研究者
J-GLOBAL ID:200901071062557306   更新日: 2020年09月18日

池田 賢二

イケダ ケンジ | Ikeda Kenji
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 医療薬学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (4件): 胎盤薬物透過 ,  薬剤耐性 ,  Placental Barrier ,  Trophoblast
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 iPS細胞由来薬物胎盤透過性評価モデルによる包括的医薬品胎盤透過性比較評価
  • 2014 - 2018 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた胎盤薬物透過性評価系の構築に関する研究
  • 2011 - 2014 至適分化させたヒト絨毛癌細胞株JEG3層による包括的胎盤薬物透過指標の確立
  • 2007 - 2012 Differentiation Patterns in JEG-3 Human Choriocarcinoma Cells Based on Paracellular Permeability
  • 2007 - 2011 ヒト絨毛癌細胞株を用いた分化能と物質透過能の関連性に関する研究
全件表示
論文 (1件):
  • Yoshihiko Hirotani, Ryuji Kato, Ayaka Doi, Yoshio Ijiri, Kenji Ikeda, Kazuhiko Tanaka, Michiaki Myotoku. Effects of Gosha-jinki-gan (Chinese herbal medicine: Niu-Che-Sen-Qi-Wan) on hyperinsulinemia induced in rats fed a sucrose-rich diet. drug discoveries & therapeutics. 2016. 5. 4. 181-184
MISC (36件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • Effect of pH Gradient on Valproic acid Transport across Trophoblasts Using the High-throuput Method with Differentiating Human Choriocarcinoma JEG-3 Cells.
    (11th International Congress of TDM & Clinical Toxicology, Montreal, Ther Drug Monit 31(5), p637 (Abstract No. 117, #414) 2009)
  • Evaluation of the high-throuput method for the quantification of trophoblast drug transport with differentiating human choriocarcinoma JEG-3 cells.
    (ISSX 3rd Asian Pacific Regional Meeting, p64 (Abstract No. 104). 2009)
学歴 (1件):
  • - 1994 大阪大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2020/09 - 現在 国際医療福祉大学成田病院 薬剤部 准教授
  • 2020/03 - 現在 国際医療福祉大学成田病院 薬剤部 副部長
受賞 (1件):
  • 2009 - Best Poster Prize in Clinical Toxicology, 11th International Congress of TDM & Clinical Toxicology, Montreal.
所属学会 (5件):
日本薬学会 ,  日本先天異常学会 ,  日本医療薬学会 ,  国際TDM学会 ,  日本TDM学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る