研究者
J-GLOBAL ID:200901069896910475   更新日: 2021年10月17日

亀田 剛

カメダ タカシ | Kameda Takashi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Takashi_Kameda/
研究分野 (6件): 成長、発育系歯学 ,  補綴系歯学 ,  口腔再生医学、歯科医用工学 ,  常態系口腔科学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (12件): 感染予防および衛生管理対策 ,  CAD/CAM ,  微生物燃料電池 ,  ロボティクス技術を用いた治療および治療支援デバイスの開発 ,  MEMSやセンサ技術を用いた歯科用器具・器材の開発 ,  数学的手法を用いた形態測定および応力解析 ,  生体に対する電気や電磁波の影響およびその有効利用 ,  軟骨における分子組織・生物学 ,  骨(特に破骨細胞を中心とした骨吸収)の細胞および分子生物学 ,  材料の開発 ,  治療器具の開発 ,  治療法の開発
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 コーンビームCTによる三次元歯軸,歯列,顎運動を融合した口腔機能評価システム開発(19K12752)
  • 2017 - 2020 オーラルフレイルの予防に寄与する咬合支援ロボットの開発とその動作解析(17K12064)
  • 2012 - 2013 光照射ピンセットの開発(新産創第875号)
  • 2000 - 2002 歯胚発生過程におけるプログラム細胞死に関連したシグナル伝達の分子生物学的解明(12771307)
  • 1997 - 1997 破骨細胞のアポトーシスにおける分子生物学的解析:Fasの関与について(09771873)
論文 (92件):
  • Kameda T, Oka S, Igawa J A, Sakamoto M, Terada K. Can hypochlorous acid be a powerful sanitizer to replace alcohol for disinfection ? -Its bactericidal, degradation of the solutions under various storage condition, and steel rust effects. 2022. 41
  • 坂上勇太, 坂本 信, 森清友亮, 亀田 剛, 小林公一, 坂井幸子, 遠藤英昭, 田邊裕治. コーンビームCTによる三次元歯軸の解析. 臨床バイオメカニクス. 2021. 42. 79-85
  • Takashi Kameda, Makoto Sakamoto, Kazuto Terada. Semi-powered exoskeleton that regulates the muscular activity of jaw movement for oral functional rehabilitation/training. Dental Materials Journal. 2021. 40. 1. 101-109
  • Kameda T, Sato H, Oka S, Miyazaki A, Ohkuma K, Terada K. Low temperature polytetrafluoroethylene (PTFE) coating improves the appearance of orthodontic wires without changing their mechanical properties. Dental Materials Journal. 2020. 39. 5. 721-734
  • 坂上勇太, 坂本 信, 森清友亮, 亀田 剛, 小林公一, 坂井幸子, 遠藤英昭, 田邊裕治. 正常咬合者における三次元歯列曲線と歯軸の数学的解析. 臨床バイオメカニクス. 2020. 41. 385-392
もっと見る
MISC (39件):
もっと見る
特許 (16件):
  • デンタルミラー
  • 個体識別装置、個体識別システム及びプログラム
  • 印象材、陰型又は陽型、歯の紋様情報集装置及びプログラム
  • 開口筋訓練装置
  • 柄付き鏡
もっと見る
書籍 (14件):
  • 新版 歯科矯正学事典
    クインテッセンス出版 2017
  • 臨床家のための矯正YEAR BOOK 2016
    クインテッセンス出版 2016
  • 臨床家のための矯正 YEAR BOOK 2015
    クインテッセンス出版 2015
  • 成人矯正歯科治療
    クインテッセンス出版 2014
  • 最新のKBテクニック:改良型ベッグ法の実際-インナービューティを考慮した矯正歯科治療へ-
    クインテッセンス出版 2010 ISBN:9784781201733
もっと見る
講演・口頭発表等 (184件):
  • コーンビームCTを用いた三次元上下顎歯の歯軸角度の関係
    (日本臨床バイオメカニクス学会第48回学術集会)
  • 次亜塩素酸水は消毒用アルコールの代替になるか? -殺菌能、生成方法や保管条件による経時的劣化について
    (第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議)
  • 【緊急】日常臨床における感染予防と衛生管理に対する効果的な対策 - 次亜塩素酸の有効性とその正しい選択と使用方法
    (日本ベッグ矯正歯科学会第42回大会 2021)
  • 口腔機能リハビリテーションとトレーニングに寄与する半電動式咬合支援外骨格装置
    (第77回日本歯科理工学会学術講演会 2021)
  • 低温PTFEコーティングは矯正用チタンワイヤーの機械的性質を変えず審美性を改善する
    (第77回日本歯科理工学会学術講演会 2021)
もっと見る
Works (4件):
  • Glakay Overview (CD-ROM)
    2004 -
  • 成熟破骨細胞の単離方法 (学術ビデオ)
    1997 -
  • 骨細胞の分離方法 (学術ビデオ)
    1997 -
  • ビタミンK2と骨代謝 (学術ビデオ)
    1997 -
学歴 (2件):
  • 1991 - 1995 日本歯科大学歯学部臨床系大学院 歯科矯正学
  • 1985 - 1991 日本歯科大学 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (日本歯科大学)
経歴 (8件):
  • 2011/10 - 現在 日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座 講師
  • 2001 - 2011/09 日本歯科大学新潟歯学部先端研究センター講師
  • 1999 - 2003 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室教室講師
  • 2001/11 - 2002/03 横浜市立大学医学部微生物学教室非常勤講師
  • 1995/08 - 1999 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室助手
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2020/02 - 現在 日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス査読委員
  • 2019/01 - 現在 NPO法人 日本ベッグ矯正歯科学会 副理事長
  • 2014/03 - 現在 Biomedical Journal reviewer
  • 2014/02 - 現在 British Journal of Applied Science & Technology Reviewer
  • 2006/01 - 現在 Orthodontic Waves 査読委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2021/04 - 日本歯科理工学会 企業賞(YAMAKIN株式会社) 低温PTFEコーティングは矯正用チタンワイヤーの機械的性質を変えず審美性を改善する
  • 2020/03 - 日本歯科理工学会 論文賞 Five-axis laser milling system that realizes more accurate zirconia CAD/CAM crowns by direct milling from fully sintered blocks
  • 2016/03 - 日本機械学会北陸信越支部 優秀講演賞 生体内コーンビーム CT 画像を用いた三次元歯軸の自動決定法
  • 2012/09 - 日本矯正歯科学会 優秀発表賞 審美性を考慮したコーティングでもメッキでもない白い金属の開発 -白色金属と金属の白色表面処理-
  • 1997/07 - 日本骨代謝学会 優秀演題賞 成熟破骨細胞に発現する受容体型チロシンキナーゼTyro-3とその機能解析
所属学会 (11件):
日本臨床バイオメカニクス学会 ,  日本歯科理工学会 ,  日本生体医工学会 ,  日本医療機器学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本生体電気・物理刺激研究会 ,  バイオフィルム研究会 ,  日本アポトーシス研究会 ,  日本ベッグ矯正歯科学会 ,  東京矯正歯科学会 ,  日本矯正歯科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る