研究者
J-GLOBAL ID:200901071223064046   更新日: 2021年05月18日

谷口 真人

タニグチ マコト | Taniguchi Makoto
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://archives.chikyu.ac.jp/archives/AnnualReport/Viewer.do?prkbn=R&jekbn=E&id=62http://www.chikyu.ac.jp/wefn/english/index.html
研究分野 (5件): 循環型社会システム ,  環境影響評価 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析 ,  地理学
研究キーワード (6件): 地下温暖化 ,  海底地下水湧出 ,  水・エネルギー・食料ネクサス ,  地球環境学 ,  地下水学 ,  水文学
競争的資金等の研究課題 (76件):
  • 2019 - 2022 都市域地下熱環境の持続性評価に向けた地下温暖化の実態解明と定量評価
  • 2017 - 2021 河川水・地下水を介した陸海相互作用の包括評価:モンスーンアジアと乾燥地域の比較
  • 2018 - 2021 「健全な未来都市への知的デザイン:持続可能なグリーン都市に向けた食料・水・エネルギーネクサスアプローチ(METABOLIC)」
  • 2017 - 2020 「河川水・地下水を介した陸海相互作用の包括評価:モンスーンアジアと乾燥地域の比較」
  • 2017 - 2019 地球システムのティッピングポイントにおける土地利用と水との大気テレコネクション
全件表示
論文 (249件):
もっと見る
MISC (147件):
もっと見る
書籍 (80件):
  • 水環境の事典
    朝倉書店 2021
  • ビオシティ 84号 特集号 富士山から持続可能な未来へ-自然・社会・文化・まちのネクサス
    ビオシティ 2020 ISBN:9784907083625
  • Climate-change adaptation and groundwater
    Association of Hydrogeologists, Strategic Overview Series 2020
  • 「地下水・湧水の疑問」
    日本地下水学会編、成山堂書店 2020
  • 巨大地震が地下水環境に与えた影響 : 2016熊本地震から何を学ぶか
    成文堂 2020 ISBN:9784792392765
もっと見る
講演・口頭発表等 (328件):
  • コロナ禍と水・エネルギー・食料研究の新たな課題
    (日本学術会議公開シンポジウム「コロナ禍が加速する持続可能な社会の実現に向けた地球環境変化の人間的側面研究の推進」 2021)
  • Hydro-power Generation as Energy-Water-Land Interactions from Historical Perspective.
    (American Geophysical Union Fall meeting 2020)
  • Analysis of transboundary water flows linking physical water supply and virtual water trade through water-food-trade nexus approach
    (American Geophysical Union Fall meeting(iPoster) 2020)
  • Nexus approach of water-energy-food-land interactions for multi-scale sustainability
    (American Geophysical Union Fall meeting (iPoster) 2020)
  • SDGsと地理学
    (立命館地理学 2020)
もっと見る
Works (2件):
  • Submarine Groundwater Discharge
    1998 - 2001
  • Sino-Japanese Cooperational Program on the Atmosphere-Land Surface Processes Experiments
    1991 -
学歴 (2件):
  • 1982 - 1987 筑波大学 地理学・水文学専攻
  • 1978 - 1982 筑波大学 自然学類
学位 (1件):
  • 理学博士 (筑波大学)
経歴 (8件):
  • 2015/06 - 現在 総合地球環境学研究所 副所長
  • 2008 - 現在 総合地球環境学研究所 教授
  • 2003 - 2008 総合地球環境学研究所 助教授
  • 2000 - 2003 奈良教育大学 教授
  • 1993 - 2000 奈良教育大学 助教授
全件表示
委員歴 (27件):
  • 2016 - 現在 IAH: International Association of Hydrogeologists Vice President
  • 2017/10 - 2023/09 日本学術会議 連携会員
  • 2015/05 - 2019/05 日本地下水学会 代表理事 (会長)
  • 2011/05 - 2019/05 日本地下水学会 理事
  • 2010 - 2013 日本水文科学会 常任委員会委員長
全件表示
受賞 (3件):
  • 2021/05 - 公益社団法人・日本地下水学会 学会賞
  • 2005 - 日本陸水学会賞(吉村賞)
  • 1987 - 日本地理学会研究奨励賞
所属学会 (10件):
応用地質学会 ,  International Association of Hydrogeologists ,  水文・水資源学会 ,  日本陸水学会 ,  日本地理学会 ,  日本雪氷学会 ,  日本地下水学会 ,  日本水文科学会 ,  International Association of Hydrological Science ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る