研究者
J-GLOBAL ID:200901070620070390   更新日: 2019年12月20日

本村 光江

Motomura Mitsue
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2005 - 2007 日本語の補文標識「と」について
  • 2005 - 2007 日本語の心理動詞構文
論文 (17件):
  • 家畜の持続可能な集約化と福祉に関するノート. 大阪経大論集. 2016. 67. 3. 151-158
  • 動物園における野生動物福祉の査定. 大阪経大論集. 2016. 67. 2. 121-128
  • 犬のシェルター経営と飼育ガイドラインに関する研究ノート. 大阪経大論集. 2015. 66. 4. 369-378
  • An analysis of inalienable possession constructions in Japanese. 大阪経大論集. 2013. 64. 1. 103-126
  • 間接受動文・所有受動文の派生に関する提案. Proceedings of the 37th Annual Meeting of the Kansai Linguistic Society. 2013
もっと見る
書籍 (2件):
  • Thematically Driven Movement in Japanese: A Study of Psych Verb Constructions (Ph.D. thesis)
    University of Maryland 2004
  • Zibun: an analysis based on movement into a theta-position'MA Thesis
    University of Maryland. 2001
講演・口頭発表等 (2件):
  • Efficacy of trap-neuter-return (TNR) on population control, complaints and welfare of free-roaming cats
    (27th International ISAZ conference 2018)
  • 野良猫の福祉に対するTNR(捕獲・不妊手術・戻し)の効果の検討
    (2018 年度 日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同春季研究発表会 2018)
学歴 (2件):
  • 2014 - 2017 University of Edinburgh
  • 1996 - 2004 University of Maryland
所属学会 (5件):
日本英語学会 ,  関西言語学会 ,  ヒトと動物の関係学会 ,  International society for anthrozoology ,  応用動物行動学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る