研究者
J-GLOBAL ID:200901070453365936   更新日: 2020年07月10日

福間 大喜

フクマ ダイキ | Fukuma Daiki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (2件): 腫瘍免疫 ,  Cancer immunology
論文 (37件):
  • Kenta Kawahara, Akimitsu Hiraki, Ryoji Yoshida, Hidetaka Arita, Yuichiro Matsuoka, Toshio Yamashita, Kan-Ichi Koga, Masashi Nagata, Akiyuki Hirosue, Daiki Fukuma, et al. Salivary duct carcinoma treated with cetuximab-based targeted therapy: A case report. Molecular and clinical oncology. 2017. 6. 6. 886-892
  • Hirotake Tsukamoto, Koji Fujieda, Masatoshi Hirayama, Tokunori Ikeda, Akira Yuno, Keiko Matsumura, Daiki Fukuma, Kimi Araki, Hiroshi Mizuta, Hideki Nakayama, et al. Soluble IL6R Expressed by Myeloid Cells Reduces Tumor-Specific Th1 Differentiation and Drives Tumor Progression. CANCER RESEARCH. 2017. 77. 9. 2279-2291
  • A. Hiraki, T. Yamamoto, R. Yoshida, M. Nagata, K. Kawahara, Y. Nakagawa, Y. Matsuoka, T. Tanaka, A. Hirosue, D. Fukuma, et al. Factors affecting volume change of myocutaneous flaps in oral cancer. INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY. 2016. 45. 11. 1395-1399
  • Yuichiro Matsuoka, Hideki Nakayama, Ryoji Yoshida, Akiyuki Hirosue, Masashi Nagata, Takuya Tanaka, Kenta Kawahara, Junki Sakata, Hidetaka Arita, Hikaru Nakashima, et al. IL-6 controls resistance to radiation by suppressing oxidative stress via the Nrf2-antioxidant pathway in oral squamous cell carcinoma. BRITISH JOURNAL OF CANCER. 2016. 115. 10. 1234-1244
  • Tanaka T, Imamura T, Yoneda M, Irie A, Ogi H, Nagata M, Yoshida R, Fukuma D, Kawahara K, Shinohara M, et al. Enhancement of active MMP release and invasive activity of lymph node metastatic tongue cancer cells by elevated signaling via the TNF-α-TNFR1-NF-κB pathway and a possible involvement of angiopoietin-like 4 in lung metastasis. International journal of oncology. 2016. 49. 4. 1377-1384
もっと見る
MISC (108件):
  • 宮原 知也, 福間 大喜, 川原 健太, 永田 将士, 廣末 晃之, 吉田 遼司, 中山 秀樹. 当科におけるARONJ患者の病的骨折に関する検討. 口腔顎顔面外傷. 2019. 18. 2. 64-65
  • 郷原 俊輔, 吉田 遼司, 川口 翔, 永尾 優果, 山名 啓介, 有田 英生, 坂田 純基, 中嶋 光, 廣末 晃之, 川原 健太, et al. 口腔扁平上皮癌患者における血清p53抗体の臨床的有用性について(Clinical significance of serum p53 antibody in oral squamous cell carcinoma). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. P-3133
  • 吉田 遼司, 坂田 純基, 山名 啓介, 郷原 俊輔, 川口 翔, 永尾 優果, 川原 健太, 廣末 晃之, 永田 将士, 福間 大喜, et al. 予防的頸部郭清術はどのような症例で有用か? 予防的頸部郭清術はどのような症例で有用か? Wait-and-Seeの観点から. 日本口腔腫瘍学会誌. 2019. 31. 3. 122-130
  • 郷原 俊輔, 吉田 遼司, 廣末 晃之, 福間 大喜, 中嶋 光, 川口 翔, 永尾 優果, 山名 啓介, 中山 秀樹. 口腔扁平上皮癌におけるhuman telomerase reverse transcriptase(hTERT)発現の臨床病理学的意義の検討. 頭頸部癌. 2019. 45. 2. 220-220
  • 永尾 優果, 廣末 晃之, 中元 雅史, 中嶋 光, 川口 翔, 郷原 俊輔, 山名 啓介, 川原 健太, 福間 大喜, 尾木 秀直, et al. 2型糖尿病を有する口腔扁平上皮癌患者の臨床統計学的、免疫組織学的検討. 頭頸部癌. 2019. 45. 2. 242-242
もっと見る
書籍 (1件):
  • 知っておきたい顎・歯・口腔の画像診断 (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ)
    学研メディカル秀潤社 2017 ISBN:4780909392
講演・口頭発表等 (79件):
  • 下顎骨に生じた二次型エナメル上皮癌の1例
    (日本口腔科学会雑誌 2016)
  • 脳神経外科術後に原因不明の舌腫脹に対するオーラルマネジメントの一例
    (日本口腔ケア学会雑誌 2016)
  • 口腔がん化学放射線治療クリニカルパスの作成・運用・分析・改定を通したオーラルマネージメントの推進
    (日本口腔ケア学会雑誌 2016)
  • 当科で経験した下顎智歯抜歯後に発症した舌神経麻痺についての検討
    (口腔顎顔面外傷 2015)
  • 広範な上顎歯槽骨欠損に対し3Dプランニングを用いて予知性の高い腸骨移植による顎堤形成を行い、全顎的なインプラント補綴を行った1例
    (Japanese Journal of Maxillo Facial Implants 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 熊本大学大学院医学薬学研究部
  • 1997 - 2003 昭和大学 歯学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (熊本大学)
経歴 (2件):
  • 2015 - 熊本大学医学部附属病院歯科口腔外科 助教
  • 2015 - Assistant Professor, ,University Hospital ,Kumamoto University
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る