研究者
J-GLOBAL ID:200901071507527445   更新日: 2020年08月30日

西山 由弘

ニシヤマ ヨシヒロ | Nishiyama Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 数理物理、物性基礎
研究キーワード (2件): 相転移 多体問題 ,  相転移 多体問題
MISC (40件):
  • Yoshihiro Nishiyama. Duality-mediated critical amplitude ratios for the (2+1)-dimensional S=1 XY model. EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL B. 2017. 90. 9. 393-396
  • Yoshihiro Nishiyama. Hierarchy of the low-lying excitations for the (2+1)-dimensional q=3 Potts model in the ordered phase. NUCLEAR PHYSICS B. 2017. 916. 28-36
  • Yoshihiro Nishiyama. Magnon-bound-state hierarchy for the two-dimensional transverse-field Ising model in the ordered phase. PHYSICA A-STATISTICAL MECHANICS AND ITS APPLICATIONS. 2016. 463. 303-309
  • Yoshihiro Nishiyama. Universal scaled Higgs-mass gap for the bilayer Heisenberg model in the ordered phase. EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL B. 2016. 89. 2. 1-5
  • Yoshihiro Nishiyama. Universal critical behavior of the two-magnon-bound-state mass gap for the (2+1)-dimensional Ising model. PHYSICA A-STATISTICAL MECHANICS AND ITS APPLICATIONS. 2014. 413. 577-582
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • (d,m)=(3,2)型リフシッツ点の臨界性:2+1次元gonihedric模型
    (日本物理学会第62回年次大会 2007)
  • d=5イジング模型の有限サイズスケーリング:ハイパースケーリングの破れの影響
    (日本物理学会2007年春季大会 2007)
  • 繰り込み固定点付近での有限サイズスケーリング補正の軽減
    (日本ん物理学会 2006年秋季大会 2006)
  • 三次元ボンドパーコレーションの転送行列の構成と応用
    (日本物理学会第61回年次大会 2006)
  • DMRGの三角格子の折りたたみ問題への応用としわくちゃ転移の解析II
    (日本物理学会2005年秋季大会 2005)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る