研究者
J-GLOBAL ID:200901068180528930   更新日: 2022年01月04日

中原 仁

ナカハラ ジン | Nakahara Jin
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
ホームページURL (2件): http://user.keio.ac.jp/~aa603146/http://user.keio.ac.jp/~aa603146/index2
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (7件): 髄鞘再生療法 ,  髄鞘 ,  視神経脊髄炎関連疾患 ,  神経内科学 ,  神経免疫学 ,  多発性硬化症 ,  オリゴデンドロサイト
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2023 ミエリンマップ法を用いた多発性硬化症における髄鞘病理の画像解析
  • 2013 - 2016 髄鞘を標的とした神経変性疾患・脊髄損傷に対する新規治療戦略に関する研究
  • 2013 - 2016 髄鞘の可視化技術による多発性硬化症の病型分類に関する研究
  • 2010 - 2013 アストロサイトによるin vivoケトン体生合成機構の解明
  • 2009 - 2012 内在性オリゴデンドロサイト前駆細胞の分化誘導を基盤とする中枢神経系髄鞘再生医薬の開発
全件表示
論文 (73件):
  • Nakagawara K, Namkoong H, Terai H, Masaki K, Tanosaki T, Shimamoto K, Lee H, Tanaka H, Okamori S, Kabata H, et al. Comprehensive and long-term surveys of COVID-19 sequelae in Japan, an ambidirectional multicentre cohort study: Study protocol. BMJ Open Respiratory Research. 2021. 8. 1
  • Matoba Y, Nishio H, Sekiguchi K, Uno S, Masuda K, Hiramatsu M, Takahashi M, Oishi M, Uwamino Y, Uchida S, et al. Meningitis caused by Listeria monocytogenes in a locally advanced cervical cancer patient with pyometra: A case report. Gynecologic Oncology Reports. 2021. 37
  • Mochizuki H, Aoki M, Ikenaka K, Inoue H, Iwatsubo T, Ugawa Y, Okazawa H, Ono K, Onodera O, Kitagawa K, et al. Recommendations (Proposal) for promoting research for overcoming neurological diseases 2020. Clinical Neurology. 2021. 61. 11. 709-721
  • Isago E, Ishizuchi K, Takizawa T, Fujiwara H, Izawa Y, Nakahara J. A case of neuromyelitis optica spectrum disorder in which headache preceded visual field disturbances by 2 months. Clinical Neurology. 2021. 61. 11. 722-726
  • Sommer R.C, Hata J, Rimkus C.d.M, Klein da Costa B, Nakahara J, Sato D.K. Mechanisms of myelin repair, MRI techniques and therapeutic opportunities in multiple sclerosis. Multiple Sclerosis and Related Disorders. 2021
もっと見る
MISC (2件):
  • Nakahara J. Time to revisit B cells in multiple sclerosis. Clinical and Experimental Neuroimmunology. 2021. 12. 4
  • Ishizuchi K, Takizawa T, Tezuka T, Takahata K, Seki M, Tabuchi H, Ueda R, Kubota M, Mimura M, Nakahara J, et al. A case of progressive supranuclear palsy with predominant cerebellar ataxia diagnosed by [18F]PM-PBB3 tau PET. Journal of the Neurological Sciences. 2021. 425
特許 (3件):
  • Drug delivery system toward demyelinating lesion and biochemical marker of demyelinating lesions
  • Medicinal compositions containing Fc receptor γ chain activator
  • Fc受容体γ鎖活性化物質を含有する医薬組成物
書籍 (1件):
  • Visualization of Myelin for the Diagnosis and Treatment Monitoring of Multiple Sclerosis
    Advances in Experimental Medicine and Biology 2019
学歴 (2件):
  • 2007 - 慶應義塾 生理系専攻
  • 2003 - 慶應義塾
学位 (2件):
  • 博士(医学) (慶應義塾)
  • 博士(医学) (Keio University)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 慶應義塾大学 医学部内科学教室(神経) 教授
  • 2013/04 - 2018/03 慶應義塾大学 医学部内科学教室(神経) 助教
  • 2008/12 - 2013/03 慶應義塾大学 医学部総合医科学研究センター 特任講師
  • 2007/04 - 2008/11 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2004/04 - 2007/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
全件表示
受賞 (16件):
  • 2017 - Sendai Conference Best Presentation賞
  • 2014 - 内科学サミット2014 優秀指導教官賞
  • 2014 - 日本神経学会 レジデントクリニカルトーナメント準優勝
  • 2014 - 環アジア多発性硬化症治療研究会議 MSJ-PACTRIMS Investigator賞
  • 2014 - 日本内科学会 優秀指導教官賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本頭痛学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本神経免疫学会 ,  日本神経学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る