研究者
J-GLOBAL ID:200901072363164551   更新日: 2021年05月28日

北崎 充晃

キタザキ ミチテル | Kitazaki Michiteru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://real.cs.tut.ac.jp/
研究分野 (3件): 感性情報学 ,  ソフトコンピューティング ,  実験心理学
研究キーワード (18件): 包括脳ネットワーク ,  事象関連電位(ERP) ,  VR ,  実験心理学 ,  運動視 ,  両眼立体視 ,  運動知覚 ,  前庭電気刺激 ,  注意 ,  長期順応 ,  心理物理実験 ,  頭部運動 ,  身体運動 ,  ベクション ,  オプティカルフロー ,  姿勢制御 ,  知覚心理学 ,  自己運動知覚
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2020 - 2024 身体編集を用いた身体性感覚獲得過程の解明とモデル化
  • 2017 - 2023 稲見自在化身体プロジェクト
  • 2018 - 2022 身体逆投射と記憶生成のためのバーチャルリアリティの基礎構造の解明
  • 2015 - 2019 身体共役系に基づく身体像拡張の機序解明とモデル化
  • 2017 - 2018 モナリザの謎:二次元画像からの三次元物体の知覚
全件表示
論文 (96件):
  • Matsuda, Y, Sugimoto, M, Inami, M, Kitazaki, M. Peripersonal space in the front, rear, left and right directions for audio-tactile multisensory integration. Scientific Reports. 2021. 11. 11303. 1-10
  • Matsuda, Y, Nakamura, J, Amemiya, T, Ikei, Y, Kitazaki, M. Enhancing Virtual Walking Sensation using Self-Avatar in First-person Perspective and Foot Vibrations. Frontiers in Virtual Reality. 2021. 2. 654088. 1-11
  • 加藤優貴, 長町和弥, 杉本麻樹, 稲見昌彦, 北崎充晃. VRChatにおける疑似身体接触が好感度とコミュニケーション難易度に及ぼす効果に関する調査研究. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. 2021. 26. 1. 22-31
  • Miura, R, Kasahara,S, Kitazaki, M, Verhulst, A, Inami, M, Sugimoto, M. MultiSoma: Distributed Embodiment with Synchronized Behavior and Perception. Augmented Humans 2021. 2021
  • Takizawa, R, Hagiwara, T, Verhulst, A, Fukuoka, M, Kitazaki, M, Sugimoto, M. Dynamic Shared Limbs: An Adaptive Shared Body Control Method Using EMG Sensors. Augmented Humans 2021. 2021
もっと見る
MISC (21件):
  • 坂本 修一, 松宮 一道, 茅原 拓朗, 繁桝 博昭, 北崎 充晃. 「VR心理学8」特集号刊行にあたって. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. 2021. 26. 1. 1-1
  • 北崎充晃. JST-ERATO 稲見自在化身体プロジェクト:「身体観のアップデート」のために. 基礎心理学研究. 2020. 38. 2. 261-263
  • 北崎充晃. バーチャルリアリティの広がり 特集にあたって. 心理学ワールド. 2020. 88. 4-4
  • 北崎充晃. VR・ARのリアリティ 〜こころとからだ〜. 映像情報メディア学会誌. 2020. 74. 2. 308-313
  • 北崎充晃, 繁桝博昭, 棚橋重仁, 吉田成朗. 「VR心理学7」特集号刊行にあたって. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. 2019. 24. 1. 1-1
もっと見る
書籍 (21件):
  • 有斐閣 現代心理学辞典
    有斐閣 2021 ISBN:9784641002661
  • 自在化身体論 超感覚・超身体・変身・分身・合体が織りなす人類の未来
    NTS 2021 ISBN:9784860436858
  • 美しさと魅力の心理学
    ミネルヴァ書房 2019
  • 基礎心理学実験法ハンドブック
    2018 ISBN:9784254520231
  • Emotional Engineering Volume 4
    Springer 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (293件):
  • Communications in Virtual Environment Improve Interpersonal Impression
    (IEEE Virtual Reality 2021 2021)
  • Virtual Walking Generator from Omnidirectional Video with Ground-dependent Foot Vibrations
    (IEEE Virtual Reality 2021 2021)
  • バーチャルリアリティで変わる身体と心
    (日本心理学会「注意と認知」研究会 2021)
  • 半透明物体の透明度知覚に物体運動が及ぼす効果
    (日本視覚学会2021年度冬季大会 2021)
  • 未来身体のためのEmbodied Reality
    (XR Kaigi 2020)
もっと見る
Works (5件):
  • しっくり感じる名前の秘密!
    渡邊淳司, 北崎充晃, 茅原拓朗, 池田まさみ, 吉田茂朗, 上田祥代, 大崎章弘, 金箱淳一 2020 - 現在
  • 自分の声のトリセツ
    渡邊淳司, 北崎充晃, 茅原拓朗, 池田まさみ, 吉田茂朗, 上田祥代, 大崎章弘, 金箱淳一 2020 - 現在
  • インふぇっくしょん 感染症予防VR
    藤澤覚司, 萩原隆義, 北崎充晃 2018 - 現在
  • 他人のそら似生成機「自分の顔を探せ」
    池田まさみ, 渡邊淳司, 上田祥代, 吉田成朗, 茅原拓朗, 北崎充晃 2015 - 現在
  • Face Homunculus Viewer
    池田まさみ, 渡邊淳司, 上田祥代, 吉田成朗, 茅原拓朗, 北崎充晃 2012 - 現在
学歴 (3件):
  • 1994 - 1997 東京大学大学院 広域科学専攻(博士課程)
  • 1992 - 1994 東京大学大学院 心理学専攻(修士課程)
  • 1988 - 1992 東京大学 心理学専修課程
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2017/01 - 現在 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科情報・知能工学系 教授
  • 2016/04 - 2017/03 内閣府 上席科学技術政策フェロー(非常勤)
  • 2010/04 - 2016/12 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 情報・知能工学系 准教授
  • 2006/04 - 2010/03 豊橋技術科学大学 未来ビークルリサーチセンター 准教授
  • 2003/04 - 2006/03 豊橋技術科学大学 工学部 知識情報工学系 助教授
全件表示
委員歴 (22件):
  • 2018/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会拡張認知インタフェース調査研究委員会 委員長
  • 2018/04 - 現在 日本基礎心理学会 心の実験パッケージ開発委員会 副委員長
  • 2018/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会 論文委員(2回目)
  • 2017/01 - 現在 日本視覚学会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会 広報・出版委員会副委員長
全件表示
受賞 (18件):
  • 2021/02 - Augmented Humans 2021 Best Paper Award MultiSoma: Distributed Embodiment with Synchronized Behavior and Perception
  • 2019/09 - ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2019優秀プレゼンテーション賞
  • 2019/05 - Nature Publishing Scientific Reports Top 100 in Neuroscience Illusory body ownership of an invisible body interpolated between virtual hands and feet via visual-motor synchronicity
  • 2018/12 - SIGGRAPH Asia 2018 Best Virtual Reality & Augmented Reality Award FiveStar VR: Shareable Travel Experience Through Multisensory Stimulation to the Whole Body
  • 2018/12 - 日本基礎心理学会 優秀論文賞 Trained visual art experts make more stable judgments of glossiness
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る