研究者
J-GLOBAL ID:200901070951571080   更新日: 2021年06月10日

津川 尚子

ツガワ ナオコ | Naoko Tsugawa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (1件): 公衆衛生学
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2024 ビタミンD栄養における身体的・精神的生活関連因子の解析と効果的栄養改善方法の探索
  • 2017 - 2020 日本人の低ビタミンD栄養と高血圧・心血管疾患の関連性:疫学と基礎からのアプローチ
  • 2014 - 2017 血管特異的ビタミンK2合成酵素遺伝子欠損マウスの作出と表現型解析
  • 2011 - 2012 低カルボキシル化Matrix gla protein (ucMGP)の血中濃度定量法の開発~脂溶性ビタミンと動脈石灰化に関する基礎および栄養疫学研究への応用~
  • 2007 - 2010 日本人の食事摂取基準(栄養所要量)の策定に関する研究
全件表示
論文 (111件):
  • Kaori Yasuda, Miyu Nishikawa, Kairi Okamoto, Kyohei Horibe, Hiroki Mano, Mana Yamaguchi, Risa Okon, Kimie Nakagawa, Naoko Tsugawa, Toshio Okano, et al. Elucidation of metabolic pathways of 25-hydroxyvitamin D3 mediated by Cyp24a1 and Cyp3a using Cyp24a1 knockout rats generated by CRISPR/Cas9 system. The Journal of biological chemistry. 2021. 100668-100668
  • Naoko Tsugawa, Mayu Nishino, Akiko Kuwabara, Honami Ogasawara, Maya Kamao, Shunjiro Kobayashi, Junichi Yamamura, Satoshi Higurashi. Comparison of Vitamin D and 25-Hydroxyvitamin D Concentrations in Human Breast Milk between 1989 and 2016-2017. Nutrients. 2021. 13. 2. 573
  • Kanae Nakaoka, Seiko Noda, Rieko Tanabe, Asako Yamada, Naoko Tsugawa, Takayuki Hosoi, Masae Goseki-Sone. A high-fat diet in the presence of vitamin D deficiency status is associated with a negative influence on calcaneal quantitative ultrasound parameters in young adults: a cross-sectional study. Nutrition research (New York, N.Y.). 2021. 86. 88-95
  • Akiko Kuwabara, Naoko Tsugawa, Misora Ao, Junko Ohta, Kiyoshi Tanaka. Vitamin D deficiency as the risk of respiratory tract infections in the institutionalized elderly: A prospective 1-year cohort study. Clinical nutrition ESPEN. 2020. 40. 309-313
  • Hirotaka Hayashi, Masatoshi Okamatsu, Honami Ogasawara, Naoko Tsugawa, Norikazu Isoda, Keita Matsuno, Yoshihiro Sakoda. Oral Supplementation of the Vitamin D Metabolite 25(OH)D3 Against Influenza Virus Infection in Mice. Nutrients. 2020. 12. 7. 2000
もっと見る
MISC (384件):
  • 津川尚子. ビタミンD栄養低下を招く諸要因:コロナ禍での生活をあらためて考える. ビタミン. 2021. 95. 4. 252-252
  • 津川尚子, 津川尚子, 桑原晶子, 浦千尋, 小笠原帆南, 水野敬, 渡辺恭良, 田中清. 日本人のビタミンD栄養調査:疲労および自粛生活の影響と栄養改善への取り組み. ビタミン. 2021. 95. 3. 101-102
  • 津川尚子, 津川尚子, 桑原晶子, 小笠原帆南, 西野真由, 田中清. コロナ禍による外出制限が血中25-hydroxyvitamin D濃度に与える影響. ビタミン. 2021. 95. 4
  • 津川 尚子. ビタミンDの生理活性に関する最近の知見. JMOAレポート. 2021. 21. 1-15
  • 津川尚子. 日本人のビタミンD栄養と疲労要因との関係(要旨). 日本疲労学会誌. 2020. 16. 1. 39
もっと見る
書籍 (18件):
  • 副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル
    診断と治療社 2019 ISBN:9784787823748
  • 骨粗鬆症診療:第3章 診断 骨代謝マーカー「25水酸化ビタミンD」
    医薬ジャーナル社 2018
  • 骨粗鬆症診療:第6章 治療 栄養療法 各論「ビタミンD」
    医薬ジャーナル社 2018
  • 牛乳と健康:わが国における研究の軌跡と将来展望
    ライフサイエンス出版 2015
  • ビタミンKと疾患-基礎の理解と臨床への応用
    医療ジャーナル社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • 日本人の食事摂取基準2020 におけるビタミンD
    (第367回脂溶性ビタミン総合研究委員会 2021)
  • 健康的な骨づくりのための食生活~見逃していませんか?コロナ禍で届く骨からのSOS~
    (吹田市食育講演会 2021)
  • 日本人のビタミンD栄養調査: 疲労および自粛生活の影響と 栄養改善への取り組み
    (第366回脂溶性ビタミン総合研究委員会 2020)
  • 健康な”骨づくり”とビタミン
    (東洋食品工業短期大学「定例講演会」 2020)
  • 骨づくりに大切なビタミンについて
    (阪神シニアカレッジ 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 博士(薬学) 神戸女子薬科大学
  • 1982 - 1986 神戸女子薬科大学 衛生薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (神戸薬科大学)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 神戸薬科大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科人間栄養学専攻 専攻長
  • 2015/04/01 - 現在 大阪樟蔭女子大学大学院 大学院 人間科学研究科 人間栄養学専攻 教授
  • 2015/04/01 - 現在 大阪樟蔭女子大学 健康栄養学部 健康栄養学科 教授
  • 2016/04 - 2018/03 大阪樟蔭女子大学 大学院 人間科学研究科 人間栄養学専攻 専攻長
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2019/06 - 現在 日本ビタミン学会 理事
  • 2015/11 - 現在 日本栄養・食糧学会 代議員
  • 2015/04 - 現在 日本栄養・食糧学会 近畿支部参与
  • 2014/04 - 現在 脂溶性ビタミン総合研究委員会 委員
  • 2014/01 - 現在 Journal of Nutritional Science and Vitaminology 編集委員会 編集委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2011/10 - 日本骨粗鬆症学会 平成23年度研究奨励賞 低カルボキシル化Matrix gla protein(ucMGP)の血中濃度定量法の開発~脂溶性ビタミンと動脈石灰化に関する基礎および栄養疫学研究への応用~
  • 2010/07 - 日本骨代謝学会 第28回日本骨代謝学会高得点演題賞 高齢者の椎体骨既存骨折ならびに臨床骨折発生と血中ucOC濃度を指標としたビタミンK必要摂取量の関係
  • 2009/10 - 日本骨粗鬆症学会 第11回日本骨粗鬆症学会学術奨励賞 思春期のビタミンK栄養評価~曲率解析法を応用した新規評価法の開発~
  • 2005/10 - 日本骨粗鬆症学会 平成17年度研究奨励賞 血中25-ヒドロキシビタミンDの新規定量法の開発と臨床応用
  • 1996/06 - World Congress on Osteoporosis 1996 World Congress on Osteoporosis, Young Investigator Award Effects of 1α-or 1β-Hydroxyl Analogues of 1,25-Dihydroxyvitamin D3 and Intestinal Calcium Transport and Calbindin D9k Levels
全件表示
所属学会 (9件):
日本栄養改善学会 ,  日本フードファクター学会 ,  米国骨代謝学会 ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本ビタミン学会 ,  日本薬学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る