研究者
J-GLOBAL ID:200901071290829219   更新日: 2021年10月20日

宮下 武憲

ミヤシタ タケノリ | Miyashita Takenori
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.kms.ac.jp/~jibika/index.html
研究分野 (1件): 耳鼻咽喉科学
研究キーワード (14件): イオンイメージング ,  パッチクランプ ,  電気生理学 ,  生理学 ,  内耳 ,  耳科学 ,  耳鼻咽喉科学 ,  ion imaging ,  patch-clamp ,  electrophysiology ,  Physiology ,  Inner ear ,  Otology ,  Otolaryngology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1998 - 内耳におけるイオン輸送
  • 1998 - Ion transport in the inner ear
  • 1998 - 内耳におけるイオン輸送
  • 1998 - Ion transport in the inner ear
  • 内耳におけるイオン輸送に関する研究(パッチクランプ法、イオンイメージング法、共焦点レーザー顕微鏡を用いて)
全件表示
論文 (17件):
  • Shinichi Iwasaki, Hideo Shojaku, Takuya Kawahara, Susumu Shindo, Takenori Miyashita, Mitsuhiro Aoki, Masahito Tsubota, Noriaki Takeda. Estimated prevalence and characteristics of bilateral vestibulopathy diagnosed in Japan: A nationwide survey. Auris, nasus, larynx. 2021
  • Takehito Kishino, Nobuya Monden, Naoki Akisada, Yuji Hayashi, Masataka Nakamura, Kaori Hashimoto, Takenori Miyashita, Terushige Mori, Hiroshi Hoshikawa. Comparison of the accuracy of clinical prediction of survival and palliative prognostic index for patients with head and neck squamous cell carcinoma in the end-of-life setting. Auris, nasus, larynx. 2021
  • Yusuke Ushio, Risa Wakiya, Mikiya Kato, Tomohiro Kameda, Shusaku Nakashima, Hiromi Shimada, Mai Mahmoud Fahmy Mansour, Koichi Sugihara, Takenori Miyashita, Norimitsu Kadowaki, et al. Two cases of refractory eosinophilic granulomatosis with polyangiitis wherein mepolizumab was effective against pulmonary and ear lesions. Modern rheumatology case reports. 2021. 5. 2. 327-332
  • Satoshi Takahashi, Takenori Miyashita, Ryuhei Inamoto, Yohei Ouchi, Shinjiro Fukuda, Izumi Koizuka, Hiroshi Hoshikawa. Temporal Adjusters Can Reduce Pain During the Video Head Impulse Test for Patients With Mongoloid Facial Features, Without Increasing the Slippage-Induced Artifacts. The journal of international advanced otology. 2021. 17. 4. 343-347
  • Takehito Kishino, Terushige Mori, Takenori Miyashita, Yohei Ouchi, Yasushi Samukawa, Takashi Fukumura, Satoshi Takahashi, Nobuya Monden, Naoki Akisada, Yuji Hayashi, et al. The Utility of Glasgow Prognostic Score and Palliative Prognostic Index in Patients With Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Under Palliative Care. Ear, nose, & throat journal. 2021. 1455613211005114-1455613211005114
もっと見る
MISC (144件):
特許 (1件):
書籍 (7件):
  • 前庭神経炎診療ガイドライン
    金原出版 2021 ISBN:9784307371308
  • ENTONI エキスパートから学ぶめまい診療<増大号>
    全日本病院出版 2020
  • メニエール病・遅発性内リンパ水腫診療ガイドライン
    金原出版 2020 ISBN:9784307371261
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科Q&A 日常診療の疑問を解決
    中外医学社 2013
  • ENTONI・特集ここまでわかる耳鼻咽喉科MRI
    全日本病院出版会 2010 ISBN:4881173944
もっと見る
講演・口頭発表等 (245件):
  • 内視鏡下耳科手術を行った二次性真珠腫症例の検討
    (第29回日本耳学会 2019)
  • vHITを用いたシスプラチンによる半規管機能障害の検討
    (第78回日本めまい平衡医学会総会 2019)
  • 耳鼻咽喉科専門医を目指す若手のためのハンズオンセミナー ~香川県における新たな取り組み~
    (第45回中国四国地方部会連合学会 2019)
  • Ion homeostasis in endolymphatic sac and Meniere's disease
    (International Congress of ORL-HNS 2019 2019)
  • QOL、治療成績の向上に寄与する低侵襲耳科手術の取り組み
    (第112回日本耳鼻咽喉科学会香川県地方部会 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • 内耳におけるイオン輸送
    1998 -
  • 内耳におけるイオン輸送
    1998 -
学位 (1件):
  • 博士(医学) (香川医科大学)
経歴 (1件):
  • 2015/07 - 現在 香川大学医学部 耳鼻咽喉科学 准教授
所属学会 (13件):
the Association for Research in Otolaryngology ,  日本聴覚医学会 ,  日本耳科学会 ,  日本めまい平衡医学会 ,  日本生理学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会 ,  日本耳鼻咽喉科臨床学会 ,  Japan Otological Society ,  Otological Society of Japan ,  Japan Society for Equilibrium Research ,  Physiological Society of Japan ,  Otorhinolaryngological Society of Japan ,  Society of Practical Otolaryngology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る