研究者
J-GLOBAL ID:200901069760864364   更新日: 2020年09月01日

弦間 昭彦

Gemma Akihiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2017 - Clinical Rebiopsy Bank Projectを基盤とした包括的がん治療開発拠点形成(課題:再発癌における樹状細胞の解析)
  • 2017 - 粘膜自然免疫活性化と腫瘍制御
  • 2017 - 肺神経内分泌腫瘍の遺伝子変異同定と新規治療標的バイオマーカー開発
  • 2017 - Clinical Rebiopsy Bank Projectに基づいた包括的がん治療拠点形成
  • 2017 - Clinical Rebiopsy Bank Projectに基づいた包括的がん治療拠点形成
全件表示
論文 (537件):
  • Rintaro Noro, Kunihiko Kobayashi, Jiro Usuki, Makiko Yomota, Masaru Nishitsuji, Tsuneo Shimokawa, Masahiro Ando, Mitsunori Hino, Koichi Hagiwara, Akihiko Miyanaga, et al. Bevacizumab plus chemotherapy in nonsquamous non-small cell lung cancer patients with malignant pleural effusion uncontrolled by tube drainage or pleurodesis: A phase II study North East Japan Study group trial NEJ013B. Thoracic cancer. 2020. 11. 7. 1876-1884
  • Akihiko Miyanaga, Mari Masuda, Noriko Motoi, Koji Tsuta, Yuka Nakamura, Nobuhiko Nishijima, Shun-Ichi Watanabe, Hisao Asamura, Akihiko Tsuchida, Masahiro Seike, et al. Whole-exome and RNA sequencing of pulmonary carcinoid reveals chromosomal rearrangements associated with recurrence. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2020. 145. 85-94
  • Kumi Chubachi, Junko Umihara, Akiko Yoshikawa, Shinji Nakamichi, Susumu Takeuchi, Masaru Matsumoto, Akihiko Miyanaga, Yuji Minegishi, Kazuo Yamamoto, Masahiro Seike, et al. Evaluation of a tool that enables cancer patients to participate in the decision-making process during treatment selection. Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi. 2020
  • Takehiro Tozuka, Satoru Kitazono, Hiroaki Sakamoto, Hiroshi Yoshida, Yoshiaki Amino, Shinya Uematsu, Takahiro Yoshizawa, Tsukasa Hasegawa, Ryo Ariyasu, Ken Uchibori, et al. Addition of ramucirumab enhances docetaxel efficacy in patients who had received anti-PD-1/PD-L1 treatment. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2020. 144. 71-75
  • Teppei Sugano, Masayuki Yoshida, Mari Masuda, Makiko Ono, Kenji Tamura, Takayuki Kinoshita, Hitoshi Tsuda, Kazufumi Honda, Akihiko Gemma, Tesshi Yamada. Prognostic impact of ACTN4 gene copy number alteration in hormone receptor-positive, HER2-negative, node-negative invasive breast carcinoma. British journal of cancer. 2020
もっと見る
MISC (497件):
  • 芳賀 三四郎, 田中 徹, 湯浅 瑞希, 清水 理光, 二島 駿一, 柏田 建, 渥美 健一郎, 田中 庸介, 齋藤 好信, 寺崎 泰弘, et al. 気管支鏡にて診断した汎血球減少改善に伴い発症したメトトレキサート肺炎の1例. 気管支学. 2020. 42. 1. 99-99
  • 村田 泰規, 岡村 賢, 中山 幸治, 恩田 直美, 清家 正博, 久保田 馨, 弦間 昭彦, 廣瀬 敬. PD-1/PD-L1阻害剤による薬剤性間質性肺疾患(ILD)の検討. 第60回日本肺癌学会学術集会. 2019. 59. 6. 817-817
  • 高橋 聡, 清家 正博, 湯浅 瑞希, 清水 理光, 高野 夏希, 福泉 彩, 中道 真仁, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, et al. 当院における免疫チェックポイント阻害薬併用薬物療法の後方視的検討. 第60回日本肺癌学会学術集会. 2019. 59. 6. 792-792
  • 宮寺 恵希, 中道 真仁, 宮下 稜太, 清水 理光, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, 久保田 馨, 清家 正博, 弦間 昭彦. 肺癌の薬物療法中に上腸間膜動脈症候群を合併した2例. 日本内科学会関東地方会. 2019. 655回. 45-45
  • 清水 理光, 中道 真仁, 宮下 稜太, 宮寺 恵希, 村田 泰規, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, 廣瀬 敬, 久保田 馨, et al. 高齢者進行再発非小細胞肺癌に対する抗PD-1/PD-L1抗体の有効性と安全性の検討. 肺癌. 2019. 59. 6. 731-731
もっと見る
特許 (1件):
  • 肺癌治療のための抗癌剤の効果の検査法
書籍 (93件):
  • 呼吸器内科
    科学評論社 2017
  • カレントテラピー
    ライフメディコム 2017
  • 呼吸器ジャーナル
    医学書院 2017
  • がん薬物療法 現場のルール 一般臨床で役立つポケットマニュアル
    南江堂 2016
  • これからの乳癌診療 2016-2017
    金原出版株式会社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (486件):
  • ペムブロリズマブによる無顆粒球症,薬剤性肺障害,重症筋無力症を合併した肺多形癌の1例
    (日本肺癌学会関東支部学術集会(第181回) 2018)
  • 長期間Bevacizumab投与により効果が持続した3例
    (日本肺癌学会関東支部会(第181回) 2018)
  • Nivolumabによる薬剤性ACTH単独欠損症が疑われた1例
    (日本肺癌学会関東支部学術集会(第181回) 2018)
  • 過粘稠性肺炎桿菌による重症肺炎・肺膿瘍の2例
    (日本呼吸器学会関東地方会(第228回) 2018)
  • 無治療で自然軽快した防風通聖散による薬剤性肺障害の 1例
    (日本呼吸器学会関東地方会(第228回) 2018)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2006/08 - 日本医科大学 平成18年度丸山記念助成金 肺がんの血清プロテオーム解析 発癌と喫煙に関するタンパク質発現プロファイル
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る