研究者
J-GLOBAL ID:200901072639920185   更新日: 2021年11月12日

的崎 尚

マトザキ タカシ | Matozaki Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.med.kobe-u.ac.jp/tougou/signal/Home.html
研究分野 (5件): 免疫学 ,  機能生物化学 ,  病態医化学 ,  内科学一般 ,  医化学
研究キーワード (8件): Immunology ,  Cancer ,  Cell adhesion ,  Cell-cell communication signals ,  免疫 ,  がん ,  細胞接着 ,  細胞間シグナル伝達機構
競争的資金等の研究課題 (57件):
  • 2018 - 2021 がん細胞の生存・維持の分子機構の解明
  • 2016 - 2018 腸上皮細胞微絨毛を足場とした新たな腸管免疫の制御機構に関する研究
  • 2014 - 2017 細胞間シグナルCD47-SIRPα系による生体機能調節の分子基盤
  • 2017 - (AMED)貪食細胞-がん細胞相互作用を制御する新たながん免疫療法の開発
  • 2017 - (AMED)多機能幹細胞を用いた自然免疫再構築による新規肝炎/肝癌治療法の開発/CD34+肝細胞由来顆粒球・マクロファージ前駆細胞系の抗腫瘍機構の解明
全件表示
論文 (192件):
もっと見る
MISC (113件):
特許 (5件):
  • 動物種鑑別方法及び装置
  • マクロファージ活性化剤並びにその製造方法及びスクリーニング方法
  • Pharmaceuical Composition And Method For Acivating Macrophage Using The Same
  • CD47部分ペプチドと抗SHPS-1モノクロナール抗体
  • CD47 PARTIAL PEPTIDE AND ANTI-SHPS-1 MONOCLONAL ANTIBODY
講演・口頭発表等 (257件):
  • Antibodies to SIRPα/SIRPβ as a potential tool for immunotherapy of bladder cancer
    (14th International Conference on Protein Phosphatase 2020)
  • Blockade of the CD47-SIRPα interaction by SIRPα-binding macrocyclic peptides as a potential cancer immunotherapy
    (14th International Conference on Protein Phosphatase 2020)
  • Roles of Shp2-Ras, Src family kinases, and mTOR signaling in intestinal epithelial homeostasis
    (14th International Conference on Protein Phosphatase 2020)
  • Role of CD47 on the regulation of peripheral T cell survival by dendritic cells
    (14th International Conference on Protein Phosphatase 2020)
  • A novel humanized mouse model for assessing human macrophage-targeted cancer immunotherapy in vivo
    (14th International Conference on Protein Phosphatase 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 神戸大学 医学
  • - 1988 神戸大学
  • - 1981 神戸大学 医学科
  • - 1981 神戸大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 日本プロテインホスファターゼ研究会 会長
  • 2018/04 - 現在 日本癌学会 評議員
  • 2002/04 - 現在 日本細胞生物学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2021/03 - 公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団 生体の科学賞 自然免疫制御によるがん細胞の生存・維持の分子機構
  • 2019/12 - 公益財団法人 安田記念医学財団 安田医学賞 がん細胞の生存・維持の分子機構の解明とその臨床応用
  • 2019/11 - 兵庫県芸術文化課 兵庫県科学賞 細胞のシグナル伝達機構の解明とその臨床応用
  • 1992 - 日本消化器病学会 日本消化器病学会奨励賞 学会誌(和文)に掲載された中から毎年10名程度
所属学会 (12件):
日本プロテインホスファターゼ研究会 ,  日本神経化学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本内科学会 ,  米国生化学・分子生物学会 ,  日本免疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  米国癌学会 ,  米国細胞生物学会 ,  北米神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る