研究者
J-GLOBAL ID:200901070453365936   更新日: 2022年07月01日

福間 大喜

フクマ ダイキ | Fukuma Daiki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (2件): 腫瘍免疫 ,  Cancer immunology
論文 (50件):
  • Takuya Tanaka, Daiki Fukuma, Akira Yuno, Masafumi Nakamoto, Takahisa Imamura, Hideki Nakayama. A rare case of prostate cancer with spontaneous gingival bleeding as the initial manifestation of underlying disseminated intravascular coagulation. Oral Science International. 2022
  • Taku Kojima, Akira Yuno, Masatoshi Hirayama, Daiki Fukuma, Masanori Shinohara, Yasuharu Nishimura, Hideki Nakayama. Development of HLA-modified induced pluripotent stem cell-derived dendritic cells for a novel cancer immunotherapy. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2022
  • 井上 和繁, 平山 真敏, 吉田 遼司, 廣末 晃之, 永田 将士, 高橋 望, 有田 英生, 福間 大喜, 中山 秀樹. 3次元的解析を用いた、下顎智歯部の含歯性嚢胞における開窓療法の治療効果の臨床的検討. 日本口腔科学会雑誌. 2021. 70. 2. 156-157
  • 松岡 祐一郎, 川原 健太, 永田 将士, 廣末 晃之, 福間 大喜, 吉田 遼司, 中山 秀樹. 舌の疼痛を契機として診断に至ったSweet症候群の1例. 日本口腔内科学会雑誌. 2020. 26. 2. 111-112
  • 川原 健太, 宮原 知也, 山下 真柚子, 松岡 祐一郎, 永田 将士, 福間 大喜, 廣末 晃之, 吉田 遼司, 中山 秀樹. 周術期管理中に薬剤熱を認めた舌癌の1例. 日本口腔内科学会雑誌. 2020. 26. 2. 115-116
もっと見る
MISC (108件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 知っておきたい顎・歯・口腔の画像診断 (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ)
    学研メディカル秀潤社 2017 ISBN:4780909392
講演・口頭発表等 (79件):
  • 下顎骨に生じた二次型エナメル上皮癌の1例
    (日本口腔科学会雑誌 2016)
  • 脳神経外科術後に原因不明の舌腫脹に対するオーラルマネジメントの一例
    (日本口腔ケア学会雑誌 2016)
  • 口腔がん化学放射線治療クリニカルパスの作成・運用・分析・改定を通したオーラルマネージメントの推進
    (日本口腔ケア学会雑誌 2016)
  • 当科で経験した下顎智歯抜歯後に発症した舌神経麻痺についての検討
    (口腔顎顔面外傷 2015)
  • 広範な上顎歯槽骨欠損に対し3Dプランニングを用いて予知性の高い腸骨移植による顎堤形成を行い、全顎的なインプラント補綴を行った1例
    (Japanese Journal of Maxillo Facial Implants 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 熊本大学大学院医学薬学研究部
  • 1997 - 2003 昭和大学 歯学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (熊本大学)
経歴 (2件):
  • 2015 - 熊本大学医学部附属病院歯科口腔外科 助教
  • 2015 - Assistant Professor, ,University Hospital ,Kumamoto University
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る