研究者
J-GLOBAL ID:200901069761512100   更新日: 2020年10月19日

西 康晴

ニシ ヤスハル | Nishi Yasuharu
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://qualab.jp/http://qualab.jp/
研究分野 (6件): エンタテインメント、ゲーム情報学 ,  感性情報学 ,  ウェブ情報学、サービス情報学 ,  安全工学 ,  社会システム工学 ,  ソフトウェア
研究キーワード (6件): Study of Information System (including Library and Information Science) ,  Project Management ,  Software Engineering ,  情報システム工学 ,  プロジェクトマネジメント ,  ソフトウェア工学
論文 (21件):
  • 東弘之, 西康晴. 要求仕様曖昧度を用いたソフトウェア欠陥分布の推測手法. 品質. 2018. 48. 3. 53-63
  • Hiroaki ITO, Yasuharu NISHI. Application of Functional Resonance Analysis Method to the Study of Service Safety: Example of a Parking Guidance Service. Proc. International Coference on Serviceology 2018. 2018. 234-237
  • Yasuharu Nishi. Difference in quality of test architecture between service providers and subcontractors. 2016 IEEE NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFTWARE TESTING, VERIFICATION AND VALIDATION WORKSHOPS (ICSTW). 2016. 14-16
  • Yasuharu NISHI. テスト観点によるテスト要求分析モデルの構築. 信学技報. 2014. 113. 414. 47-51
  • Yasuharu Nishi. Viewpoint-based Test Requirement Analaysis Modeling. 2014 SEVENTH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFTWARE TESTING, VERIFICATION AND VALIDATION WORKSHOPS (ICSTW 2014). 2014. 353-357
もっと見る
MISC (12件):
  • 吉澤智美, 西康晴. ソフトウェアテストの最新動向とフロントローディング. 品質. 2012. 42. 4
  • 西康晴. 製造業におけるソフトウェア品質向上のポイント. クオリティマネジメント. 2010. 61. 5. 10-14
  • 西康晴. Wモデル~ソフトウェアテストによるプロセスイノベーション~. EMWEST. 2010. 2. 6-8
  • 西康晴. 解説 ISO/ETC JTC1/SC7/WG26の概要. 情報技術標準 NEWSLETTER. 2010. 87. 15-16
  • 阿草清滋, 西康晴, 沢田篤史, 鷲崎弘宜. ソフトウェアエンジニアリング領域(J07-SE). 情報処理. 2008. 49. 7. 743-749
もっと見る
書籍 (12件):
  • 高信頼化ソフトウェアのための開発手法ガイドブック
    独立行政法人情報処理推進機構 2011
  • セーフウェア
    翔泳社 2009
  • 新版品質保証ガイドブック
    日科技連出版社 2009
  • SQuBOKガイド~ソフトウェア品質知識体系
    オーム社 2007
  • 図解でわかる組込みシステム開発のすべて
    日本実業出版社 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (172件):
  • Principles of Quality Assurance for AI-based Systems
    (Software Testing Conference Asia 2019 2019)
  • First Person Shootingゲームに対するAIエージェントを用いたバランス調整テストの自動化手法の提案
    (ソフトウェアテストシンポジウム2019東京 2019)
  • FRAM(Functional Resonance Analysis Method)による サービスデザインのための成功パターン抽出
    (サービス学会第7回国内大会 2019)
  • サービスドミナントロジックにおけるモブエコーについての一考察
    (サービス学会第7回国内大会 2019)
  • AIプロダクトに対する品質保証の基本的考え方
    (ソフトウェア開発マネジメント交流会議 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2001 東京大学 化学システム工学専攻
  • - 1995 東京大学 化学システム工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • Ph.D (The University of Tokyo)
経歴 (1件):
  • 2003/04 - 電気通信大学 講師
委員歴 (8件):
  • 2008/06 - 2009/03/31 独立行政法人情報処理推進機構 組込み系ソフトウェア開発力強化推進委員会 委員
  • 2009 - ISO/IEC JTC1/SC7 委員
  • 2006/04 - 2007/03 情報処理学会 代表会員
  • 2003 - 2006 情報処理学会 アクレディテーション委員
  • 2005 - 日本品質管理学会 ソフトウェア部会幹事
全件表示
受賞 (8件):
  • 2018/11/17 - 日本品質管理学会 品質技術賞 要求仕様曖昧度を用いたソフトウェア欠陥分布の推測手法
  • 2018/10 - The 29th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering Best Disruptive Idea Award
  • 2010/11 - 日経品質管理文献賞
  • 2008/11 - 日経品質管理文献賞
  • 2008/01 - ソフトウェアテストシンポジウム実行委員会 善吾賞
全件表示
所属学会 (12件):
日本品質管理学会 ,  Institute of Electrical and Electronics Engineers ,  Association for Computing Machinery ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会 ,  プロジェクトマネジメント学会 ,  ソフトウェア技術者協会 ,  Association for Software Testing ,  経営情報学会 ,  日本信頼性学会 ,  サービス学会 ,  日本ソフトウェア科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る