研究者
J-GLOBAL ID:200901068905335245   更新日: 2022年07月03日

森 潔

モリ キヨシ | Mori Kiyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡県立大学  薬学部 分子臨床薬理学   特任教授
  • 静岡県立総合病院  腎臓研究科   部長
ホームページURL (1件): https://scholar.google.co.jp/citations?hl=ja&user=7VlIDygAAAAJ
研究分野 (6件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  腎臓内科学 ,  代謝、内分泌学 ,  血液、腫瘍内科学 ,  代謝、内分泌学 ,  内科学一般
研究キーワード (43件): 栄養 ,  腎臓学 ,  鉄 ,  バイオマーカー ,  リポカリン ,  有機化学 ,  ネフロン ,  腎不全 ,  腎臓内科学 ,  虚血再灌流障害 ,  急性賢不全 ,  生体分子 ,  急性腎不全 ,  内科 ,  質量分析 ,  血液内科学 ,  EPS ,  透析 ,  内分泌学 ,  シデロフォア ,  鉄代謝 ,  pleiotrophin ,  発生・分化 ,  血管作動性物質 ,  ナトリウム利尿ペプチド ,  NGAL ,  アルブミン ,  糸球体 ,  高血圧 ,  肥満 ,  糖尿病 ,  慢性腎臓病 ,  急性腎障害 ,  vasoactive substance ,  natriuretic peptide ,  NGAL ,  albumin ,  glomeruli ,  hypertension ,  obesity ,  diabetes ,  chronic kidney disease ,  acute kidney injury
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 バイオマーカーによる腎障害介入の効果判定とその発現調節に関する研究
  • 2016 - 2018 ネフリンレポーターマウスを用いた新規ポドサイト保護薬の探索
  • 2014 - 2016 腎障害およびエネルギー代謝におけるNgalの役割
  • 2013 - 2015 糸球体構成細胞の遺伝子発現変化の網羅的解析による慢性腎臓病の分子機構解明
  • 2013 - 2014 megalin依存性及び非依存性経路による腎蛋白再吸収機構の意義の解明
全件表示
論文 (126件):
  • Yu Soma, Masaaki Murakami, Eiji Nakatani, Yoko Sato, Satoshi Tanaka, Kiyoshi Mori, Akira Sugawara. Brachial artery transposition versus catheters as tertiary vascular access for maintenance hemodialysis: a single-center retrospective study. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Masaya Ono, Yoichi Sunagawa, Saho Mochizuki, Takahiro Katagiri, Hidemichi Takai, Sonoka Iwashimizu, Kyoko Inai, Masafumi Funamoto, Kana Shimizu, Satoshi Shimizu, et al. Chrysanthemum morifolium Extract Ameliorates Doxorubicin-Induced Cardiotoxicity by Decreasing Apoptosis. Cancers. 2022. 14. 3. 683
  • Eri Muso, Soichi Sakai, Youske Ogura, Susumu Yukawa, Yoshiki Nishizawa, Noriaki Yorioka, Takao Saito, Masatoshi Mune, Satoshi Sugiyama, Yasuhiko Iino, et al. Favorable therapeutic efficacy of low-density lipoprotein apheresis for nephrotic syndrome with impaired renal function. Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy. 2022. 26. 1. 220-228
  • Takahiro Katagiri, Yoichi Sunagawa, Tatsuya Maekawa, Masafumi Funamoto, Satoshi Shimizu, Kana Shimizu, Yasufumi Katanasaka, Maki Komiyama, Philip Hawke, Hideo Hara, et al. Ecklonia stolonifera Okamura Extract Suppresses Myocardial Infarction-Induced Left Ventricular Systolic Dysfunction by Inhibiting p300-HAT Activity. Nutrients. 2022. 14. 3. 580
  • Zhen Cheng, Shinya Akatsuka, Guang Hua Li, Kiyoshi Mori, Takashi Takahashi, Shinya Toyokuni. Ferroptosis resistance determines high susceptibility of murine A/J strain to iron-induced renal carcinogenesis. Cancer Science. 2022. 113. 1. 65-78
もっと見る
MISC (506件):
  • (2021年3月まで、医中誌Webより)和文総説および国内学会発表. 2100
  • 白石 裕介, 伊東 歌菜, 飯島 平祐, 藪崎 亮, 室 悠介, 今村 正明, 田中 聡, 松尾 研, 森 潔, 森 典子, et al. 馬蹄鉄腎を有する患者に生体腎移植を行った1例. 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集. 2021. 54回. 133-133
  • 森 典子, 伊藤 健太, 松尾 研, 森 潔. 透析医・腎臓内科医に知ってもらいたい腎移植 透析医・腎臓内科医にとっての腎移植の魅力. 日本透析医学会雑誌. 2020. 53. Suppl.1. 313-313
  • 伊東 悠貴, 伊藤 健太, 木村 翔太, 藤原 佑一, 山本 凱大, 大川 高生, 村上 雅章, 松尾 研, 田中 聡, 森 典子, et al. Kerstersia gyiorumによる腹膜透析関連腹膜炎を来した一例. 日本透析医学会雑誌. 2020. 53. Suppl.1. 384-384
  • 山本 凱大, 村上 雅章, 木村 翔太, 藤原 佑一, 伊東 悠貴, 岡村 俊介, 大川 高生, 松尾 研, 田中 聡, 森 潔, et al. 浮腫を伴うスチール症候群に対して血管結紮と動脈静脈表在化を施行した1例. 日本透析医学会雑誌. 2020. 53. Suppl.1. 394-394
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (3件):
  • (2021年4月以降)和文総説
    2100
  • がん薬物療法の支持療法マニュアル~症状の見分け方から治療まで~ (遠藤一司 監修, 改訂第2版)
    南江堂 2021
  • 腎臓病診療Q&A:AKI~CKD~腎難病まで (山縣邦弘 監修)
    東京医学社 2021
講演・口頭発表等 (11件):
  • 2021年4月以降の国内外学会発表(ほかの国内発表はMISCに記載)
  • 後天性腎性尿崩症を呈した成人急性巣状細菌性腎炎の1例
    (第246回日本内科学会東海地方会 2022)
  • AKI治療薬の現状:近年のRCTと批判的的解釈
    (第32回日本急性血液浄化学会学術集会 2021)
  • Tosufloxacinによるcrystal nephropathyを来した一例【優秀演題賞受賞】
    (第51回日本腎臓学会東部学術大会 2021)
  • 腎代替療法選択外来(そらまめ応援外来)を活用した在宅血液透析導入希望者フローシート作成への取り組み
    (第23回日本在宅血液透析学会 2021)
もっと見る
Works (9件):
  • 分泌シグナルを用いた腎臓病の診断・治療・病態解析
    2005 -
  • 腎臓発生、腎疾患におけるNeutrophil gelatinase-associated lipocalin発現の意義
    2002 -
  • Identification of neutrophil gelatinase-associated lipocalin (Ngal) as a novel tool for the diagnosis and treatment of renal diseases
    2002 -
  • シグナルシークエンストラップによるマウス腎臓のスクリーニング
    1994 - 2001
  • Screening of the mouse kidney by signal sequence trap
    1994 - 2001
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 京都大学大学院
  • - 1990 京都大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 静岡社会健康医学大学院大学 社会健康医学研究科 教授
  • 2016/04 - 現在 静岡県立大学 薬学部・分子臨床薬理学 特任教授
  • 2016/04 - 現在 静岡県立総合病院 腎臓研究科 部長
  • 2010 - 2016 京都大学大学院 医学研究科 特定准教授
  • 2005 - 2010 京都大学大学院 医学研究科 特任講師 (産学官連携)
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2021 - 現在 日本腎臓学会 がん薬物療法時の診療ガイドライン改訂委員会 SR委員
  • 2020 - 現在 日本内科学会 東海支部評議員
  • 2016 - 現在 Kidney Research and Clinical Practice, Editorial Board
  • 2014 - 現在 日本腎臓学会 Clinical and Experimental Nephrology, Editorial Board
  • 2010 - 現在 日本内分泌学会 代議員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2009 - 日本腎臓学会・大島賞
  • 2006 - 分子腎臓研究会・研究奨励賞
  • 2000 - 成人血管病研究振興財団・岡本研究奨励賞
  • 1999 - 日本心血管内泌代謝学会・若手研究奨励賞
  • 1997 - 分子腎臓研究会・最優秀研究賞
所属学会 (13件):
日本糖尿病学会 ,  日本循環器学会 ,  日本臨床腎移植学会 ,  日本移植学会 ,  日本透析医学会 ,  日本心血管内分泌代謝学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本内科学会 ,  米国腎臓学会 (American Society of Nephrology) ,  国際腎臓学会 (International Society of Nephrology) ,  日本疫学会 ,  日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る