研究者
J-GLOBAL ID:200901068757871167   更新日: 2020年08月30日

松永 正樹

マツナガ マサキ | Matsunaga Masaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 社会心理学 ,  経営学 ,  経営学 ,  経営学
研究キーワード (4件): リーダーシップ ,  コミュニケーション ,  アントレプレナーシップ ,  組織行動
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2018 スウェーデンの先進的アントレプレナーシップ教育の構造化 (17K01082)
  • 2011 - 2012 上司と部下のコミュニケーション及び関連するアウトカムに関する研究 (Grant Code#: 15110006)
  • 2008 - 2009 いじめ被害者とその周りの人々のコミュニケーションと、それに関連する諸現象
論文 (24件):
  • 松永正樹. ノービス起業家と連続起業家のリーダーシップスタイル比較~「経営ユニット」の潜在プロファイル分析を通して~. 一橋ビジネスレビュー. 2019. 冬. 214-227
  • Matsunaga, M. Big boss’s move matters: Impact of the intervention by skip-level leaders on members' innovative work behaviors and their direct supervisor’s support. Proceedings of ISPIM Innovation Symposium. 2018. Dec. 1-13
  • Matsunaga, M. Leadership and team values shape employee engagement: Test of a multilevel moderated mediation model. International Journal of Business & Management. 2018. 13. 23-45
  • Matsunaga, M. Voicing is costly, but team can change that: A three-wave study on employee “voice” through the lens of the theory of planned behavior. Management & Organizational Studies. 2017. 4. 10-29
  • Masaki Matsunaga. Development and Validation of an Employee Voice Strategy Scale through Four Studies in Japan. HUMAN RESOURCE MANAGEMENT. 2015. 54. 4. 653-671
もっと見る
書籍 (6件):
  • アイデア・エバリュエーション -持続可能なビジネスを生み出す方法-
    九州大学出版会 2018 ISBN:9784798502427
  • Great leadership in business does not compensate idle management in workplace: Leadership, organizational culture, and workplace bullying in startups in Japan
    Routledge 2018 ISBN:9781138552357
  • Item parceling
    Wiley-Blackwell 2017 ISBN:9781118901762
  • School bullying
    Wiley-Blackwell 2016 ISBN:9781118306055
  • Uncertainty management theories: Three approaches to a multifarious process
    Sage 2008 ISBN:9781412938525
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • アントレプレナーシップ教育プログラムの効果検証 -複数機関、複数プログラムにおける、15の指標の受講前後比較を通じての分析と考察-
    (第22回日本ベンチャー学会全国大会 2019)
  • Big boss's move matters: Impact of the intervention by skip-level leaders on members' innovative work behaviors and their direct supervisor's support
    (ISPIM Connects Fukuoka 2018)
  • アントレプレナーシップ教育効果測定指標の確立に向けて:受講前後におけるアンケート調査結果報告
    (第20回日本ベンチャー学会全国大会 2017)
  • 反転学習:会計ファイナンス基礎科目の実践事例から
    (日本ベンチャー学会起業家教育推進委員会「起業家(アントレプレナーシップ)教育事例共有ワークショップ」 2016)
  • 異なる意見を持つ受講生同士のピア・ラーニングによる理解度向上とその定量化
    (ICT利用による教育改善研究発表会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2009 ペンシルベニア州立大学 博士課程
  • - 2004 西南学院大学大学院 コミュニケーション学専修
  • - 2001 西南学院大学 英語専攻
学位 (3件):
  • 学士(文学) (西南学院大学)
  • 修士(文学) (西南学院大学)
  • Ph.D. (コミュニケーション学) (ペンシルベニア州立大学(アメリカ合衆国))
経歴 (5件):
  • 2019/05 - 現在 九州大学 ビジネススクール 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター 特任准教授
  • 2015/04 - 2015/12 Institution for a Global Society 株式会社 シニア・コンサルタント
  • 2010/04 - 2015/03 立教大学 経営学部 国際経営学科 助教
  • 2008/04 - 2010/03 早稲田大学 理工学術院 助教
受賞 (14件):
  • 2014/06 - 日本コミュニケーション学会 学会賞(論文の部)
  • 2012/11 - National Communication Association Top Paper (co-author) of the International and Intercultural Communication Division
  • 2012/06 - 日本コミュニケーション学会 奨励賞(論文の部)
  • 2011/11 - Japan-U.S. Communication Association Top Faculty Paper
  • 2010/06 - International Communication Association Top Paper of the Interpersonal Communication Division
全件表示
所属学会 (5件):
International Communication Association ,  National Communication Association ,  Academy of Management ,  組織学会 ,  日本ベンチャー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る