研究者
J-GLOBAL ID:200901070437547757   更新日: 2020年08月31日

伊豫岡 宏樹

イヨオカ ヒロキ | Iyo-oka Hiroki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 土木環境システム
研究キーワード (4件): 応用生態工学 ,  生態系保全 ,  生物多様性 ,  水循環
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2013 - 河川汽水域に生息する甲殻類の浮遊幼生分散のモデリングと回帰戦略の解明
  • 2013 - 干潟間隙水の塩分安定化作用およびそれを介した生物間相互作用に関する研究
  • 2010 - 2012 福岡市室見川におけるシロウオの産卵環境の解明と住民参加型の保全活動について
  • 2012 - 干潟生態系の維持機構の解明-ハイダム撤去の事前事後調査に着目して-
論文 (34件):
  • 樋井川の大規模河川改修が シロウオの産卵環境に与えた影響. 河川技術論文集. 2018. 24. 321-326
  • 上久保祐志, 鬼倉徳雄, 乾隆帝, 山本恭裕, 入江博樹. 球磨川河口域における自然再生事業を対象としたモニタリング. 土木学会論文集B3(海洋開発). 2018. 74. 2. I_1012-I_1017
  • 浜田 晃規, 島谷 幸宏, 渡辺 亮一, 伊豫岡 宏樹, 皆川 朋子, 山下 三平, 森山 聡之, 角銅 久美子, 山下 輝和. 都市河川における下水道施設を考慮した水循環に関する研究. 第45回環境システム研究論文発表会講演集. 2017. 45. 223-228
  • 大槻順朗. 荒瀬ダム撤去事業における堆積土砂・浮遊土砂の動態に関する研究. 伊豫岡宏樹. 2017. 23. 459-464
  • 浜田 晃規, 島谷 幸宏, 渡辺 亮一, 伊豫岡 宏樹, 皆川 朋子, 山下 三平, 森山 聡之, 角銅 久美子, 山下 輝和. 流出抑制施設におけるコミュニティレベルでの治水効果の検証. 第44回環境システム研究論文発表会講演集. 2016. 第44. 205-210
もっと見る
MISC (1件):
  • 渡辺 亮一, 伊豫岡 宏樹. 第44回年会 総括報告. 水環境学会誌. 2010. 33. 6. 166-174
書籍 (2件):
  • JRRNできることはらはじめようシリーズ 水辺の小さな自然再生事例集
    日本河川・流域再生ネットワーク 2015
  • 蘇る有明海-再生への道程
    恒星社厚生閣 2012 ISBN:9784769912699
講演・口頭発表等 (185件):
  • 樋井川流域を対象とした流域治水の取り組みについて
    (土木学会第70回年次学術講演会 2015)
  • 有明海を対象としたフルボ酸鉄シリカ資材を用いたヘドロ浄化実証実験
    (土木学会第70回年次学術講演会 2015)
  • UAV-SfM 手法を用いた干潟地形変化の把握
    (土木学会第70回年次学術講演会 2015)
  • 雨水利用住宅における雨水活用費用対効果の検討
    (土木学会第70回年次学術講演会 2015)
  • UAV-SfMおよびADCPを用いた干潟地形の高精度観測
    (応用生態工学会 第19回研究発表会 2015)
もっと見る
学位 (4件):
  • 学士(工学)(九州大学) (九州大学)
  • 修士(工学)(九州大学 工修第12446号) (九州大学)
  • 博士(工学)(九州大学 工博甲第2214号) (九州大学)
  • Ph.D (Kyushu University)
経歴 (2件):
  • 2009/10/01 - 福岡大学社会デザイン工学科助手
  • 2006/04/01 - 2009/09/30 九州大学大学院工学研究院テクニカルスタッフ
委員歴 (2件):
  • 2013/12/27 - 球磨川下流域デザイン検討委員会 水生生物ワークキンググループ
  • 2011/04/01 - 2013/03/31 土木学会西部支部 研究発表会運営委員
所属学会 (3件):
日本水環境学会 ,  応用生態工学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る