研究者
J-GLOBAL ID:200901068626347462   更新日: 2020年05月03日

勢力 尚雅

セイリキ ノブマサ | Seiriki Nobumasa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 美学、芸術論 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (1件): 構想力 感情 感性 言語 倫理 美 技術 演劇 芸術 デザイン 形態 進化 生命 有機体 まちづくり スコットランド啓蒙 ロマン主義
論文 (21件):
  • 書評論文 Jacqueline A. Taylor Reflecting Subjects : Passion, Sympathy, and Society in Hume’s Philosophy. イギリス哲学研究 第41号(2018年). 2018. 86-89
  • 「技術者倫理に関する倫理学的考察. まてりあ 日本金属学会会報. 2017. 56. 4. 279-282
  • 人間的自然における構想力の問題-往来する中間域における「批評」とは何か. 『「言語活動の充実」の具体化のための教師教育のあり方についての研究』平成25~27年度科学研究費補助金・基盤研究(C)研究成果報告書. 2016. 121-138
  • 環境をめぐるコミュニケーションと倫理についての考察. 日本大学理工学部 一般教育教室彙報. 2013. 93. pp.1-8
  • 孤独な「綱渡り師」をつなぐ「カーニバル」をめぐる思想史について-現代思想史を学ぶということ. 教育情報誌 『ニューサポート 高校社会』. 2012. 18. 13-15
もっと見る
MISC (2件):
  • 山田顕義の「人間の条件」. 女性と文化 下田歌子研究所年報. 2017. 3. 26-36
  • ヒュームにおける想像力と一般的言語の関係. 日本倫理学会編『倫理学年報』. 2014. 63. 76-79
書籍 (6件):
  • 『言葉とアートをつなぐ教育思想』(共編著)
    晃洋書房 2019
  • 『経験論から言語哲学へ』(共著)
    放送大学教育振興会 2016 ISBN:9784595316043
  • 『科学技術の倫理学II』(編著)
    梓出版社 2015
  • 『近代哲学の名著』(共著)
    中央公論社 2011
  • 『科学技術の倫理学』(編著)
    梓出版社 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 啓蒙とイロニーのゆくえ-ヒューム・橋川文三・吉本隆明の視座と語りを題材として
    (科研費公開研究会 2019)
  • 「道徳」と「公共」の目標・指導法・評価・連携をめぐる6つ問い
    (日本倫理学会69回大会ワークショップ 2018)
  • 対話・学習する組織と制度変化-「規制」にどう向きあうべきか
    (日本機械学会 講習会「環境規制の実質化と次世代パワートレイン技術」 2017)
  • 山田顕義の「人間の条件」-日本大学の建学の精神のかたちと変遷をたずねて
    (実践女子学園下田歌子研究所シンポジウム「学祖研究の現在」 2015)
  • 人間的自然における情緒と構想力の問題-ヒュームと小林秀雄における「批評」再考
    (科研費公開研究会 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京大学)
委員歴 (2件):
  • 2017/04/01 - 日本倫理学会 常任評議員
  • 2016/04/01 - 日本イギリス哲学会 理事
所属学会 (3件):
日本倫理学会 ,  日本哲学会 ,  日本イギリス哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る