研究者
J-GLOBAL ID:200901072632140249   更新日: 2020年09月01日

松澤 幸一

Matsuzawa Koichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): ナノ材料科学 ,  基礎物理化学 ,  機能物性化学 ,  電子デバイス、電子機器
研究キーワード (1件): 電気化学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2020 真に水素社会に貢献する燃料電池自動車用の革新的な超耐久空気極触媒の創製
  • 2017 - 2018 CO2フリー水素製造のための水電解用革新的酸化物系触媒の開発
  • 2017 - 2018 再生可能エネルギーとの連携に適した高耐久な水電解材料の開発
  • 2016 - 2017 燃料電池の高性能化のための酸化物系材料の反応機構の解明
  • 2008 - 2010 非貴金属化合物を用いた水電解用高機能酸素発生アノード触媒の設計および開発
全件表示
論文 (51件):
  • Akimitsu Ishihara, Takaaki Nagai, Keisuke Ukita, Masazumi Arao, Masashi Matsumoto, Liwei Yu, Takahiro Nakamura, Oki Sekizawa, Yasumasa Takagi, Koichi Matsuzawa, et al. Emergence of Oxygen Reduction Activity in Zirconium Oxide-Based Compounds in Acidic Media: Creation of Active Sites for the Oxygen Reduction Reaction. ARTICLE. 2019. Vil.123. 30. 18150-18159
  • Yoshiyuki Kuroda, Hikaru Igarashi, Takaaki Nagai, Teko W. Napporn, Koichi Matsuzawa, Shigenori Mitsushima, Ken-ichiro Ota, Akimitsu Ishihara. Templated Synthesis of Carbon-Free Mesoporous Magnéli-Phase Titanium Suboxide. Electrocatalysis. 2019. Vol.10. 5. 459-465
  • 蜂谷 敏徳, 松澤 幸一. 電解科学技術委員会の活動. 電気化学. 2019. 87. 0. 72-73
  • Akimitsu Ishihara, Chumeng Wu, Takaaki Nagai, Koji Ohara, Kengo Nakada, Koichi Matsuzawa, Teko Napporn, Masazumi Arao, Yoshiyuki Kuroda, Satoshi Tominaka, et al. Factors affecting oxygen reduction activity of Nb2O5-doped TiO2 using carbon nanotubes as support in acidic solution. Electrochimica Acta. 2018. 283. 1779-1788
  • Kenichiro Ota, Junji Hirata, Takaaki Nagai, Masazumi Arao, Masashi Matsumoto, Yoshiyuki Kuroda, Koichi Matsuzawa, Hideto Imai, Shigenori Mitsushima, Akimitsu Ishihara. Oxygen Reduction Activity of TiO2 Single Crystals in Acidic Media. ECS Trans. 2018. 86. 13. 549-558
もっと見る
MISC (4件):
  • 大城善郎, 横山稔, 相原雅彦, 松澤幸一, 勝呂幸男, 太田健一郎. 瞬間的に捉えたパタゴニアでの風の調査」報告. 調査研究課題報告. 2019. Vol.44. 2. 141
  • 水電解概論. 燃料電池. 2017. 16. 4. 11-16
  • 錦 善則, 松澤 幸一. 電解科学技術委員会の活動. 電気化学および工業物理化学. 2017. 85. 3. 158
  • 松澤 幸一. 今、なぜ水素エネルギーなのか?. スマートグリッド. 2015. 5. 1. 3-7
書籍 (5件):
  • 水素の製造、輸送・貯蔵技術と材料開発 事例集(No.1989)
    技術情報協会 2019 ISBN:9784861047459
  • トコトンやさしい水素の本 第2版 (今日からモノ知りシリーズ)
    日刊工業新聞社 2017
  • Advances in Hydrogen Production, Storage and Distribution
    Woodhead Publishing, Cambridge 2014 ISBN:9780857097682
  • 水素の事典
    朝倉書店 2014 ISBN:9784254140996
  • 次世代のバイオ水素エネルギー
    化学同人 2014 ISBN:9784759813753
講演・口頭発表等 (3件):
  • Prospective of hydrogen energy and its application
    (The 2nd Foreign Technical Training Programme at YNU for Anna University and Government Engineering Colleges of Tamil Nadu 2018)
  • Catalytic Activity of Zirconia on Zirconium for Oxygen Evolution Reaction in Alkaline Solution
    (IUMRS-ICAM 2017 2017)
  • Activity of Zirconia on Zirconium for Oxygen Evolution Reaction in Alkaline Solution
    (WHTC-2017 2017)
学歴 (3件):
  • - 2005 横浜国立大学 機能発現工学専攻
  • - 2001 横浜国立大学 物質工学専攻
  • - 1999 横浜国立大学 物質工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (横浜国立大学)
経歴 (1件):
  • 2005/04 - 2008/03 株式会社けいはんな 京都府地域結集型研究事業 コア研究室
委員歴 (8件):
  • 2017/04 - 現在 電気化学会燃料電池研究会 役員
  • 2013/02 - 現在 ECSJ Industrial Electrolysis and Electrochemical Engineering Chief of Secretariat
  • 2013/02 - 現在 電気化学会電解科学技術委員会 事務局長
  • 2017/09 - JST・CRDS「未来のエネルギー社会のビジョン俯瞰ワークショップ(第二回)」 招聘識者
  • 2015/04 - 2017/03 Association of Fuel Cells, The Electrochemical Society of Japan Secretary general
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/05/23 - 燃料電池シンポジウム 第26回燃料電池シンポジウム 優秀ポスター賞 アークプラズマ蒸着法によるPEFC用脱白金酸化物系酸素還元粉末触媒の開発
  • 2007/11 - 第212回アメリカ電気化学会最優秀発表賞
所属学会 (3件):
水素エネルギー協会 ,  電気化学会 電解科学技術委員会 ,  電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る