研究者
J-GLOBAL ID:200901067588273011   更新日: 2022年02月17日

浅川 正之

アサカワ マサユキ | Asakawa Masayuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (6件): 量子色力学 ,  高エネルギー原子核衝突 ,  クォークグルーオンプラズマ ,  Quantum Chromodynamics ,  High Energy Nuclear Collision ,  Quark-Gluon Plasma
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 高温高密度QCDにおける最重要課題に対する相関・揺らぎを用いたアプローチ
  • 2014 - 2017 高エネルギー原子核衝突において生成される高温QCD物質中の相関・揺らぎ・輸送
  • 2011 - 2014 第一原理計算による有限温度量子色力学物性と相対論的流体力学
  • 2008 - 2011 クォークグルーオンプラズマ物性の非摂動的研究
  • 2005 - 2008 クォークグルーオンプラズマ中における非摂動的相関の研究
全件表示
論文 (121件):
もっと見る
MISC (12件):
  • Masayuki Asakawa. Comment on "Heavy Quarkonium in Extreme Conditions". 2020
  • 坂井田 美樹, 浅川 正之, 北沢 正清, 藤井 宏次. 重イオン衝突実験における保存電荷の動的臨界ゆらぎ. 日本物理学会講演概要集. 2016. 71. 240-240
  • 坂井田 美樹, 浅川 正之, 北沢 正清. 23pCD-8 相対論的重イオン衝突実験における保存電荷高次ゆらぎに対する遅延効果. 日本物理学会講演概要集. 2015. 70. 180-180
  • 金 泰広, 浅川 正之, 北沢 正清. 23pCD-13 『光子生成率の格子クォーク伝搬関数を用いた非摂動的解析』. 日本物理学会講演概要集. 2015. 70. 184-184
  • 池田 惇郎, 浅川 正之, 北沢 正清. 27aTB-11 非閉じ込め相におけるチャームクォークの拡散現象の格子QCDによる解析(27aTB 媒質効果・高エネルギー過程,理論核物理領域). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 1. 47-47
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • Fluctuation Observables around the Critical Point
    (The 7th Asian Triange Heavy-Ion Conference (ATHIC2018) 2018)
  • Past, Present, and Future of the QGP Physics
    (Fifth Joint Meeting of the Nuclear Physics Divisions of the American Physical Society and the Physical Society of Japan 2018)
  • Conserved Charge Fluctuations in Relativistic Heavy Ion Collisions: Critical and Non-critical Fluctuations
    (Two Day Workshop on BES and QCD Critical Fluctuations 2017)
  • Conserved Charge Fluctuations in Relativistic Heavy Ion Collisions
    (CNP QGP Meet 2015 2015)
  • Conserved Charge Fluctuations: Two Myths and Facts
    (Looking Beyond $10^{10}$ Mini-Bangs, CGC, Perfect Fluids, and Jet Tomo/Holo-graphy, A Symposium on Future RHIC and OHC Physics on the Occation of Miklos Gyulassy's Second Retirement 2015)
もっと見る
Works (17件):
  • クォークグルーオンプラズマ中におけるチャーモニウムの動的性質
    2017 -
  • 量子開放系の理論を用いた重クォーク系の研究
    2016 -
  • クォークグルーオンプラズマからの電磁プローブ輻射の非摂動的研究
    2015 -
  • Gradient Flowを用いたQCD熱力学量の研究
    2014 -
  • 高エネルギー原子核衝突におけるハドロン相における揺らぎの輸送
    2012 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1986 - 1991 東京大学 物理学
  • - 1986 東京大学 物理学
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2004 - 現在 大阪大学大学院理学研究科 教授
  • 2001 - 2004 京都大学大学院理学研究科 助教授
  • 1996 - 2001 名古屋大学大学院理学研究科 助手
  • 1994 - 1996 Columbia University Postdoctoral Research Scientist
  • 1993 - 1994 Lawrence Berkeley Laboratory Nuclear Science Division Post Doctoral Fellow
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2019 - 2019 Brookhaven National Laboratory Consultant
  • 2016 - 2018 核理論委員会 委員 委員長 2017~2018
  • 2016 - 2017 Brookhaven National Laboratory Consultant
  • 2013 - 2017 日本物理学会 代議員
  • 2010 - 2014 核理論委員会 委員
全件表示
所属学会 (2件):
アメリカ物理学会(The American Physical Society) ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る