研究者
J-GLOBAL ID:200901072703743810   更新日: 2020年08月31日

瀧山 嘉久

タキヤマ ヨシヒサ | Yoshihisa Takiyama
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.med.yamanashi.ac.jp/clinical/neurol/home.htmlhttp://www.med.yamanashi.ac.jp/clinical/neurol/home.html
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (5件): 遺伝性神経変性疾患 ,  脊髄小脳変性症 ,  痙性対麻痺 ,  トリプレット・リピート病 ,  分子遺伝学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 遺伝性痙性対麻痺の新規原因遺伝子同定
  • 2018 - 2019 オミックス解析に基づく稀少難治性神経疾患の病態解明(AMED)
  • 2018 - 2019 運動失調症の医療基盤に関する調査研究班
  • 2018 - 2019 スモンに関する調査研究班
論文 (177件):
  • Shindo K, Satake A, Fukao T, Ichinose Y, Takiyama Y. Palpebral ptosis as the initial symptom of amyotrophic lateral sclerosis. NEUROLOGICAL SCIENCES. 2020. 41. 1. 211-212
  • Koh K, Ishiura H, Shimazaki H, Tsutsumiuchi M, Ichinose Y, Nan H, Hamada S, Ohtsuka T, Tsuji S, Takiyama Y. VPS13D-related disorders presenting as a pure and complicated form of hereditary spastic paraplegia. MOLECULAR GENETICS AND GENOMIC MEDICINE. 2019. Epub ahead of print
  • 佐竹紅音, 長坂高村, 諏訪裕美, 栗田尚史, 土屋 舞, 羽田貴礼, 高 紀信, 新藤和雅, 瀧山嘉久. 進行期に至って診断されたALS-FTDの一例. 日本早期認知症学会誌. 2019. in press
  • Nan H, Natori T, Ichinose Y, Koh K, Kobayashi F, Shindo K, Hashiyada M, Adachi N, Yamagata Z, Takiyama Y. Conjugal cerebellar type of multiple system atrophy: person-to-person transmission?. PARKINSONISM & RELATED DISORDERS. 2019. 69. 68-70
  • Shindo K, Tsuchiya M, Koh K, Yamashiro N, Kobayashi F, Nagasaka T, Takiyama Y. Paraneoplastic sensori-motor neuropathy associated with mediastinal germ cell tumor: favorable outcome after high-dose intravenous immunoglobulin therapy. NEUROLOGICAL SCIENCES. 2019. Epub ahead of print
もっと見る
MISC (12件):
  • 高 紀信, 南 海天, 一瀬佑太, 石浦浩之, 辻 省次, 瀧山嘉久. 遺伝性痙性対麻痺の新規治療ターゲット探求のための原因遺伝子探索. Precision Medicine. 2019. 2. 13. 1247-1253
  • 瀧山嘉久. 遺伝性痙攣性対麻痺 (HSP)の病態とわが国における研究の現状. 全国脊髄小脳変性症 (SCD)・多系統萎縮症 (MSA) 友の会ニュース. 2018. 234. 15-20
  • 瀧山嘉久. 遺伝性痙性対麻痺の最前線の概略. 難病と在宅ケア. 2018. 24. 8. 5-5
  • 高 紀信, 瀧山嘉久. 遺伝性痙性対麻痺の全国多施設共同研究体制:JASPAC. 難病と在宅ケア. 2018. 24. 8. 10-12
  • 一瀬佑太, 瀧山嘉久. 遺伝性痙性対麻痺のITB (バクロフェン髄注) 療法. 難病と在宅ケア. 2018. 24. 8. 13-17
もっと見る
書籍 (30件):
  • 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症診療ガイドライン2018
    南江堂 2018
  • 痙性対麻痺
    南江堂 2018
  • baclofen髄注療法
    南江堂 2018
  • 口部ジストニー
    医学書院 2018
  • 遺伝性痙性対麻痺
    医歯薬出版株式会社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (394件):
  • 山梨の家族性パーキンソン病における原因遺伝子検索
    (甲信越Neuro Conference in TOKYO 2019 2019)
  • 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症患者における皮膚交感神経活動
    (第32回マイクロニューログラフィー学会 2019)
  • 痙性対麻痺に対するギャバロン髄注療法についての検討
    (第416回山梨神経の会 2019)
  • 歩行障害と低Ca血症を認め、成人期になってはじめて診断された22q11.2欠失症候群の44歳女性例
    (第229回日本神経学会関東・甲信越地方会 2019)
  • 嚥下障害のリハビリテーションに難渋した免疫介在性壊死性ミオパチーの1例
    (第20回山梨神経難病セミナー 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士
委員歴 (19件):
  • 2019/05/22 - 2022/05/21 山梨県臨床内科医会 顧問
  • 2019/10/30 - 2021/10/29 山梨県 メディカルコントロール協議会専門部会委員
  • 2019/05/26 - 2021/05/25 日本神経学会 代議員
  • 2019/04/27 - 2021/04/10 日本内科学会 評議員
  • 2019/03/25 - 2021/03/24 山梨医学会 会長・理事
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る