研究者
J-GLOBAL ID:200901068799583935   更新日: 2008年07月22日

矢部 孝太郎

ヤベ コウタロウ | Yabe Kotaro
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.daishodai.ac.jp/~yabe/
研究分野 (1件): 会計学
研究キーワード (7件): 企業評価 ,  情報操作 ,  粉飾決算 ,  利益操作 ,  information control ,  window dressing ,  earnings management
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2005 - 企業評価モデルの会計学的分析
  • 2005 - 企業価値評価理論の研究
  • 2005 - 財務会計システムの数理モデル化に関する研究
  • 2005 - A Study on Mathematical Modelization of the Financial Accounting System
  • 2002 - 情報操作の一般理論の研究
全件表示
MISC (19件):
  • 矢部孝太郎. 企業評価モデルの会計学的分析. 大阪商業大学論集. 2008. 4. 1
  • 矢部孝太郎. 『財務諸表論〔総論〕』-会計ディスクロージャーの理論構造と社会的公正性-. 社会規範としての会計. 2008
  • 矢部孝太郎. 会計計算と企業評価. 社会規範としての会計. 2008
  • 矢部孝太郎. 会計利益計算と企業価値評価の統合モデル. 大阪商業大学論集. 2008. 3. 3. 75-90
  • 吉岡一郎, 田口聡志, 原田保秀, 矢部孝太郎. 会計倫理におけるLine-Drawing MethodとCreative Middle Way Method. 京都マネジメント・レビュー. 2007. 12
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 工事収益認識基準の選択に関する一考察
    (第65回日本会計研究学会全国大会(於 専修大学) 2006)
  • 原価基準に付随する裁量性の価値と会計選択
    (第64回日本会計研究学会全国大会(於 関西大学) 2005)
  • 存続能力に問題がある企業の監査における監査人の判断についての一考察
    (第63回日本会計研究学会全国大会(於 中央大学) 2004)
  • 経営者の利益操作行動の世代重複モデルによる分析
    (第5回大学院生簿記・会計学研究報告大会(於 立教大学) 2003)
  • 会計利益の操作についての一考察
    (第4回大学院生簿記・会計学研究報告大会(於 神戸大学) 2002)
学歴 (3件):
  • - 2005 同志社大学 商学専攻
  • - 2002 同志社大学 商学専攻
  • - 2002 同志社大学
学位 (2件):
  • 修士(商学) (同志社大学)
  • 博士(商学) (同志社大学)
所属学会 (3件):
日本監査研究学会 ,  日本簿記学会 ,  日本会計研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る