研究者
J-GLOBAL ID:200901067995163476   更新日: 2020年07月06日

市野 進一郎

イチノ シンイチロウ | Ichino Shinichiro
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 自然人類学 ,  地域研究
研究キーワード (7件): タマリンド ,  マダガスカル ,  社会生態学 ,  キツネザル ,  霊長類 ,  繁殖戦略 ,  社会進化
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 DNA多型を用いたタマリンドのマダガスカルへの移入経路と分布拡大過程の解明
  • 2016 - 2020 ワオキツネザルのメスの生涯繁殖成功に関する研究
  • 2015 - 2017 「フィールドミュージアム」構想によるマダガスカル南部川辺林の保全
  • 2009 - 2010 A socio-ecological study of the unusual sex ratio in ring-tailed lemurs (Lemur catta)
  • 2008 - 2009 マダガスカル、ベレンティ保護区におけるワオキツネザルの交尾戦略の研究
全件表示
論文 (29件):
  • Ichino S, Maehata T, Rakotomanana H, Rakotondraparany F. Forest vertebrate fauna and local knowledge among the Tandroy people in Berenty Reserve, Southern Madagascar: a preliminary study. African Study Monographs Supplemental Issue. 2018. 54. 115-135
  • Peter M. Kappeler, Frank P. Cuozzo, Claudia Fichtel, Joerg U. Ganzhorn, Sharon Gursky-Doyen, Mitchell T. Irwin, Shinichiro Ichino, Richard Lawler, K. Anne-Isola Nekaris, Jean-Baptiste Ramanamanjato, et al. Long-term field studies of lemurs, lorises, and tarsiers. JOURNAL OF MAMMALOGY. 2017. 98. 3. 661-669
  • Shinichiro Ichino, Takayo Soma, Naomi Miyamoto, Kaoru Chatani, Hiroki Sato, Naoki Koyama, Yukio Takahata. Lifespan and Reproductive Senescence in a Free-Ranging Ring-Tailed Lemur (Lemur catta) Population at Berenty, Madagascar. Folia Primatologica. 2015. 86. 134-139
  • Shinichiro Ichino, Takayo Soma, Naomi Miyamoto, Kaoru Chatani, Hiroki Sato, Naoki Koyama, Yukio Takahata. Lifespan and Reproductive Senescence in a Free-Ranging Ring-Tailed Lemur (Lemur catta) Population at Berenty, Madagascar. FOLIA PRIMATOLOGICA. 2015. 86. 1-2. 134-139
  • Hiroki Sato, Shinichiro Ichino, Goro Hanya. Dietary modification by common brown lemurs (Eulemur fulvus) during seasonal drought conditions in western Madagascar. PRIMATES. 2014. 55. 2. 219-230
もっと見る
MISC (6件):
  • 廣川百恵, 中尾汐莉, 田中ちぐさ, 加藤真理子, 川本芳, 市野進一郎. 遺伝子分析を利用したワオキツネザルの父系判定の研究. 第59回プリマーテス研究会, 犬山市. (2015/01/31). 2015
  • 市野 進一郎. ベレンティ保護区のワオキツネザル研究. Serasera(マダガスカル研究懇談会ニュースレター). 2014. 31. 3-6
  • Ichino S, Kawamoto Y, Miyamoto N, Hirai H, Koyama N. Male reproductive strategies of ring-tailed lemurs (Lemur catta) at Berenty reserve, Madagascar. The XXIIIth Congress of International Primatological Society, Kyoto, Japan. (2010/09/15). 2010
  • 市野進一郎, 川本芳, 宮本直美, 小山直樹, 平井啓久. マイクロサテライトDNAマーカーを用いたワオキツネザルの父子判定. 第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Suppl.): S8. 2007
  • S. Ichino, N. Koyama. Social changes and group size in a wild population of ring-tailed lemurs (Lemur catta) at Berenty, Madagascar. FOLIA PRIMATOLOGICA. 2004. 75. 163-164
もっと見る
書籍 (7件):
  • 世界で一番美しいサルの図鑑
    エクスナレッジ 2017 ISBN:4767824028
  • 『アフリカ紛争・共生データアーカイブ』第2巻
    京都大学アフリカ地域研究資料センター「紛争と共生」プロジェクト事務局 2015 ISBN:9784905518174
  • Primates and Cetaceans : Field research and conservation of complex mammalian societies
    Springer 2014 ISBN:9784431545224
  • マダガスカルを知るための62章 (エリア・スタディーズ118)
    明石書店 2013 ISBN:4750338060
  • Leaping Ahead: Advances in Prosimian Biology.
    Springer 2012 ISBN:9781461445104
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • 高齢ワオキツネザルの行動特性
    (日本動物行動学会第37回大会 2018)
  • 高齢ワオキツネザルの社会活動性は低下するか?
    (日本霊長類学会第34回大会 2018)
  • キツネザル類の社会行動とコミュニケーション
    (第47回ホミニゼーション研究会 2017)
  • Do aged female lemurs become socially less active? Behavioral aging in ring-tailed lemurs (Lemur catta).
    (The 11th. Göttinger Freilandtage 2017: Social Complexity: Patterns, Processes and Evolution 2017)
  • Potential of small forest: long-term field study and biodiversity conservation at Berenty Reserve, southern Madagascar
    (International Symposium: Voices for the Future: African Area Studies in a Globalizing World 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2004 京都大学 アフリカ地域研究専攻
  • 1994 - 1998 広島大学 総合科学科
学位 (1件):
  • 博士(地域研究) (京都大学)
経歴 (19件):
  • 2018/04 - 現在 京都大学 アフリカ地域研究資料センター 特任助教
  • 2017/09 - 現在 京都大学 アフリカ地域研究資料センター 研究員
  • 2019/04 - 2019/04 ドイツ霊長類センター 客員研究員
  • 2018/01 - 2018/03 同志社大学 理工学部 嘱託講師
  • 2014/10 - 2018/03 京都大学 アフリカ地域研究資料センター 特任研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 マダガスカル研究懇談会 世話役
  • 2002/04 - 現在 マダガスカル研究懇談会 事務局
  • 2015/07 - 2019/06 日本霊長類学会 経理幹事
所属学会 (5件):
マダガスカル研究懇談会 ,  日本動物行動学会 ,  国際霊長類学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本霊長類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る