研究者
J-GLOBAL ID:200901067579411711   更新日: 2020年08月31日

佐藤 恭介

サトウ キョウスケ | Sato Kyosuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 医化学 ,  生物物理学
論文 (37件):
MISC (3件):
  • Tanaka, T, Tamaoki, H, Nishina, Y, Shiga, K, Ohno, T, Hirotsu, K, Miura, R. Introduction of density functional theory calculation to acyl-CoA dehydrogenase system. Flavins and Flavoproteins 2005 (T.Nishino, R.Miura, M.Tanokura, K.Fukui eds.), ARchiTec Inc, Tokyo. 2005. 239-244
  • MIURA R, SETOYAMA C, NISHINA Y, SHIGA K, MIYAHARA I, MIZUTANI H, HIROTSU K. Porcine kidney D-amino acid oxidase: The three-dimensional structure and its catalytic mechanism based on the enzyme-substrate complex model(共著). J. Mol. Catalysis B: Enzymatic. 2001. 12. 1/6. 43-52
  • SETOYAMA C, TAMAOKI H, NISHINA Y, SHIGA K, MIURA R. Functional expression of two forms of rat acyl-CoA oxidase and their substrate specificities(共著). Biochemical and Biophysical Research Communications. 1995. 217. 2. 482-487
書籍 (1件):
  • Resonance Raman study on charge-transfer complexes of porcine D-amino acid oxidase (in D-Amino acids: A new frontier in amino acid and protein research-practical methods and protocols (Konno, R. et al. eds.) )
    Nova Biomedical Books, New York 2007
講演・口頭発表等 (3件):
  • 静電ポテンシャルフィッティングにもとづく水モデルの設計
    (第33回分子シミュレーション討論会 2019)
  • TIP5Pの負電荷の適切な位置
    (第32回分子シミュレーション討論会 2018)
  • 酵素の触媒塩基におけるプロトンの配座転移に関するアンブレラ・サンプリング
    (日本生物物理学会第56回年会 2018)
Works (7件):
  • フラビン酵素における基質-補酵素配置
    佐藤 恭介 2012 -
  • 電子伝達フラビン蛋白に含まれるAMPの役割
    1995 - 1996
  • 電子伝達フラビン蛋白のフォ-ルディングの機構
    1994 - 1995
  • 電子伝達フラビン蛋白における分子集合体形成と機能発現の関連
    1993 - 1994
  • フラビンを中心とした電子伝達機構に与える蛋白の重合反応の影響について
    1991 - 1994
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (熊本大学)
所属学会 (5件):
理論化学会 ,  分子シミュレーション学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本生化学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る