研究者
J-GLOBAL ID:200901068794036618   更新日: 2020年08月10日

原 和之

ハラ カズユキ | Hara Kazuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://sinkdeep.main.jp/http://sinkdeep.main.jp/
研究分野 (3件): 哲学、倫理学 ,  思想史 ,  地域研究
研究キーワード (6件): 現代思想 ,  20世紀 ,  ジグムント・フロイト ,  ジャック・ラカン ,  フランス ,  精神分析
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2011 - 2011 もう一つの「分析革命」-精神分析と哲学の関係に関する思想史的視座の構築
  • 2007 - 2009 地域研究における『地域』の可塑性と重層性に関する比較研究
  • 2004 - 2006 二十世紀における「分析」の歴史:精神分析・現象学・分析哲学と言語の「存在」
  • 2002 - 2003 ラカンの後期思想における「自己注釈」の実践から見た精神分析の「危機」とその超克
  • 2001 - 2002 欲望の美学-無意識と「表現」の問題
論文 (21件):
  • 原 和之. 「精神分析」を待ちながら--ジャック・ラカンにおける欲望の「公準」 (来るべき精神分析のために). 思想. 2010. 1034. 101-121
  • 原和之. 限界を象る-シニフィアンからファルスへ. I.R.S.--ジャック・ラカン研究. 2009. 7. 21-76
  • 原和之. Never divide and love --- From Ethics of Psycho-analysis to Politics of Friendship. Concentric. Literary and Cultural Studies. 2009. 36. 2. 21-42
  • 原和之. La fonction de limites incertaines. Une approche psychanalytique du corps humain. Colloque “Autour du corps humain” - Bioéthique comparée France/Japon. 2009
  • 原 和之. 「コードの複数性」の二側面--レヴィ=ストロースとラカン (クロード・レヴィ=ストロース--生誕100年を祝して). 思想. 2008. 1016. 89-106
もっと見る
MISC (3件):
  • 十川 幸司, 原 和之, 立木 康介. 座談会 来るべき精神分析のために (来るべき精神分析のために). 思想. 2010. 1034. 8-59
  • 原 和之. 書評 内田樹著『他者と死者--ラカンによるレヴィナス』. フランス哲学・思想研究. 2006. 11. 214-218
  • 原 和之. ジャック・ラカン--帰郷(ノストス)なき望郷(ノスタルジー) (増頁特集 精神分析の21世紀). 大航海. 2004. 51. 158-166
書籍 (14件):
  • フランス語入門1〈’12〉 (放送大学教材)
    放送大学教育振興会 2012 ISBN:4595313861
  • Amour et savoir : études lacaniennes
    UTCP (The University of Tokyo Center for Philosophy) 2011
  • Filosofia da Psicanálise. Autoros, Diálogos, Problemas
    EduFSCar, São Carlos 2010
  • Psychanalyse et philosophie : des liaisons dangereuses?
    CampagnePremière, Paris 2010
  • 〈前衛〉とは何か?〈後衛〉とは何か? 文学史の虚構と近代性の時間
    平凡社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 「枠」の効果-ラカンにおける1960年代の視覚装置
    (日本メルロ=ポンティサークル第11回大会シンポジウム「メルロ=ポンティと精神分析」 2004)
  • 欲望とその表現
    (東京都立大学人文学部仏文学専攻主催シンポジウム 「ジャック・ラカンと欲望の倫理」 2003)
  • 他者への道程---ラカンを読むということ
    (日本ラカン協会第一回大会記念シンポジウム 2001)
学位 (4件):
  • 博士(哲学史) (パリ第四大学)
  • 修士(哲学) (パリ第一大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
  • 学士(教養) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 東京大学 大学院総合文化研究科 教授
  • 2007/04 - 2018/03 東京大学 大学院総合文化研究科 准教授
  • 2004/04 - 2007/03 東京大学 大学院総合文化研究科 助教授
  • 2003/04 - 2004/03 電気通信大学 電気通信学部 助教授
  • 1997/04 - 2003/03 電気通信大学 電気通信学部 講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る