研究者
J-GLOBAL ID:200901067850721950   更新日: 2020年12月17日

小池 正人

Koike Masato
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://juntendo-cellbio.jp/
研究分野 (2件): 解剖学 ,  神経形態学
研究キーワード (35件): 凍結超薄切片法 ,  免疫電顕 ,  GROD ,  鳥胚 ,  阻害剤 ,  A170 ,  カスパーゼ ,  神経性セロイドリポフスチン蓄積症 ,  頸髄 ,  リソゾーム ,  運動神経細胞 ,  頚髄 ,  SOSTM1 ,  p62 ,  GFP ,  電気穿孔法 ,  MAP-LC3 ,  二次元電気泳動 ,  SDS-FRL ,  軸索 ,  カテプシンB ,  プロテオーム ,  ユビキチン ,  spheroid ,  LC3 ,  カテプシンD ,  カテプシンL ,  ダブルノックアウトマウス ,  カテプシン ,  ノックアウトマウス ,  リソソーム ,  オートファジー ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・神経回路機能 ,  統合脳・神経回路機能班友
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2020 - 2023 光顕・電顕相関観察法の確立に基づく脳内α-シヌクレイン凝集体伝播機構の解明
  • 2018 - 2021 ドーパ性神経伝達機構とそれに関わるトランスポーター分子の解析
  • 2016 - 2021 先端バイオイメージング支援プラットフォーム
  • 2017 - 2020 リソソームの「不安定化」が小脳プルキンエ細胞の非アポトーシス性細胞死に及ぼす影響
  • 2017 - 2020 リソソームの「不安定化」が小脳プルキンエ細胞の非アポトーシス性細胞死に及ぼす影響
全件表示
論文 (174件):
  • Chi-Jing Choong, Tatsusada Okuno, Kensuke Ikenaka, Kousuke Baba, Hideki Hayakawa, Masato Koike, Mutsumi Yokota, Junko Doi, Keita Kakuda, Toshihide Takeuchi, et al. Alternative mitochondrial quality control mediated by extracellular release. Autophagy. 2020. 1-13
  • Laxmi Kumar Parajuli, Hidetoshi Urakubo, Ai Takahashi-Nakazato, Roberto Ogelman, Hirohide Iwasaki, Masato Koike, Hyung-Bae Kwon, Shin Ishii, Won Chan Oh, Yugo Fukazawa, et al. Geometry and the organizational principle of spine synapses along a dendrite. eNeuro. 2020
  • Laxmi Kumar Parajuli, Ken Wako, Suiki Maruo, Soichiro Kakuta, Masato Koike. Unique synaptic topography of crest-type synapses in the interpeduncular nucleus. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 530. 1. 130-135
  • Shinichiro Okamoto, Jaerin Sohn, Takuma Tanaka, Megumu Takahashi, Yoko Ishida, Kenta Yamauchi, Masato Koike, Fumino Fujiyama, Hiroyuki Hioki. Overlapping Projections of Neighboring Direct and Indirect Pathway Neostriatal Neurons to Globus Pallidus External Segment. iScience. 2020. 101409-101409
  • Daisuke Sakano, Airi Inoue, Takayuki Enomoto, Mai Imasaka, Seiji Okada, Mutsumi Yokota, Masato Koike, Kimi Araki, Shoen Kume. Insulin2Q104del (Kuma) mutant mice develop diabetes with dominant inheritance. Scientific reports. 2020. 10. 1. 12187-12187
もっと見る
MISC (219件):
特許 (2件):
書籍 (2件):
  • オートファジー 生命をささえる細胞の自己分解システム
    化学同人 2012
  • ブレインサイエンスレビュー2011
    クバプロ 2011
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 順天堂大学大学院医学系研究科 神経機能構造学/医学部神経生物学・形態学講座 担当教授
  • 2014/04 - 2016/03 順天堂大学大学院医学系研究科研究基盤センター 形態解析イメージング研究室 室長 (兼務)
  • 2014/06 - 2014/09 ユトレヒト大学医学部 細胞生物学講座 客員教授
  • 2011/04 - 2014/03 順天堂大学大学院医学研究科研究基盤センター超微形態研究室室長(兼務)
  • 2008/12 - 2014/03 順天堂大学医学部 先任准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2013/04 - 現在 日本顕微鏡学会 代議員
  • 2011/06 - 順天堂医学会 評議員
  • 2011/01 - 日本組織細胞化学会 評議員
  • 2010/04 - 日本解剖学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2019/03 - 順天堂大学 2018年度医学部ベストプロフェッサー賞
  • 2009/09 - 日本組織細胞化学会 2009年度日本組織細胞化学会若手研究者学術奨励賞
  • 2007/03 - 日本解剖学会 平成17年度日本解剖学会奨励賞
  • 2007/02 - グリアクラブ 第11回グリアクラブ賞
所属学会 (4件):
日本組織細胞化学会 ,  日本顕微鏡学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る