研究者
J-GLOBAL ID:200901068163703809   更新日: 2019年11月27日

田村 和彦

タムラ カズヒコ | Tamura Kazuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://www.cis.fukuoka-u.ac.jp/~tiancun/https://www.cis.fukuoka-u.ac.jp/~tiancun/
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (3件): 中国研究 ,  民俗学 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2016 - 2017 「中国料理をめぐる近現代東アジアの文化交流」研究代表:岩間一弘 慶應義塾大学東アジア研究所研究員(非常勤)
  • 2012 - 2015 中国における家族・民族・国家のディスコース
  • 2012 - 2014 民俗学的実践と市民社会-大学・文化行政・市民活動の社会的布置に関する日独比較
  • 2012 - 「日中関係変化の構造的変容に関する実証的研究」文化的アプローチ班(座長:周星) (人間文化研究機構、地域研究促進事業、「現代中国地域研究」、連携研究拠点愛知大学、拠点代表:高橋五郎)
  • 2008 - 2011 「中国における社会と文化の再構築-グローカリゼーションの視点から」
全件表示
論文 (32件):
  • 田村和彦. 「生活」という語で我々は何を捉えたいのか、何が捉えられるのか. 『日常と文化』特集:東アジアの生活改善運動. 2018. 5. 63-71
  • 田村和彦. ”非遺”時代的自文化研究ー試論固化的“遺産”概念与面向未来的開放的”生”的記録. 『人類学視野下的歴史、文化与博物館ー当代日本和中国的理論実践』(Senri Ethnological Studies 97). 2018. 97. 187-197
  • 松尾恒一. 科学技術世界のなかの生活文化-日中民俗学の狭間で考える. 『アジア遊学』215号、特集東アジア世界の民俗. 2017. 215. 23-41
  • 田村 和彦. メディアを取り込む日常生活分析のあり方について-中国の民間活動とメディアの関係から-. 『日常と文化』. 2017. 3. 29-42
  • 田村和彦. 「従生活話語来看“歴史”記憶-以陝西同治回民起義為例」. 『中国社会的家族・民族・国家的話語及其動態-東亜人類学者的理論探索』(Senri Ethnological Studies 90). 2014. 255-269
もっと見る
MISC (10件):
  • 日本の人類学による中国研究の現状と可能性. ICCS現代中国学ジャーナル. 2019. 12. 1. 90-95
  • 瀬戸林政孝, 田村和彦. 第2部「現代中国における葬儀様式の誕生について」(「中国における新制度の創出と対応」の後半). 『福岡大学研究部論集(F:推奨研究)推奨研究プロジェクト研究成果報告』Vol.5. 2018. 5. 73-77
  • 山根直生. 中国における「地域」概念検討 第2部中国における「地域」をめぐる考察-「社区」の見出された文脈を中心にー. 福岡大学研究部論集F:推奨研究編Vol.2. 2015. 2. 129-133
  • 田村和彦. 物質文化的変化和生活:家電/家具/衛生間為例. 『中国文化の持続と変化-グローバル化のなかの家族・民族・国家ー』(国立民族学博物館機関研究:中国における家族・民族・国家のディスコース 国際シンポジウム原稿論集). 2014. 259-263
  • 田村和彦. ミニ・シンポジウム『世界遺産/無形文化遺産時代の文化と社会をめぐる現状と展望』の報告. 『地域共生研究』. 2014. 3. 121-130
もっと見る
書籍 (10件):
  • 「「調査」と「フィ-ルドワーク」を巡る考察ー陝西の農村および都市での経験から」『フィールドワーク:中国という現場、人類学という実践』西澤治彦、河合洋尚編
    風響社 2017 ISBN:9784894892422
  • 「葬礼と埋葬のいろいろ 現代中国における人生の閉じ方」ほか計10項目(8章、「生活」のうち)、『中国文化事典』、中国文化事典編集委員会、竹田晃、大木康(編)
    丸善出版 2017
  • 中国の家族の変容(『現代家族ペディア』比較家族史学会編)
    弘文堂 2015 ISBN:4335551703
  • 「中国における火葬装置、技術の普及と労働現場の人類学:新たな技術を受容し、環境を再構成する人々に着目して」『中国社会における文化変容の諸相:グルーカル化の視点から』(国立民族学博物館論集3)
    風響社 2015 ISBN:9784894892132
  • 「第9章 民衆の葬儀と国家-近現代中国における人々の葬儀」『変容する死の文化:現代東アジアの葬送と墓制』,国立歴史民俗博物館、山田慎也、鈴木岩弓(編)
    東京大学出版会 2014 ISBN:9784130104111
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • 現代中国における物質文化の展示の展開と可能性についてー国際シンポジウム「中日韓民俗博物館の現状と未来」の経験からー
    (日本民俗学会第71回年会 2019)
  • 基於個人的日本人類学経験来看的中国研究
    (中日人類学学術交流研討会 2019)
  • discussant:Cultural Power and Vernacular(1):Focusing on the Theoretical Approach
    (The cultural Power of Post-empire and Vernacular:Questioning the Everyday through Folkloristics. 2019)
  • 日本民俗学与物質文化研究/博物館関係的小論
    (「中日韓民俗博物館的現状与未来」学術シンポジウム 2019)
  • 日本の人類学による中国研究の現状と可能性
    (日中平和友好条約締結40周年記念 第31回愛知大学国際中国学センター(ICCS)シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2005 東京大学 総合文化研究科 超域文化科学専攻
  • 1999 - 2001 北京大学 社会学人類学研究所
学位 (1件):
  • 学術修士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04/12 - 2018/03/30 ハワイ大学 exchange scholar
  • 2005/04/01 - 福岡大学人文学部 専任講師
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 湘南国際女子短期大学 非常勤講師
  • 1999/04/01 - 2002/03/31 日本学術振興会 特別研究員
委員歴 (7件):
  • 2019/04/01 - 日本民俗学会 国際交流特別委員会委員
  • 2017/01/01 - 2018/09/30 日本民俗学会 国際交流特別委員会委員
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 慶應義塾大学東アジア研究所 研究員(非常勤)
  • 2015/04/01 - 雑誌『日常と文化』(日常と文化研究会) 編集委員
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 愛知大学、国際中国学研究センター 客員研究員
全件表示
所属学会 (7件):
仙人の会 ,  日本民俗学会 ,  日本文化人類学会 ,  中国社会文化学会 ,  白山人類学研究会 ,  七隈史学会 ,  現代民俗学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る