研究者
J-GLOBAL ID:200901071849453869   更新日: 2020年12月26日

太屋岡 篤憲

タヤオカ アツノリ | Tayaoka Atsunori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.kct.ac.jp
研究分野 (2件): 制御、システム工学 ,  環境材料、リサイクル技術
研究キーワード (11件): 都市鉱山 ,  廃プリント電子基板 ,  人工知能 ,  廃蛍光管 ,  リサイクル ,  システム同定 ,  プロセス制御 ,  System Identification ,  Process Control ,  Man-Machine ,  Air Classifier
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2015 風力選別機の選別状況モニタリングのための未知粒子判定システム
  • 2010 - 2013 粒子衝突音の周波数特性を用いた高効率風力選別システム
  • 2004 - 2010 Automatic control of coal separator
論文 (6件):
  • 寺田望海, 大矢仁史, 小森裕司, 太屋岡 篤憲. Development of urban mine recycling technology by mechanical learning. Proceedings of the 13th International Symposium on East Asian Resources Recycling Technology. 2019
  • 太屋岡篤憲, 太屋岡恵里子, 平島剛, 笹木圭子. Image Processing System for Air Classification Using Linear Discriminant Analysis. Journal of Computational Water, Energy, and Environmental Engineering. 2017. 6. 192-204
  • 太屋岡篤憲, 太屋岡恵里子, 平島剛, 笹木圭子. 信号処理と判別分析法を用いた 廃蛍光管の分類. 資源・素材学会論文誌. 2016. 132. 3. 53-58
  • 太屋岡篤憲, 平島剛, 笹木圭子. 廃蛍光管からのレアアースの回収. Proceedings of International Symposium on Earth Science and Technology 2011 (CINEST2011). 2011. 587-590
  • 太屋岡篤憲, 平島剛, 笹木圭子. AEセンサを用いた風力選別機の同定. Proceedings of International Symposium on Earth Science and Technology 2010 (CINEST2010). 2010. 189-192
もっと見る
MISC (3件):
  • Development of image processing system for air classification. Proceeding of The 12th International Symposium on East Asian Resources Recycling Technology. 2013
  • APPLICATION OF SELF-LEARNING PROPORTION-INTEGRAL FUZZY CONTROL TO JIG SEPARATOR IN THE OMBILIN COAL MINE, INDONESIA. Proceeding of 2005 International Conference on Coal Science and Technology. 2005. CD-ROM, 3P206
  • APPLICATION OF SELF-LEARNING PROPORTION-INTEGRAL FUZZY CONTROL TO JIG SEPARATOR IN THE OMBILIN COAL MINE, INDONESIA. Proceeding of 2005 International Conference on Coal Science and Technology. 2005. CD-ROM, 3P206
講演・口頭発表等 (9件):
  • 選別装置への画像処理、AI(ディープラーニング)の適用
    (日本粉体工業技術協会 リサイクル分科会 2020)
  • 機械学習による都市鉱山リサイクル技術の開発
    (「第25回 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会」 2019)
  • 廃電子回路基板リサイクルへのディープラーニングの応用
    (平成30年度資源・素材学会春季大会 2019)
  • 導電性を有する廃蛍光管の分類
    (平成27年度資源・素材学会秋季大会 2015)
  • AEセンサを用いた 廃蛍光管の分類
    (平成27年度資源・素材学会春季大会 2015)
もっと見る
Works (2件):
  • 選炭ジグの高効率化
    2004 -
  • Automatic control of JIG separator
    2004 -
学歴 (3件):
  • - 現在 九州大学大学院 地球資源システム工学専攻
  • - 1988 九州工業大学 制御工学専攻
  • - 1986 九州工業大学 制御工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学大学院工学府)
所属学会 (4件):
資源・素材学会 ,  計測自動制御学会 ,  The Mining and Material Processing Institute of Japan ,  The Society of Instrument and Control Engineers
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る