研究者
J-GLOBAL ID:200901071581864631   更新日: 2020年10月03日

大田 寛

オオタ ヒロシ | Ohta Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50431333.ja.html
研究分野 (1件): 獣医学
研究キーワード (7件): 消化器型リンパ腫 ,  細胞接着 ,  免疫 ,  サイトカイン ,  炎症性腸疾患 ,  消化器 ,  犬
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2023 次世代シークエンシングを用いた犬種特異的な炎症性腸疾患の原因遺伝子の探索
  • 2017 - 2020 犬の消化管上皮細胞の新規培養技術の確立と各種消化管疾患ライブラリーの構築
  • 2018 - 2019 犬種特異的な炎症性腸疾患の病態解明:疾患感受性遺伝子の同定へのアプローチ
  • 2014 - 2017 犬の炎症性結直腸ポリープの病態解析:Toll様受容体の機能異常と免疫寛容の破綻
  • 2011 - 2014 犬の炎症性腸疾患の病態解明:粘膜バリアとサイトカインバランスの観点から
全件表示
論文 (93件):
  • Noriyuki Nagata, Hiroshi Ohta, Arisa Yamada, Yong Bin Teoh, Osamu Ichii, Keitaro Morishita, Noboru Sasaki, Mitsuyoshi Takiguchi. Activities of matrix metalloproteinase-2, matrix metalloproteinase-9, and serine proteases in samples of the colorectal mucosa of Miniature Dachshunds with inflammatory colorectal polyps. American journal of veterinary research. 2020. 81. 7. 572-580
  • Hiroshi Ohta, Jumpei Yamazaki, Jaroslav Jelinek, Teita Ishizaki, Yumiko Kagawa, Nozomu Yokoyama, Noriyuki Nagata, Noboru Sasaki, Mitsuyoshi Takiguchi. Genome-wide DNA methylation analysis in canine gastrointestinal lymphoma. The Journal of veterinary medical science. 2020. 82. 5. 632-638
  • Noriyuki Nagata, Hiroshi Ohta, Nozomu Yokoyama, Yong Bin Teoh, Khoirun Nisa, Noboru Sasaki, Tatsuyuki Osuga, Keitaro Morishita, Mitsuyoshi Takiguchi. Clinical characteristics of dogs with food-responsive protein-losing enteropathy. Journal of veterinary internal medicine. 2020. 34. 2. 659-668
  • Hiroshi OHTA, Yu TAMURA, Nozomu YOKOYAMA, Noriyuki NAGATA, Tatsuyuki OSUGA, Noboru SASAKI, Yumiko KAGAWA, Keitaro MORISHITA, Mitsuyoshi TAKIGUCHI. Gene expression of leucine-rich alpha-2 glycoprotein in the polypoid lesion of inflammatory colorectal polyps in miniature dachshunds. Journal of Veterinary Medical Science. 2020
  • Rommaneeya Leela-Arporn, Hiroshi Ohta, Genya Shimbo, Kiwamu Hanazono, Tatsuyuki Osuga, Keitaro Morishita, Noboru Sasaki, Mitsuyoshi Takiguchi. Computed tomographic features for differentiating benign from malignant liver lesions in dogs. The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 12. 1697-1704
もっと見る
MISC (261件):
  • 田村 昌大, 大田 寛, 大菅 辰幸, 新坊 弦也, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 賀川 由美子, 滝口 満喜. Two-dimensional shear wave elastographyによる非侵襲的な犬の肝線維化診断. 日本獣医麻酔外科学雑誌. 2019. 50. Suppl.2. 315-315
  • 新井田 篤, 大田 寛, 笹岡 一慶, 細谷 謙次, 市居 修, 賀川 由美子, 大菅 辰幸, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 滝口 満喜. 詳細な病理学的解析に基づいて治療方針を決定した免疫複合体性糸球体腎炎の犬の1例. 北海道獣医師会雑誌. 2019. 63. 8. 336-336
  • 細田 千尋, 森下 啓太郎, 山崎 淳平, 高田 健介, 細谷 謙次, 金 尚昊, 佐々木 東, 大田 寛, 滝口 満喜. 過去3年間の輸血後副反応に関する回顧的研究. 北海道獣医師会雑誌. 2019. 63. 8. 337-337
  • 坂本 暁彦, 大田 寛, 杉浦 岳, 康井 翔平, 大菅 辰幸, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 滝口 満喜. 経皮的ドレナージで良好に経過した胃排出障害を伴う膵仮性嚢胞の犬の1例. 北海道獣医師会雑誌. 2019. 63. 8. 341-341
  • 上條 太貴, 大田 寛, 賀川 由美子, 大菅 辰幸, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 滝口 満喜. 肝皮症候群を疑い血漿アミノ酸解析を行った肝硬変の犬の1例. 北海道獣医師会雑誌. 2019. 63. 8. 341-341
もっと見る
書籍 (5件):
  • 犬と猫における細胞診の兵法
    ファームプレス 2020
  • 犬と猫の検査・手技ガイド 2019:私はこう読む
    インターズー 2019
  • 猫の診療指針 Part 2
    緑書房 2018
  • 犬と猫の緊急医療プラクティス Vol.2
    緑書房 2017
  • 小動物の実践歯科学
    緑書房 2013
講演・口頭発表等 (18件):
  • 消化器カンファレンス
    (第16回日本獣医内科学アカデミー 2020)
  • 膵炎および合併症の治療法
    (第16回日本獣医内科学アカデミー 2020)
  • 膵炎の診断
    (第16回日本獣医内科学アカデミー 2020)
  • クリニカルシンポジウム:嚥下トラブル110番 咽頭機能不全
    (第40回動物臨床医学記念年次大会 2019)
  • 炎症性腸疾患の分子病態:IBD以外の慢性腸炎の病態解析
    (第15回日本獣医内科学アカデミー 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 伴侶動物内科学 准教授
  • 2014/09 - 2020/03 北海道大学大学院獣医学研究科 獣医内科学教室 講師
  • 2007/04 - 2014/08 北海道大学大学院獣医学研究科 獣医内科学教室 助教
  • 2006/11 - 2007/03 北海道大学大学院獣医学研究科 獣医内科学教室 助手
  • 2006/04 - 2006/10 北海道大学大学院獣医学研究科 附属動物病院 勤務獣医師
受賞 (4件):
  • 2020/09 - 日本獣医学会 Good Reviewer賞(2019)
  • 2017/09 - 北海道獣医師会 北海道獣医師大会 地区学会長賞 犬の蛋白漏出性腸症の予後因子解析:超音波検査所見の有用性の検討
  • 2013/09 - 北海道獣医師大会 地区学会長賞 プレドニゾロンを主とする免疫抑制療法実施症例における犬膵特異的リパーゼの推移
  • 2007/08 - 北海道獣医師会 北海道獣医師会雑誌 優秀論文賞 潜在性二分脊椎症による尿失禁および便失禁を呈したフレンチブルドックの1例
所属学会 (6件):
日本小動物内視鏡推進連絡会推進委員 ,  アジア獣医内科学専門医協会(AiCVIM)専門医(小動物) ,  獣医神経病学会 評議委員 ,  日本獣医学会 評議委員 ,  日本獣医画像診断学会 ,  動物臨床医学研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る