研究者
J-GLOBAL ID:200901069988248400   更新日: 2021年03月12日

菊田 千春

キクタ チハル | Kikuta Chiharu
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程教授
研究分野 (1件): 言語学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • Constructionalization
  • Constraint-based Syntax and Semantics
  • Syntax and Semantics of Complex Predicate Constructions
  • 構文化現象の研究
  • 文法化と構文変化のメカニズム
全件表示
論文 (24件):
  • 菊田 千春. 「通時的構文文法から見た譲歩命令構文「もせよ」の成立:チャンク化と語彙史の接点」. 『同志社大学英語英文学研究』. 2021. 102. 109-139
  • 菊田 千春. 「条件命令文や譲歩命令文はTraugottの意味変化の方向性仮設に対する反例か-「間主観的」な命令文から条件文への構文化再考」. 『同志社大学英語英文学研究』. 2020. 101. 83-126
  • KIKUTA Chiharu Uda. Development of Conditional Imperatives in Japanese: A Diachronic Constructional Approach. Cognitive Linguistics. 2018. 29. 2. 235-274
  • 菊田 千春. 「テミル条件文にみられる構文変化の過程-語用論的強化と階層的構文ネットワークに基づく言語変化」. 『認知言語学論考』. 2013. No. 11
  • 菊田 千春. 「上代日本語のガ格について: 活格説の問題点」. 『同志社大学英語英文学研究』. 2012. No. 89. 89-123.
もっと見る
MISC (10件):
  • 菊田 千春. "Jóhanna Barðdal, Elena. Smirnova, Lotte. Sommerer, and Spike Gildea編 Diachronic Construction Grammar.". 『歴史言語学』. 2016. 5. 55-65
  • 菊田 千春. "Predicate Concatenation: A Study of the V-teV Predicate in Japanese, by Kentaro Nakatani.". English Linguistics. No. 32. (日本英語学会)[357-370]. 2015. 32. 357-370
  • The development of the nominative case marker "ga" and the dawn of Modern Japanese: A competing motivations model. 2006. 79. 61-104
  • The emergence of the system of case markers and the word order constraint: The wh-Movement in Old Japanese Revisited from the Optimality-Theoretic Perspective. JELS 22: Papers from the Twenty-Second National Conference of the English Linguistic Society of Japan.. 2005. 41-50
  • Do we really need "derivation" for the ga/no conversion?: A Mixed Category approach in HPSG. JELS 20: Papers from the Twentieth National Conference of the English Linguistic Society of Japan.. 2003. 61-70
もっと見る
書籍 (6件):
  • 『ことばとの対話-理論・記述・言語教育』
    英宝社 2019 ISBN:4269610336
  • 『英語学パースペクティブ』 第13章「言語と認知」担当
    南雲堂 2015 ISBN:9784523300755
  • 『現代英語学へのアプローチ』 第3章「近代英語の誕生」担当
    英宝社 2013 ISBN:9784269610323
  • 『言語研究の接点-理論と記述-』
    英宝社 2004
  • 『現代の言語学』(第2章「音のはなし」、第11章「日本語の諸相」担当)
    金星堂出版 1996
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • "A Diachronic Constructional Analysis of the Word Order Restriction Japanese: A Mismatch in Grammatical Constituency"
    (15th International Cognitive Linguistics Conference (ICLC15) 2019)
  • "A Diachronic Construction Grammar Analysis of the Focus Construction (Kakari-Musubi) in Japanese."
    (International Conference on Construction Grammar 10 (ICCG10) 2018)
  • A Constructional Approach to the Historical Development of Conditional Imperatives in Japanese
    (12 th International Cognitive Linguistics Conference 2013)
  • テミロ条件命令文とその成立過程:構文ネットワークの役割
    (日本語文法学会第13回大会 2012)
  • “An Optimality-Theoretic Alternative to the Apparent Wh-Movement in Old Japanese.”
    (9th International Conference of Lexical Functional Grammar (LFG04) 2004)
もっと見る
学歴 (8件):
  • - 1993 同志社大学 英文学専攻
  • - 1993 同志社大学
  • - 1992 ヴィクトリア大学大学院 言語学
  • - 1992 University of Victoria Linguistics
  • - 1988 同志社大学 英文学専攻
全件表示
学位 (2件):
  • Ph.D. (ヴィクトリア大学)
  • 文学修士 (同志社大学)
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 日本認知言語学会 理事
  • 2019/04 - 現在 日本英語学会 評議員
  • 2008/04 - 現在 関西言語学会 運営委員、編集委員
所属学会 (13件):
関西言語学会 ,  言語科学会 ,  日本語文法学会 ,  日本認知言語学会 ,  日本言語学会 ,  日本英語学会 ,  アメリカ言語学会 ,  Kansai Linguistic Society ,  The Society of Japanese Grammar ,  The Japanese Cognitive Linguistics Association ,  The Linguistic Society of Japan ,  The English Linguistics Society of Japan ,  Linguistic Society of America
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る