ,  卵子 ,  遺伝子発現 ,  発生 ,  胚 ,  oogenesis ,  oocyte ,  gene expression ,  development ,  embryo
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2016 - 2019 胚性ゲノムの活性化から着床までのエピジェネティクスと胚の全能性
  • 2014 - 2016 CRISPR/Cas9システムを利用したほ乳動物の産み分けに関する研究
  • 2012 - 2014 受精阻害遺伝子を利用したほ乳動物の産み分けに関する研究
  • 2011 - 2014 母性因子による胚性ゲノム活性化のエピジェネティクス解析
  • 2011 - 2012 受精阻害機構を利用したほ乳動物の産み分け技術の開発
全件表示
論文 (150件):
  • 石谷 洋希, 池田 俊太郎, 杉本 実紀, 南 直治郎, 太田 毅. メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素(MTHFR)の胚盤胞発生への寄与について. 日本生殖医学会雑誌. 2020. 65. 1-2. 114-114
  • Daiki SHIKATA, Takuto YAMAMOTO, Shinnosuke HONDA, Shuntaro IKEDA, Naojiro MINAMI. H4K20 monomethylation inhibition causes loss of genomic integrity in mouse preimplantation embryos. Journal of Reproduction and Development. 2020
  • Miki Y, Devi L, Imai Y, Minami N, Koide T, Goel S. Male fertility is not impacted by the deletion of the PDZ-binding kinase Pbk gene in mice. Reproduction, Fertility and Development. 2020. in press
  • Ryutaro Aizawa, Megumi Ibayashi, Takayuki Tatsumi, Atsushi Yamamoto, Toshiaki Kokubo, Naoyuki Miyasaka, Ken Sato, Shuntaro Ikeda, Naojiro Minami, Satoshi Tsukamoto. Synthesis and maintenance of lipid droplets are essential for mouse preimplantation embryonic development. Development. 2019. 146. 22. dev181925-dev181925
  • 太田 愛里, 池田 俊太郎, 杉本 実紀, 南 直治郎, 太田 毅. ウシ初期胚のヒストンメチル化におけるメチオニンアデノシルトランスフェラーゼの役割. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j122-j122
もっと見る
MISC (102件):
  • Yuka Miki, Satoshi Tsukamoto, Hiroshi Imai, Naojiro Minami. Knockoutanalysis of oocyte-specific multi-copy gene, Oog1. 51st Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction. 2018
  • Miki Y, Tsukamoto S, Imai H, Minami N. Knockout analysisi of oocyte-specific multi-copy gene, Oog1. The 13rd Annual Conference of the Asian Reproductive Biotechnology Society. 2018
  • Mao Kurasaka, Takehito Kaneko, Shinnosuke Suzuki, Satoshi Tsukamoto, Hiroshi Imai, Naojiro Minami. Functional analysis of histone demethylase Kdm5b in mouse preimplantation development. Symposium for the next generation of stem cell researchers (SYStem). 2018
  • Kurasaka M, Kaneko T, Suzuki S, Tsukamoto S, Imai H, Minami N. Functional analysis of histone demethylase Kdm5b in mouse preimplantation development. 4th World Congress of Reproductive Biology. 2017
  • Honda S, Suzuki S, Tsukamoto S, Kaneko T, Imai H, Minami N. The role of SMYD3 in methylation of H3K4 of Hmgpi promoter regions in mouse preimplantation embryos. 4th World Congress of Reproductive Biology. 2017
もっと見る
特許 (1件):
  • 無線ICタグ封入ストロー
書籍 (17件):
  • CHD1 Controls Cell Lineage Specification Through Zygotic Genome Activation.
    Springer Nature 2018
  • 卵子学
    京都大学学術出版会 2011
  • Identification and Expression Analysis of Small RNAs During Development.
    Methods Mol Bio. 2008
  • Analysis of small RNA profiles during development.
    Methods Enzymol. 2007
  • ウシ胚盤胞期胚のcDNAライブラリー構築法
    日本胚移植研究学雑誌 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • マウス初期胚におけるH4K20のメチル化状態の変化に関する研究
    (第64回日本生殖医学会学術講演会 2019)
  • マウス初期胚発生におけるヒストンアルギニンメチル化酵素Prmt6の役割
    (第112回日本繁殖生物学会 2019)
  • ウシ初期胚のヒストンメチル化におけるメチオニンアデノシルトランスフェラーゼの役割
    (第112回日本繁殖生物学会 2019)
  • SETD8/PRSET7-mediated histone H4K20 monomethylation is required for mouse preimplantation development
    (The 52nd Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2019)
  • Analysis of oocyte-specific multi-copy gene,?Oog1?using CRISPR/Cas9 system
    (The 52nd Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • ウシ体細胞クローン胚の遺伝子発現解析
    2002 - 2003
  • Analysis of gene expression of bovine nuclear transfer embryos
    2002 - 2003
  • 精子分別による雌雄産み分けの実用化
    2001 -
  • Practical application of sex selection of calf by sperma separation
    2001 -
学歴 (6件):
  • - 1989 京都大学 畜産学専攻後期過程 修了 学位取得
  • - 1986 京都大学 畜産学専攻博士後期課程 進学
  • - 1986 京都大学 畜産学専攻 修了
  • 1984 - 1985 米国ウイスコンシン大学留学
  • - 1983 京都大学 畜産学専攻 入学
全件表示
学位 (1件):
  • 農学博士
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 京都大学農学研究科教授
  • 2006/05 - 2018/03 京都大学農学研究科准教授
  • 1991/02 - 2006/04 京都大学農学部助手
  • 1989/04 - 1991/01 日本学術振興会特別研究員
委員歴 (5件):
  • 2018/06 - 現在 日本生殖医学会 理事
  • 2015/04 - 現在 日本繁殖生物学会 理事
  • 2011/11 - 現在 日本繁殖生物学会 副編集委員長
  • 1997/01 - 2019/08 日本胚移植研究会 会計幹事
  • 2006/04 - 2009/10 日本繁殖生物学会 編集委員
受賞 (1件):
  • 2004 - The 5th Royan International Research Award
所属学会 (5件):
日本生殖医学会 ,  日本分子生物学会 ,  Society for the Study of Reproduction ,  日本繁殖生物学会 ,  日本畜産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る