研究者
J-GLOBAL ID:200901072140853614   更新日: 2020年09月01日

緒方 篤

オガタ アツシ | Ogata Atsushi
所属機関・部署:
職名: 副院長、部長
研究分野 (2件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (7件): インターロイキン-6 ,  チロシンキナーゼ阻害剤 ,  増殖因子 ,  滑膜細胞 ,  関節リウマチ ,  interleukin-6 ,  Multiple myeloma
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2003 - 関節リウマチ滑膜細胞増殖メカニズムについて
  • 2003 - 関節リウマチにおけるCOX-2 の意義
  • - 2002 インターロイキン6の臨床的意義に関する研究
  • 〈BLANK〉
  • Stud on clinical significance of interleukin-6
全件表示
論文 (61件):
もっと見る
MISC (98件):
  • Toshihiro Kishikawa, Yuichi Maeda, Takuro Nii, Daisuke Motooka, Yuki Matsumoto, Masato Matsushita, Hidetoshi Matsuoka, Maiko Yoshimura, Shoji Kawada, Satoru Teshigawara, et al. Metagenome-wide association study of gut microbiome revealed novel aetiology of rheumatoid arthritis in the Japanese population. Annals of the rheumatic diseases. 2020. 79. 1. 103-111
  • Mark C. Genovese, Atsushi Ogata, Akira Nomura, Min Bao, Elena Hitraya, Stuart Lacey, Gerd R. Burmester. IMMUNOGENICITY OF SUBCUTANEOUS AND INTRAVENOUS TOCILIZUMAB AS MONOTHERAPY OR IN COMBINATION WITH DISEASE-MODIFYING ANTI-RHEUMATIC DRUGS IN RHEUMATOID ARTHRITIS. RHEUMATOLOGY. 2016. 55. 92-93
  • Mark C. Genovese, Atsushi Ogata, Akira Nomura, Min Bao, Elena Hitraya, Stuart Lacey, Gerd Burmester. Immunogenicity of Subcutaneous and Intravenous Tocilizumab As Monotherapy or in Combination with Dmards. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015. 67
  • Y. Takahashi, M. Fujimoto, S. Serada, A. Ogata, T. Nanki, K. Hattori, T. Takeuchi, T. Naka. LEUCINE-RICH ALPHA-2 GLYCOPROTEIN (LRG) AS A POTENTIAL DISEASE ACTIVITY MARKER DURING IL-6 BLOCKADE IN AUTOIMMUNE ARTHRITIS. ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2015. 74. 1062-1062
  • Y. Yoshida, A. Ogata, T. Tomita, S. Kang, T. Hirano, Y. Shima, M. Narazaki, T. Tanaka, A. Kumanogoh. INCREASED SOLUBLE SEMAPHORIN 4D IN RHEUMATOID ARTHRITIS. ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2014. 73. 854-855
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2016 - 現在 大阪大学医学部 臨床教授
  • 2015 - 現在 NTT西日本大阪病院 アレルギーリウマチ膠原病内科 副院長、部長
  • 2015 - 現在 大阪大学医学部呼吸器免疫アレルギー内科 招聘教授
  • 2014 - 2015 大阪大学医学部呼吸器免疫アレルギー内科 准教授
  • 2012 - 2014 大阪大学医学部呼吸器免疫アレルギー内科 講師
全件表示
所属学会 (7件):
日本アレルギー学会 ,  日本炎症再生医学会 ,  日本臨床リウマチ学会 ,  日本免疫学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る