研究者
J-GLOBAL ID:200901072674518128   更新日: 2009年07月13日

塗谷 紘宣

ヌリヤ ヒロノブ | Nuriya Hironobu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 材料加工、組織制御 ,  機械要素、トライボロジー ,  設計工学 ,  加工学、生産工学
研究キーワード (6件): 加工性 ,  防食 ,  表面処理設計 ,  Workability ,  Corrosion ,  Design for Surface Treatment
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1995 - 2010 生産設計と加工技術における体系化
  • 1995 - 2010 Systematize of in Product Design and Manufacturing Engineering
  • 1998 - 2004 防食設計・施工における体系化への研究
  • 1998 - 2004 A Study of the Systematization for Corrosion Control Plan and Execution
  • 1990 - 2000 表面処理設計における最適表面形状化の研究
全件表示
MISC (29件):
  • 工学基礎実験の進め方・捉え方 -材料試験の各種硬さ試験についてー. 日本工学教育協会. 2007
  • The How and the Reason of Basic Laboratory for Engineering Part2 -On Material Test by Varions Hatdness Testing-. 2007
  • 工学基礎実験の進め方・捉え方その1 ー材料試験の引張り試験及び衝撃試験についてー. 日本工学教育協会. 2006
  • The How and Reason of Basile Laboratory for Engineering Part1 -On Matterial Test by the Tensional Testing and the Shock Testing-. 2006
  • 企業実習への取り組み. (社)日本工学教育協会. 2005
もっと見る
書籍 (1件):
  • 機械工学一般
    理工学社 1988
Works (11件):
  • Zn,Al及びZn-Al合金溶射皮膜の耐候性評価法 -12年間大気暴露」試験結果と考察ー
    2007 -
  • Evalution for Resistance of Themal Sprayed Coatings of Zn,Zn-Al Alloy and Al against -Analysis on Results of Exposure Test for 12 Years -
    2007 -
  • クロムめっき処理工程における最適化-電着応力が及ぼす影響-
    1994 -
  • 硬質クロムめっき処理における最適システム化-電着応力測定のための実験用システム設計-
    1994 -
  • 消石灰水溶液注入方法による赤水対策
    1994 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1967 日本大学 経営工学科機械専攻
  • - 1967 日本大学
委員歴 (3件):
  • 2007 - 日本設計工学会 評議員
  • 2007 - 表面技術協会 評議員
  • 2003 - 日本工学教育協会 工学・工業教育研究講演会 副委員長
所属学会 (6件):
日本設計工学会 ,  表面技術協会 ,  日本防錆技術協会 ,  日本機械学会 ,  日本工学教育協会 ,  腐食防食協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る