研究者
J-GLOBAL ID:200901068905335245   更新日: 2020年10月12日

森 潔

モリ キヨシ | Mori Kiyoshi
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/prof656.html
研究分野 (5件): 代謝、内分泌学 ,  腎臓内科学 ,  代謝、内分泌学 ,  血液、腫瘍内科学 ,  内科学一般
研究キーワード (43件): 腎臓学 ,  鉄 ,  バイオマーカー ,  リポカリン ,  有機化学 ,  ネフロン ,  腎不全 ,  腎臓内科学 ,  虚血再灌流障害 ,  急性賢不全 ,  生体分子 ,  急性腎不全 ,  内科 ,  質量分析 ,  血液内科学 ,  EPS ,  腹膜透析 ,  内分泌学 ,  シデロフォア ,  鉄代謝 ,  pleiotrophin ,  発生・分化 ,  結合蛋白 ,  血管作動性物質 ,  ナトリウム利尿ペプチド ,  NGAL ,  アルブミン ,  糸球体 ,  高血圧 ,  肥満 ,  糖尿病 ,  慢性腎臓病 ,  急性腎障害 ,  vasoactive substance ,  natriuretic peptide ,  NGAL ,  albumin ,  glomeruli ,  hypertension ,  obesity ,  diabetes ,  chronic kidney disease ,  acute kidney injury
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2014 - 2016 腎障害およびエネルギー代謝におけるNgalの役割
  • 2013 - 2015 糸球体構成細胞の遺伝子発現変化の網羅的解析による慢性腎臓病の分子機構解明
  • 2013 - 2014 megalin依存性及び非依存性経路による腎蛋白再吸収機構の意義の解明
  • 2012 - 2014 睡眠時無呼吸患者の血管内皮障害及び早期腎障害マーカとしてのNgalの確立
  • 2011 - 2013 腎・代謝・免疫調節因子としてのNGALの病態生理的意義の解明
全件表示
論文 (100件):
  • Yusuke Hata, Takashige Kuwabara, Kiyoshi Mori, Youngna Kan, Yuki Sato, Shuro Umemoto, Daisuke Fujimoto, Tomoko Kanki, Yoshihiko Nishiguchi, Hideki Yokoi, et al. Ablation of Myeloid Cell MRP8 Ameliorates Nephrotoxic Serum-induced Glomerulonephritis by Affecting Macrophage Characterization through Intraglomerular Crosstalk. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Kiyoshi Mori, Noriko Mori. Diagnosis of AKI: Clinical assessment, novel biomarkers, history, and perspectives. Acute Kidney Injury and Regenerative Medicine. 2020. 47-58
  • Hiroyuki Yamada, Kent Doi, Tatsuo Tsukamoto, Hideyasu Kiyomoto, Kazuto Yamashita, Motoko Yanagita, Yoshio Terada, Kiyoshi Mori. Low-dose atrial natriuretic peptide for prevention or treatment of acute kidney injury: a systematic review and meta-analysis. Critical Care. 2019. 23. 1
  • Takao Okawa, Masaaki Murakami, Ryo Yamada, Satoshi Tanaka, Kiyoshi Mori, Noriko Mori. One-stage operation for superficialization of native radio-cephalic fistula in obese patients. Journal of Vascular Access. 2019. 20. 1_suppl. 45-49
  • Ryo Yamada, Takao Okawa, Ken Matsuo, Makoto Suzuki, Noriko Mori, Kiyoshi Mori. Renal-limited thrombotic microangiopathy after switching from bevacizumab to ramucirumab: A case report. BMC Nephrology. 2019. 20. 1
もっと見る
MISC (128件):
  • Shota Ozawa, Motoko Yanagita, Kiyoshi Mori, Katsuhiko Asanuma, Eiichiro Mori, Takahiko Nakagawa. A SERIN PROTEASE INHIBITOR AMERIOLATES PODOCYTE INJURY IN MOUSE ADRIAMYCIN NEPHROPATHY. NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION. 2018. 33. 55-55
  • 山田 博之, 森 潔, 柳田 素子. AKIにおける血液浄化療法 AKI治療の進歩 内科的治療にブレークスルーは生まれるか?. 日本透析医学会雑誌. 2018. 51. Suppl.1. 362-362
  • 大崎啓介, 加藤有希子, 戸田尚宏, 石井輝, 森潔, 松阪泰二, 向山政志, 柳田素子, 横井秀基. MMP-10欠損によるアルドステロン投与GC-Aノックアウトマウスの腎病変の改善. 日本腎臓学会誌. 2018. 60. 3. 435
  • 森 潔, 森 慶太, 柳田 素子. 【急性腎障害(AKI)の最新知見を凝縮する】AKIバイオマーカーの出現機序. 腎・高血圧の最新治療. 2018. 7. 1. 17-24
  • 中野大介, GUAN Yu, 人見浩史, 平野勝也, 桑原孝成, 森潔, 向山政志, 西山成. ポドサイト障害進展におけるProteinase-activated receptor-1の関与. 日本腎臓学会誌. 2017. 59. 6. 703-703
もっと見る
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (299件):
  • この欄には国内学会の一般発表を記載
    (2016)
  • 慢性維持血液透析患者において現在および将来の血清アルブミン濃度を予測する指標
    (日本透析医学会雑誌 2015)
  • ナトリウム利尿ペプチド/GC-A系の抗炎症・腹膜癒着軽減作用
    (日本腎臓学会誌 2015)
  • メサンギウム細胞由来CTGFのマクロファージに対する役割
    (日本腎臓学会誌 2015)
  • 糖尿病性腎症におけるN型Ca2+チャネル阻害の腎保護効果
    (日本腎臓学会誌 2015)
もっと見る
Works (9件):
  • 分泌シグナルを用いた腎臓病の診断・治療・病態解析
    2005 -
  • 腎臓発生、腎疾患におけるNeutrophil gelatinase-associated lipocalin発現の意義
    2002 -
  • Identification of neutrophil gelatinase-associated lipocalin (Ngal) as a novel tool for the diagnosis and treatment of renal diseases
    2002 -
  • シグナルシークエンストラップによるマウス腎臓のスクリーニング
    1994 - 2001
  • Screening of the mouse kidney by signal sequence trap
    1994 - 2001
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1996 京都大学大学院 内科系
  • - 1996 京都大学
  • - 1990 京都大学 医学科
  • - 1990 京都大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 静岡県立大学 薬学部・分子臨床薬理学 特任教授
  • 2016/04 - 現在 静岡県立総合病院 腎臓研究科 部長
  • 2010 - 現在 京都大学大学院 医学研究科 特定准教授
  • 2005 - 京都大学大学院 医学研究科 特任講師 (産学官連携)
  • 1997 - 2000 Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2014 - 現在 日本腎臓学会 褒賞選考部会委員
  • 2014 - 現在 日本腎臓学会 基礎研究推進小委員会委員
  • 2014 - 現在 日本腎臓学会 AKI診療ガイドラインSRメンバー
  • 2014 - 現在 日本腎臓学会 Clinical and Experimental Nephrology, Editorial Board
  • 2010 - 現在 日本内科学会 近畿支部評議員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2009 - 日本腎臓学会・大島賞
  • 2009 - Japanese Society of Nephrology, Ohshima's Award
  • 2006 - 分子腎臓研究会・研究奨励賞
  • 2006 - Molecular Nephrology Meeting, Research Award
  • 2000 - 成人血管病研究振興財団・岡本研究奨励賞
全件表示
所属学会 (18件):
日本糖尿病学会 ,  日本循環器学会 ,  日本臨床腎移植学会 ,  日本アフェレシス学会 ,  日本移植学会 ,  日本透析医学会 ,  日本心血管内分泌代謝学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本内科学会 ,  米国腎臓学会 (American Society of Nephrology) ,  国際腎臓学会(International Society of Nephrology) ,  Japanese Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism ,  Japanese Society of Nephrology ,  Japanese Society of Endocrinology ,  Japanese Society of Internal Medicine ,  American Society of Nephrology ,  International Society of Nephrology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る