研究者
J-GLOBAL ID:200901069774231925   更新日: 2020年10月14日

薬師神 芳洋

ヤクシジン ヨシヒロ | Yakushijin Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://www.m.ehime-u.ac.jp/school/clinical.oncology/http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/cancer/about/
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  内科学一般 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (6件): 癌遺伝子 ,  癌化学療法 ,  血液腫瘍学(特に非ホジキンリンパ腫) ,  Oncogene ,  Chemotherapy ,  Heamatologic Malignancy (non-Hodgkin lymphoma)
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1997 - 2020 アグレッシブ型非ホジキンリンパ腫における生物学的相違の同定
  • 1997 - 2020 Identifying the biological heterogeneity of aggressive non-Hodgkin's lymphoma
  • 2008 - 2008 悪性リンパ腫治療に対する全国共同試験
  • 2008 - 2008 national study of chemotherapy for non-Hodgkin's lymphoma
  • 1997 - 2005 癌遺伝子に対する遺伝子治療法の開発
全件表示
論文 (128件):
  • Kagami Y, Yamamoto K, Shibata T, Tobinai K, Imaizumi Y, Uchida T, Shimada K, Minauchi K, Fukuhara N, Kobayashi H, et al. R-CHOP-14 versus R-CHOP-14/CHASER for upfront autologous transplantation in diffuse large B-cell lymphoma: JCOG0908 study. Cancer Sci. doi: 10.1111/cas.14604. 2020
  • Nakauchi N, Ido S, Sumikawa S, Kawazoe H, Hasebe S, Asai H, Takeuchi K, Matsuo M, Yakushijin Y. Assessment of chemotherapy-induced adverse events using a sharing system of patient-reported information via a touch panel. Cancer Chem. 2020. 47. 5. 801-806
  • Kawazoe H, Mori N, Ido S, Uozumi R, Tsuneoka K, Takeuchi A, Matsuo M, Yamauchi M, Nakai M, Sumikawa S, et al. Liquid formulation of gemcitabine increases venous pain in patients with cancer: a retrospective study. Clin. therap. 2020. 42. 4. 712-719
  • Yamanaka S, Miyagawa M, Sugawara Y, Hasebe S, Fujii T, Takeuchi K, Tanaka K, Yakushijin Y. The prognostic significance of whole-body and spleen MTV (metabolic tumor volume) scanning for patients with diffuse large B cell lymphoma. Int. J. Clin. Oncol doi: 10.1007/s10147-020-01807-6. 2020
  • Masuda Y, Takeuchi K, Kodama T, Fujisaki T, Imaizumi Y, Otsuka E, Ozaki S, Hasebe S, Yakushijin Y. Treatment-associated outcomes of patients with primary ocular adnexal MALT lymphoma after accurate diagnosis. Int. J. Clin. Oncol 24: 1620-1628. 2019
もっと見る
MISC (71件):
  • 山之内 純, 池田 祐一, 朝井 洋晶, 越智 俊元, 谷本 一史, 竹内 一人, 薬師神 芳洋, 渡邊 明人, 羽藤 高明, 安川 正貴, et al. 後天性von Willebrand症候群を合併した骨髄線維症の1例. 日本内科学会雑誌. 2019. 108. 7. 1448-1451
  • 池田祐一, 山之内純, 朝井洋晶, 越智俊元, 谷本一史, 竹内一人, 東太地, 藤原弘, 薬師神芳洋, 羽藤高明, et al. CSF3Rのmembrane proximal領域に変異を有するCNLに続発した二次性骨髄線維症に対してruxolitinibが奏効した1例. 臨床血液. 2018. 59. 5. 641(J-STAGE)
  • 池田祐一, 藤原弘, 谷本一史, 東太地, 越智俊元, 山之内純, 朝井洋晶, 竹内一人, 薬師神芳洋, 羽藤高明, et al. 造血幹細胞移植後に発症した新型アデノウイルス(human adenovirus genotype79)による播種性感染症の1例. 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集. 2017. 40th. 278
  • 丸田雅樹, 谷本一史, 東太地, 朝井洋晶, 池田祐一, 越智俊元, 竹内一人, 山之内純, 藤原弘, 薬師神芳洋, et al. 両側乳房への孤立性病変にて再発した急性リンパ性白血病の1例. 臨床血液. 2017. 58. 5. 547(J-STAGE)
  • 戸田 陽香, 河添 仁, 矢野 安樹子, 山本 祐司, 渡部 祐司, 山本 安則, 日浅 陽一, 薬師神 芳洋, 田中 亮裕, 荒木 博陽. 中等度催吐リスク化学療法におけるアプレピタントとパロノセトロンの制吐効果の比較. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2016. 54回. P11-1
もっと見る
書籍 (5件):
  • 新臨床腫瘍学(改訂版第5版)
    南江堂 2018
  • 入門腫瘍内科学(改訂版第2版)
    篠原出版 2015
  • 血液疾患治療に伴う合併症対策
    医学ジャーナル社 2013
  • Ocular adnexal mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma; etiology, pathology, causative factors, and treatment.
    Nova Science Publishers, Hauppauge, NY 2010
  • 悪性リンパ腫
    日本臨床 2007
Works (1件):
  • 医療の中の優しいまなざし(朝日新聞社)
    2007 -
学歴 (4件):
  • 1991 - 1993 愛媛大学 ウイルス腫瘍学
  • - 1993 愛媛大学
  • 1982 - 1988 愛媛大学 医学部医学専攻科
  • - 1988 愛媛大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (愛媛大学)
経歴 (18件):
  • 2012/09 - 現在 愛媛大学医学部 臨床腫瘍学 教授
  • 2010/05 - 2012/08 愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター センター長/准教授
  • 2006/12 - 2010/04 愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター センター長/講師
  • 2010 - - Ehime University Hospital, Ehime University Graduate school of Medicine
  • 1997/04 - 2006/11 愛媛大学医学部 内科学第一 助教
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2009 - 日本臨床腫瘍学会 専門医
  • 2003 - 日本臨床腫瘍学会 指導医
  • 2003 - 日本血液学会 指導医
  • 2001 - 日本乳癌学会 正会員
  • 1999 - 日本内科学会 愛媛大学医学部附属病院指導医
全件表示
受賞 (2件):
  • 1993 - 愛媛大学医学部小林奨学賞
  • 1993 - Kobayashi Research Award of Ehime University School of Medicine in 1993
所属学会 (17件):
日本緩和医療学会 ,  日本リンパ網内系学会 ,  日本ウイルス学会 ,  日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本老年医学会 ,  日本感染症学会 ,  日本癌学会 ,  日本血液学会 ,  米国血液学会 ,  米国臨床癌学会 ,  日本内科学会 ,  American Society of Clinical Oncology ,  American Society of Hematology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る