研究者
J-GLOBAL ID:200901069476077891   更新日: 2021年06月18日

山崎 徹

ヤマサキ トオル | Yamasaki Toru
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=T80256705
研究分野 (3件): 宇宙惑星科学 ,  固体地球科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (8件): 地質学 ,  火成岩岩石学 ,  地球化学 ,  地質図幅 ,  斑れい岩 ,  島弧 ,  オフィオライト ,  海洋地殻
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (41件):
  • Vitor Ribeiro de Sá, Katsuaki Koike, Tada-nori Goto, Tatsuo Nozaki, Yutaro Takaya, Toru Yamasaki. 3D geostatistical modeling of metal contents and lithofacies for mineralization mechanism determination of a seafloor hydrothermal deposit in the middle Okinawa Trough, Izena Hole. Ore Geology Reviews. 2021. 135. 104194-104194
  • Yamasaki, T, Shimoda, G, Tani, K, Maeda, J, Nanayama, F. Subduction of the Izanagi-Pacific Ridge-transform intersection at the northeastern end of the Eurasian Plate. Geology. 2021. 49
  • Nozaki, T, Nagase, T, Takaya, Y, Yamasaki, T, Otake, T, Yonezu, K, Ikehata, K, Totsuka, S, Kitada, K, Sanada, Y, et al. Subseafloor sulphide deposit formed by pumice replacement mineralisation. Scientific Reports. 2021. doi: 10.1038/s41598-021-87050-z
  • Futoshi Nanayama, Jun Tajika, Toru Yamasaki, Hiroshi Kurita, Hideki Iwano, Tohru Danhara, Takafumi Hirata. The emplacement of in situ greenstones in the northern Hidaka belt: The tectonic relationship between subduction of the Izanagi-Pacific ridge and Hidaka magmatic activity. Island Arc. 2021. 30. 1
  • 山崎 徹. 大分県豊後大野市朝地地域に産する超苦鉄質岩類から読み解く日本列島初期形成過程. 大分地質学会誌 = Annual report of the Geological Society of Oita. 2020. 26. 1-18
もっと見る
MISC (19件):
  • 山崎徹, 小森省吾, 池原研. SIP「次世代海洋資源調査技術」における産総研の成果. GSJ地質ニュース. 2018. 7. 11. 287-296
  • 山崎 徹, 池原 研. SIP「次世代海洋資源調査技術」における産総研の2016年度成果と今後の取り組み. GSJ地質ニュース = GSJ chishitsu news. 2017. 6. 6. 190-194
  • 山崎 徹, 池原 研, 石塚 治, 井上 卓彦. SIP「次世代海洋資源調査技術」における産総研の2015年度の成果と今後の取り組み. GSJ地質ニュース = GSJ chishitsu news. 2016. 5. 8. 251-255
  • 山崎 徹, 池原 研, 後藤 孝介. SIP「次世代海洋資源調査技術」における産総研の2015年度の取り組み. GSJ地質ニュース = GSJ chishitsu news. 2015. 4. 7. 191-195
  • 山崎 徹, 池原 研. 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代海洋資源調査技術」に対する産総研の成因研究への取り組み. GSJ地質ニュース = GSJ chishitsu news. 2014. 3. 11. 346-349
もっと見る
書籍 (10件):
  • 広尾 = Hiroo
    産業技術総合研究所地質調査総合センター 2020
  • 明智地域の地質
    産業技術総合研究所地質調査総合センター 2020
  • 高知 = Kochi
    産業技術総合研究所地質調査総合センター 2018
  • Cruise Report SIP-HOT II "Explorer" (SIP-Hydrothermal deposit in Okinawa Trough) CK16-01 (Exp.908)
    海洋研究開発機構 2017
  • 海洋底科学の基礎
    共立出版 2016 ISBN:9784320047297
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • Mineralogical and geochemical characteristics of hydrothermal clay minerals beneath active hydrothermal fields at the Iheya North Knoll, Middle Okinawa Trough
    (2018 AGU Fall Meeting 2019)
  • 熱水噴出域における海底下金属濃度の深層学習による3次元分布推定への拡張
    (2019)
  • 3D Geostatistical Modeling and Data Integration for Metal Contents and Accumulation Mechanism in a Seafloor Hydrothermal Field
    (20th Annual Conference of the International Association for Mathematical Geosciences (IAMG2019) 2019)
  • 伊是名海穴掘削コア鉱石試料の鉱物学的解析
    (資源地質学会2019年度第69回年会講演会 2019)
  • 沖縄トラフごんどうサイトの海底下から得られた熱水性堆積物の鉱物学 的・地球化学的特徴
    (日本地球惑星科学連合2019年大会 2019)
もっと見る
学位 (4件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
  • 修士(理学) (山口大学)
  • 学士(理学) (山口大学)
  • 学士(人間関係学) (慶應義塾大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る