研究者
J-GLOBAL ID:200901068870567679   更新日: 2020年03月11日

山田 秀和

ヤマダ ヒデカズ | Yamada Hidekazu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (2件): 社会科教育 ,  歴史教育
MISC (71件):
  • 山田秀和. 社会的な見方・考え方を成長させる学習課題の切り口:【地理】「地理」を意識した アプローチと「社会科」を意識したアプローチ. 社会科教育. 2017. 697. 12-13
  • 山田秀和. 小学校→中学校→高等学校の流れの中での社会系教科の内容の枠組み -「3つの窓」を通した社会生活の理解・社会認識-: 総合的・発展的に社会を読み解く学習を. 社会科教育. 2017. 695. 48-51
  • 山田秀和. 貧困. 道徳教育. 2017. 704. 20-20
  • 山田秀和. アメリカの社会科は日本でどのように研究されてきたか-『社会科研究』を中心に学術研究としての条件を探る-. 社会科教育論叢. 2017. 50. 19-28
  • Hidekazu YAMADA. How Has American Social Studies Been Researched in Japan? An Investigation of the Conditions of Academic Research Focusing on the Journal of Educational Research on Social Studies. Bulletin of Japanese Educational Research Association for the Social Studies. 2017. 50. 19-28
もっと見る
書籍 (19件):
  • 社会科教育のルネサンス-実践知を求めて-(共著)
    保育出版社 2016 ISBN:9784905493228
  • 社会科教育学研究法ハンドブック(共著)
    明治図書 2015 ISBN:9784181956134
  • 新社会科授業づくりハンドブック 中学校編(共著)
    明治図書 2015 ISBN:9784181871178
  • 教師のゲートキーピング-主体的な学習者を生む社会科カリキュラムに向けて-(共訳)
    春風社 2012 ISBN:9784861103285
  • 新社会科教育学ハンドブック(共著)
    明治図書 2012 ISBN:9784180116348
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • 専門科学を背景にもつ教科教育学研究者の社会的責任の果たし方-3人の欧州の研究者を比較分析して-
    (教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 「教育の専門家」 研究ユニット 研究拠点創成フォーラムNo.4 教育学研究者と教師教育者のアイデンティティ 2018)
  • 私たちは如何にして社会科教育研究者としての責任を果たすべきか-個人史・社会史からみた研究者の変革的成長の過程を手がかりに-
    (全国社会科教育学会第66回全国研究大会 2017)
  • 社会科とリテラシー教育の統合における教師のゲートキーピング-アメリカの研究に手がかりを求めて-
    (全国社会科教育学会第66回全国研究大会 2017)
  • 論点整理-二つの視点から-
    (科学研究費助成事業 中間成果報告会 教科教育学研究のパラダイム-世界の社会科教育の研究者と教育者が語る研究観,教育観,そして社会的責任とその関係とは- 2017)
  • 社会科とリテラシー教育の統合による市民性育成-アメリカにおける授業論を比較考察して-
    (全国社会科教育学会第65回全国研究大会・社会系教科教育学会第28回全国研究大会合同研究大会 2016)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2004 広島大学 文化教育開発
  • - 2004 広島大学
  • - 2000 広島大学 教科教育科学
  • - 2000 広島大学
  • - 1998 広島大学 教科教育
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (広島大学)
経歴 (3件):
  • 2009 - 現在 岡山大学 大学院教育学研究科 准教授
  • 2008 - 2009 弘前大学 教育学部 准教授
  • 2005 - 2008 弘前大学 教育学部 講師
受賞 (2件):
  • 2008 - 全国社会科教育学会研究奨励賞
  • 2008 - Award for Research Encouragement (Japanese Educational Resarch Association for the Social Studies)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る