研究者
J-GLOBAL ID:200901068679948891   更新日: 2021年07月05日

堀川 三郎

ホリカワ サブロウ | Horikawa Saburo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (46件): smart growth ,  redevelopment ,  urban history ,  Boston ,  D.C. ,  Washington ,  St. Louis ,  U.S.-Japan comparison ,  national trust ,  townscape ,  Otaru ,  Minamata ,  collective memory ,  memory ,  social movement ,  grassroots movement ,  urban planning ,  space/place ,  conservation ,  historic preservation ,  historic environment ,  fieldwork ,  social research ,  urban sociology ,  environmental sociology ,  スマートグロース ,  都市再開発 ,  都市史 ,  都市政治 ,  ナショナル・トラスト ,  セントルイス ,  日米比較 ,  小樽運河保存運動 ,  水俣病 ,  災害復興 ,  公害 ,  記憶 ,  住民運動 ,  都市計画 ,  場所 ,  空間 ,  町並み保存 ,  歴史的環境 ,  社会調査 ,  都市社会学 ,  環境社会学
論文 (11件):
  • 堀川三郎. 観光のパラドクスと地域コミュニティ:小樽の観光まちづくりの教訓. 『世界』. 2021. 940. 115-126
  • 堀川三郎. 歴史的環境保存の社会学は何に照準しているのか:牧野氏の書評に応えて. 環境社会学研究. 2019. 25. 211-218
  • 堀川三郎. 「変化の社会学」は誕生したのか:小川伸彦氏の書評に応えて. 三田社会学. 2019. 24. 196-198
  • 堀川三郎. 方法としての年表が明らかにするもの:『原発災害・避難年表』の編集を終えて. 環境と公害. 2018. 48. 1. 52-55
  • 堀川 三郎, 小林 直毅, 清水 善仁, 長谷部 俊治. 座談会 記録の力 : 年表とアーカイブズ. サステイナビリティ研究. 2018. 8. 59-83
もっと見る
MISC (12件):
  • RC24 Environment and Society:東アジアからの新たな方法論の提起. 社会と調査. 2015. 14. 54-55
  • 方法としての年表:ポスト福島時代における環境社会学の新たな課題. プレコンファレンス「サステイナビリティと環境社会学」報告論文集. 2014. 297-308
  • 歴史的環境保存と観光開発:小樽市における社会学的実証研究(1997~1999年). 法政大学多摩地域社会研究センター『研究年報』第4号. 2000
  • 編著書「小樽市における歴史的環境保存と観光開発(3):1999年度法政大学社会学部社会調査実習報告書」. 法政大学社会学部社会調査実習室. 2000
  • 戦後日本の社会学的環境問題研究の軌跡:環境社会学の制度化と今後の課題. 環境社会学会『環境社会学研究』第5号. 1999
もっと見る
書籍 (27件):
  • Helen Hardcore et al., eds., Japanese Constitutional Revisionism and Civic Activism
    Lexington Books 2021
  • Why Place Matters: A Sociological Study of the Historic Preservation Movement in Otaru, Japan, 1965-2017
    Springer 2021
  • 木村至聖・森久聡編『社会学で読み解く文化遺産:新しい研究の視点とフィールド』
    新曜社 2020
  • 都市ガヴァナンスの社会学的実証研究(7):2019年度法政大学社会学部社会調査実習報告書
    法政大学社会学部社会調査実習室 2020
  • 友枝敏雄・山田真茂留・平野孝典編『社会学で描く現代社会のスケッチ』
    みらい 2019 ISBN:9784860154851
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • まちづくりにおける歴史と記憶:小樽からの問題提起
    (日仏社会学会大会シンポジウム「都市と記憶」 2020)
  • “Recent Methodological Innovations in Environmental Sociology in Japan: In Search for the Ways to Make Invisible Suffering Visible.”
    (The 7th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia [ISESEA-7] 2019)
  • What Have We Gained and Lost Along the Way?: The Rise and Institutionalization of Environmental Sociology in Japan
    (The 3rd ISA Forum of Sociology 2016)
  • To Preserve “Katachi” is to Protect Post-war Democracy: The Rise and Irony of Historic Preservation Movements in Japan
    (Reischauer-Keio Research Project “Constitution” of Postwar Japan: The First Workshop & Conference “History, Historians, and Public Issues” 2015)
  • “Chronology as a Method: A New Challenge for Environmental Sociology in the Post-Fukushsima Era.”
    (Pre-Congress Conference “Sustainability and Environmental Sociology” 2014)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 1990 - 1994 慶應義塾大学大学院 社会学専攻
  • 1990 - 1994 慶應義塾大学大学院 社会学専攻
  • 1988 - 1990 慶應義塾大学大学院 政治学専攻
  • 1988 - 1990 慶應義塾大学大学院 政治学専攻
  • 1983 - 1987 中央大学 哲学科 社会学専攻
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(社会学) (慶應義塾大学)
  • 法学修士 (慶應義塾大学)
経歴 (29件):
  • 2013/01/10 - 2021/06/30 ハーヴァード大学ライシャワー研究所 連携研究員(Associate in Research)
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 慶應義塾大学大学院社会学研究科 訪問教授 (Visiting Professor)
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 慶應義塾大学大学院社会学研究科 訪問教授 (Visiting Professor)
  • 2017/04/01 - 2020/03/31 慶應義塾大学大学院社会学研究科非常勤講師
  • 2017/04/01 - 2020/03/31 慶應義塾大学大学院社会学研究科非常勤講師
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2018/07/15 - 2023/06/30 国際社会学会 第24部会「環境と社会」理事(財務担当および執行理事)
  • 2018/07/15 - 2023/06/30 Research Committee 24 “Environment and Society,” International Sociological Association Treasurer and a member of the Executive Board
  • 1988/07/01 - 2021/03/31 関東社会学会 会員
  • 2015/12/01 - 日本建築学会 会員
  • 2015/12/01 - Architectural Institute of Japan Member
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/10/26 - 日本都市学会 日本都市学会賞(奥井記念賞) 堀川三郎『町並み保存運動の論理と帰結- 小樽運河問題の社会学的分析』(東京大学出版会、2018年2月刊)
  • 2019/09/05 - 日本都市社会学会 第11回日本都市社会学会賞(磯村記念賞) 堀川三郎『町並み保存運動の論理と帰結- 小樽運河問題の社会学的分析』(東京大学出版会、2018年2月刊)
  • 2019/05/31 - 日本都市計画学会 2018年度日本都市計画学会石川奨励賞 堀川三郎『町並み保存運動の論理と帰結- 小樽運河問題の社会学的分析』(東京大学出版会、2018年2月刊)
所属学会 (10件):
三田社会学会 ,  東アジア社会学会[EASA] ,  日本建築学会 ,  日本都市学会 ,  関東都市学会 ,  関東社会学会 ,  日本社会学会 ,  日本都市社会学会 ,  国際社会学会 (ISA) ,  環境社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る