研究者
J-GLOBAL ID:200901068917350371   更新日: 2019年06月05日

小林 一也

コバヤシ カズヤ | KOBAYASHI Kazuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 形態・構造
研究キーワード (3件): プラナリア ,  生殖細胞 ,  生殖戦略
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2021 プラナリアの有性化に必須な核内受容体に対する脂溶性リガンドの同定と解析
  • 2019 - 2020 プラナリア生殖戦略のインテグリティを支える新奇機構の解明
  • 2018 - 2020 プラナリアの生殖様式は共生細菌によって制御される:有性排除の仕組みの解明
  • 2016 - 2017 プラナリア有性化因子で解除されるWntシグナルを介した生殖器官分化抑制機構の解明
  • 2015 - 2017 プラナリアの生殖様式を無性生殖から有性生殖に転換させる化学物質の単離・同定
全件表示
論文 (26件):
  • Sekii K, Yorimoto S, Okamoto H, Nagao N, Maezawa T, Matsui Y, Yamaguchi K, Furukawa R, Shigenobu S, Kobayashi K. Transcriptomic analysis reveals differences in the regulation of amino acid metabolism in asexual and sexual planarians. Scientific reports. 2019. 9. 1. 6132
  • Nakagawa H, Sekii K, Maezawa T, Kitamura M, Miyashita S, Abukawa M, Matsumoto M, Kobayashi K. A comprehensive comparison of sex-inducing activity in asexual worms of the planarian Dugesia ryukyuensis: the crucial sex-inducing substance appears to be present in yolk glands in Tricladida. Zoological letters. 2018. 4. 14
  • Kobayashi K, Maezawa T, Tanaka H, Onuki H, Horiguchi Y, Hirota H, Ishida T, Horiike K, Agata Y, Aoki M, Hoshi M, Matsumoto M. The identification of ᴅ-tryptophan as a bioactive substance for postembryonic ovarian development in the planarian Dugesia ryukyuensis. Scientific reports. 2017. 7. 45175
  • Okano D, Ishida S, Ishiguro S, Kobayashi K. Light and electron microscopic studies of the intestinal epithelium in Notoplana humilis (Platyhelminthes, Polycladida): the contribution of mesodermal/gastrodermal neoblasts to intestinal regeneration. Cell and tissue research. 2015. 362. 3. 529-540
  • Maezawa T, Tanaka H, Nakagawa H, Ono M, Aoki M, Matsumoto M, Ishida T, Horiike K, Kobayashi K. Planarian D-amino acid oxidase is involved in ovarian development during sexual induction. Mechanisms of development. 2014. 132. 69-78
もっと見る
MISC (3件):
講演・口頭発表等 (48件):
  • プラナリア解離細胞からの再構築体の微細構造
    (日本動物学会第65回大会 1994)
  • Do germinal granules exist in planarian embryos and interact with mitochondrial large subunit ribosomal RNA?
    (8th International Symposium of the Biology of the Turbellaria 1996)
  • Switching from asexual to sexual reproduction in the planarian <I>Dugesia ryukyuensis</i>
    (The 9th NAITO CONFERENCE on bioactive natural products and their modes of action [1]: Chemical and biological basis for the diversity of marine life 1997)
  • プラナリアにおける無性生殖から有性生殖への転換機構
    (日本動物学会第68回大会 1997)
  • Switching from asexual to sexual reproduction in the planarian <I>Dugesia ryukyuensis</i>
    (8th International Congress on Invertebrate Reproduction and Development 1998)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1994 弘前大学 理学部 生物学科
  • - 1996 弘前大学 理学研究科 生物学
  • - 1999 東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス
学位 (1件):
  • 理学 (東京工業大学)
経歴 (9件):
  • 1999 - 2002 科学技術振興事業団さきがけ研究21 ,専任研究員
  • 2000 - 2002 大学訪問研究員(理工学部)
  • 2002 - 2005 大学助手(有期・文部科学省「システム生物学者育成プログラム」)(大学院理工学研究科)
  • 2006 - 2007 チュービンゲン大学 博士研究員
  • 2005 - 2007 東京農業大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 1994 - 日本動物学会 会員
  • 1999 - 日本発生生物学会 会員
受賞 (5件):
  • 2013 - Fujii Award
  • 2013 - Zoological Science Award
  • 2003 - Zoological Science Award
  • 2003 - Serono Award for Best Post at GRC
  • 2014 - 弘前大学表彰
所属学会 (2件):
日本動物学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る