研究者
J-GLOBAL ID:200901071872686684   更新日: 2020年09月24日

戸谷 裕之

トタニ ヒロユキ | Totani Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (8件):
全件表示
研究分野 (1件): 公共経済、労働経済
論文 (23件):
  • 地方法人課税の現状と課題-地方分権と税源偏在の狭間で. 都市問題. 2016. 107. 4. 54-61
  • 義務教育と公立高校の財政的自由度-基準財政需要額と決算額の対比分析から-. 地方財政. 2006. 45. 6. 192-202
  • 教育行政に関する国と地方の財政負担. 社会政策研究. 2006. 6. 79-96
  • 都市経済と地方財政の自立. TOMORROW(あまがさき未来協会). 2002. 16. 2. 35-41
  • 尼崎市における税構造の現状と課題. TOMORROW(あまがさき未来協会). 2001. 15. 3-4. 25-29
もっと見る
MISC (9件):
  • 地方法人二税の経緯と今後の課題. 関西学院大学産研論集. 2010. 37. 17-26
  • 平成18年度第46回地方財政東西合同研究会報告. 地方財政. 2006. 45. 12. 162-170
  • 消費税は政権の地雷か-税制論議の落とし穴-. 国際労働研究. 2006. 61. 4. 4-5
  • 需要額対比指数における財政健全度の逆転. 大阪産業大学経済論集. 2004. 5. 2. 55-64
  • 地方交付税の実証分析. 大阪産業大学経済論集. 2003. 4. 2. 105-119
もっと見る
書籍 (13件):
  • 東アジアの社会保障-日本・韓国・台湾の現状と課題-
    ナカニシヤ出版 2009
  • 世界はこうして財政を立て直した
    PHP 2001
  • 地方税の理論と課題
    税務経理協会 1995
  • 新修大阪市史 第9巻
    新修大阪市史編纂委員会 1995
  • 日本型企業課税の分析と改革
    (株)中央経済社 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 固定資産税(償却資産)の現状・沿革・課題
    (地方分権に関する基本問題研究会 2012)
  • 抜本的税制改革と地方税
    (日本租税研究協会 2011)
  • 固定資産税と企業課税-シャウプ勧告における償却資産課税と資産再評価-
    (日本租税研究協会、地方税研究会 2010)
  • 固定資産税と企業課税-シヤウプ勧告における償却資産課税と資産再評価-(報告)
    (租税研究協会主催 地方税研究会 2010)
  • 地方法人2税の創設から最近の課題まで
    (日本租税研究協会、地方税研究会 2009)
もっと見る
Works (1件):
  • 洛西ニュータウンが市行財政に及ぼした影響と今後の動向に関する調査
    1984 -
学歴 (2件):
  • - 1994 関西学院大学 財政学
  • - 1981 関西学院大学 経済学
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (関西学院大学)
所属学会 (4件):
日本財政学会 ,  日本経済学会 ,  国際公共経済学会 ,  日本地方財政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る