研究者
J-GLOBAL ID:200901071811398163   更新日: 2022年05月18日

青木 英孝

アオキ ヒデタカ | Aoki Hidetaka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 経営学
研究キーワード (3件): グループ経営 ,  企業不祥事 ,  コーポレート・ガバナンス
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2021 企業統治の質と企業不祥事の定量分析:有効なマッチングとガバナンス間の補完性
  • 2014 - 2017 取締役会改革と企業不祥事の相互作用:執行役員制と社外取締役に関する実証分析
  • 2010 - 2015 多様化する日本の企業統治の再設計と経営戦略:特性・パフォーマンスの解明と国際発信
  • 2007 - 2011 コーポレート・ガバナンスと企業変革のメカニズム
  • 2007 - 2010 変貌する日本企業の統治構造とパフォーマンス:企業組織・所有構造・市場競争と補完性
論文 (23件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • 日本企業の戦略とガバナンス-「選択と集中」による多角化の実証分析-
    中央経済社 2017
  • 企業統治と成長戦略
    東洋経済新報社 2017
  • リーマンショック後の企業経営と経営学(経営学論集82集)
    千倉書房 2012
  • 日本の企業統治:その再設計と競争力の回復に向けて
    東洋経済新報社 2011
  • 企業統治分析のフロンティア
    日本評論社 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • 経営者インセンティブの強化は会計不正を誘発するのか?
    (国際戦略経営研究学会,第13回年次大会・研究発表大会 2020)
  • 社外役員の特性と監視の有効性-会計不正の定量分析-
    (国際戦略経営研究学会,第12回年次大会・研究発表大会,文教大学 2019)
  • 社外取締役と社外監査役は会計不正を防止できるか?
    (日本経営学会,第93回大会,関西大学 2019)
  • グループ企業のガバナンス-アンケート・データによる分析-
    (組織学会,2019年度研究発表大会,駒澤大学(6月2日) 2019)
  • グループ・ガバナンスの経済分析
    (経営戦略学会,第19回研究発表大会,法政大学 2019)
もっと見る
Works (21件):
  • コーポレート・ガバナンスは経営戦略に影響する
    青木英孝 2017 -
  • ガバナンス改革は企業不祥事を抑制するのか?
    2016 -
  • 企業のガバナンス構造が経営戦略の変更に与える影響-多角化戦略の分析-
    2016 -
  • 統一論題シンポジウム「株式会社の本質を問う-21世紀の企業像」
    2015 - 2015
  • 事業ユニットに対する権限委譲とモニタリング
    2013 -
もっと見る
学歴 (6件):
  • 1998 - 2002 早稲田大学
  • 1998 - 2002 早稲田大学
  • 1996 - 1998 早稲田大学
  • 1996 - 1998 早稲田大学
  • 1992 - 1996 早稲田大学
全件表示
学位 (2件):
  • 修士(商学) (早稲田大学)
  • 博士(商学) (早稲田大学)
経歴 (29件):
  • 2019/11 - 中央大学総合政策学部長
  • 2017/09/21 - 2018/03/31 上智大学 経済学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2018/03/31 中央大学 ビジネススクール 兼担教員
  • 2017/04 - 中央大学 総合政策学部 教授
  • 2016/09/21 - 2017/03/31 上智大学 経済学部 非常勤講師
全件表示
受賞 (2件):
  • 2016/03/08 - 中央大学 中央大学学術研究奨励賞
  • 2015/09 - 日本経営学会 平成26年度 日本経営学会賞(論文部門) 企業のガバナンス構造が経営戦略の変更に与える影響-多角化戦略の分析-
所属学会 (9件):
日本経営学会 ,  組織学会 ,  パーソナルファイナンス学会 ,  経営行動研究学会 ,  経営行動研究学会 ,  経営戦略学会 ,  企業経済研究会 ,  Academy of Management ,  国際戦略経営研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る