研究者
J-GLOBAL ID:200901069751823329   更新日: 2020年09月01日

相田 潤

アイダ ジュン | Aida Jun
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  大学院歯学研究科 歯学イノベーションリエゾンセンター 地域展開部門   教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f2b21f2ec09b1deb1d1589e3b7516ba2.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f2b21f2ec09b1deb1d1589e3b7516ba2.html
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
論文 (183件):
  • Takaaki Ikeda, Noriko Cable, Masashige Saito, Shihoko Koyama, Taishi Tsuji, Taiji Noguchi, Katsunori Kondo, Ken Osaka, Jun Aida. Association between social isolation and smoking in Japan and England. Journal of epidemiology. 2020
  • Kanade Ito, Noriko Cable, Tatsuo Yamamoto, Kayo Suzuki, Katsunori Kondo, Ken Osaka, Georgios Tsakos, Richard G Watt, Jun Aida. Wider Dental Care Coverage Associated with Lower Oral Health Inequalities: A Comparison Study between Japan and England. International journal of environmental research and public health. 2020. 17. 15
  • Hiroyuki Hikichi, Jun Aida, Yusuke Matsuyama, Toru Tsuboya, Katsunori Kondo, Ichiro Kawachi. Community-level social capital and cognitive decline after a natural disaster: A natural experiment from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami. Social science & medicine (1982). 2020. 257. 111981-111981
  • Sachi Umemori, Jun Aida, Toru Tsuboya, Takahiro Tabuchi, Ken-Ichi Tonami, Hiroshi Nitta, Kouji Araki, Katsunori Kondo. Does second-hand smoke associate with tooth loss among older Japanese? JAGES cross-sectional study. International dental journal. 2020
  • Sakura Kiuchi, Jun Aida, Taro Kusama, Takafumi Yamamoto, Manami Hoshi, Tatsuo Yamamoto, Katsunori Kondo, Ken Osaka. Does public transportation reduce inequalities in access to dental care among older adults? Japan Gerontological Evaluation Study. Community dentistry and oral epidemiology. 2020. 48. 2. 109-118
もっと見る
MISC (370件):
  • 大曽 基宣, 津下 一代, 近藤 尚己, 田淵 貴大, 相田 潤, 横山 徹爾, 遠又 靖丈, 辻 一郎. 自治体の衛生部門における健康増進事業のプロセスの現状と課題 6府県全市町村調査の分析結果より. 日本公衆衛生雑誌. 2020. 67. 1. 15-25
  • 持田 悠貴, 山本 龍生, 渕田 慎也, 相田 潤, 近藤 克則. 高齢者における口腔機能低下に関連する地域要因 JAGESプロジェクト横断研究. 神奈川歯学. 2019. 54. 抄録集. 42-42
  • 佐々木由理, 相田潤, 辻大士, 小山史穂子, 谷友香子, 斎藤民, 近藤克則, 近藤克則. 被災前後の近所づきあいの変化とうつリスク抑制の関連-JAGES岩沼プロジェクト-. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78th. 238
  • 木内 桜, 相田 潤, 杉山 賢明, 山本 貴文, 草間 太郎, 山本 龍生, 近藤 克則, 小坂 健. 口腔機能と認知機能の因果関係の研究 固定効果分析による検討. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 243-243
  • 中川 哲也, 八木 稔, 三宅 達郎, 磯崎 篤則, 井下 英二, 相田 潤, 荒川 浩久, 石塚 洋一, 川村 和章, 小林 清吾, et al. 地域歯科医師会が報じた水道水フロリデーションの実施状況 京都府歯科医師会報から. 口腔衛生学会雑誌. 2019. 69. 4. 223-231
もっと見る
書籍 (8件):
  • 健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス2015
    公益社団法人日本歯科医師会 2015
  • 系統看護学講座専門基礎分野健康支援と社会保障制度[2]公衆衛生
    2015
  • Promoting the Oral Health of Children Theory & Practice. 2nd edition
    QUINTESSENCE 2014
  • Global Perspectives on Social Capital and Health
    Springer 2013
  • ソーシャル・キャピタルと健康政策 地域で活用するために
    日本評論社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • 歯肉出血と主観的健康感の固定効果分析
    (口腔衛生学会雑誌 2018)
  • すべての成人・高齢者へのフッ化物応用 高齢社会におけるフッ化物応用のニーズ-う蝕と歯周病の観点から
    (口腔衛生学会雑誌 2018)
  • 歯科医院への定期健診はどのような人が受けているのか 受診の健康格差 8020推進財団「一般地域住民を対象とした歯・口腔の健康に関する調査研究」
    (口腔衛生学会雑誌 2018)
  • 日本の就学前児童における齲蝕治療における社会的格差の傾向(Trajectory of Social Inequalities in the Treatment of Dental Caries among Preschool Children in Japan)
    (口腔衛生学会雑誌 2018)
  • 「みやぎの子どもの健康を考える〜健康寿命の延伸を、みやぎの子どもから〜」 子どもの歯科疾患の健康格差
    (宮城県公衆衛生学会会誌 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 北海道大学 予防歯科学教室 博士課程
  • 2003 - 2004 国立保健医療科学院
  • - 2003 北海道大学
学位 (1件):
  • 歯学博士 (北海道大学)
経歴 (8件):
  • 2020/08 - 現在 東北大学 大学院歯学研究科 歯学イノベーションリエゾンセンター 地域展開部門 教授
  • 2020/08 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 健康推進歯学分野 教授
  • 2018/04 - 現在 東北メディカル・メガバンク機構 地域医療支援部門 准教授(兼務)
  • 2014/10 - 現在 東北大学大学院歯学研究科 臨床疫学統計支援室 室長(兼務)
  • 2011/11 - 現在 東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 准教授
全件表示
受賞 (7件):
  • 2018/05/19 - 日本口腔衛生学会 論文奨励賞
  • 2018/05/19 - 日本口腔衛生学会 Lion award
  • 2018/02/02 - 日本疫学会 2017年度日本疫学会奨励賞
  • 2014/06/13 - 東北大学歯学会 平成25年度東北大学歯学会学術賞
  • 2009/10/21 - 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る