研究者
J-GLOBAL ID:200901068180528930   更新日: 2020年09月10日

中原 仁

ナカハラ ジン | Nakahara Jin
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • グローバルリサーチインスティテュート  副所長
  • Keio University Global Research Institute (KGRI)  Deputy Director
ホームページURL (2件): http://user.keio.ac.jp/~aa603146/http://user.keio.ac.jp/~aa603146/index2
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (7件): 髄鞘再生療法 ,  髄鞘 ,  視神経脊髄炎関連疾患 ,  神経内科学 ,  神経免疫学 ,  多発性硬化症 ,  オリゴデンドロサイト
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2023 ミエリンマップ法を用いた多発性硬化症における髄鞘病理の画像解析
  • 2013 - 2016 髄鞘を標的とした神経変性疾患・脊髄損傷に対する新規治療戦略に関する研究
  • 2013 - 2016 髄鞘の可視化技術による多発性硬化症の病型分類に関する研究
  • 2010 - 2013 アストロサイトによるin vivoケトン体生合成機構の解明
  • 2009 - 2012 内在性オリゴデンドロサイト前駆細胞の分化誘導を基盤とする中枢神経系髄鞘再生医薬の開発
全件表示
論文 (56件):
  • Fukuda-Doi M, Yamamoto H, Koga M, Palesch Y.Y, Durkalski-Mauldin V.L, Qureshi A.I, Yoshimura S, Okazaki S, Miwa K, Okada Y, et al. Sex Differences in Blood Pressure-Lowering Therapy and Outcomes Following Intracerebral Hemorrhage: Results From ATACH-2. Stroke. 2020. 51. 8. 2282-2286
  • Yuji Nagai, Naohisa Miyakawa, Hiroyuki Takuwa, Yukiko Hori, Kei Oyama, Bin Ji, Manami Takahashi, Xi-Ping Huang, Samuel T. Slocum, Jeffrey F. DiBerto, et al. Deschloroclozapine, a potent and selective chemogenetic actuator enables rapid neuronal and behavioral modulations in mice and monkeys. Nature Neuroscience. 2020
  • Chunhua Tang, Miyuki Unekawa, Satoshi Kitagawa, Tsubasa Takizawa, Yohei Kayama, Jin Nakahara, Mamoru Shibata. Cortical spreading depolarisation-induced facial hyperalgesia, photophobia and hypomotility are ameliorated by sumatriptan and olcegepant. SCIENTIFIC REPORTS. 2020. 10. 1
  • Chunhua Tang, Miyuki Unekawa, Mamoru Shibata, Yutaka Tomita, Yoshikane Izawa, Hiroki Sugimoto, Keiko Ikeda, Kiyoshi Kawakami, Norihiro Suzuki, Jin Nakahara. Characteristics of cortical spreading depression and c-Fos expression in transgenic mice having a mutation associated with familial hemiplegic migraine 2. CEPHALALGIA. 2020
  • Yugaku Daté, Daisuke Sugiyama, Hajime Tabuchi, Naho Saito, Mika Konishi, Yoko Eguchi, Yuki Momota, Takahito Yoshizaki, Kyoko Mashima, Masaru Mimura, et al. The utility of simple questions to evaluate cognitive impairment. PLOS ONE. 2020. 15. 5. e0233225-e0233225
もっと見る
特許 (3件):
  • Drug delivery system toward demyelinating lesion and biochemical marker of demyelinating lesions
  • Medicinal compositions containing Fc receptor γ chain activator
  • Fc受容体γ鎖活性化物質を含有する医薬組成物
学歴 (2件):
  • 2007 - 慶應義塾 生理系専攻
  • 2003 - 慶應義塾
学位 (2件):
  • 博士(医学) (慶應義塾)
  • 博士(医学) (Keio University)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 慶應義塾大学 教授
  • 2013/04 - 2018/03 慶應義塾大学 助教
  • 2008/12 - 2013/03 慶應義塾大学 特任講師
  • 2007/04 - 2008/11 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2004/04 - 2007/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
全件表示
受賞 (16件):
  • 2017 - Sendai Conference Best Presentation賞
  • 2014 - 内科学サミット2014 優秀指導教官賞
  • 2014 - 日本神経学会 レジデントクリニカルトーナメント準優勝
  • 2014 - 環アジア多発性硬化症治療研究会議 MSJ-PACTRIMS Investigator賞
  • 2014 - 日本内科学会 優秀指導教官賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本頭痛学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本神経免疫学会 ,  日本神経学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る