研究者
J-GLOBAL ID:200901072804885217   更新日: 2020年07月02日

空閑 厚樹

Kuga Atsuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • コミュニティ福祉学研究科  コミュニティ福祉学専攻博士課程前期課程   教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (4件): 人権 ,  社会学 ,  生命倫理学 ,  バイオエシックス
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2002 - 2003 移植医療の費用負担・財源調達システムの構築に関する研究
  • 2002 - 2003 平成14年度厚生労働科学研究政策科学推進研究事業(社会福祉法人母子愛育会)
論文 (9件):
  • 佐藤壮広, 沖直子, 河東仁, 浜野美香. 地域社会と大学をつなげるコミュニティ・ファシリテーション. コミュニティ福祉学部紀要. 2010. 12. 89-108
  • 持続可能な社会における医療のあり方についての試論. まなびあい. 2009. 2. 70-83
  • 空閑 厚樹. いのちをめぐる選択を支える視点. 福音と世界 2月号 新教出版社. 2007
  • 空閑 厚樹. 共に生きること」の困難と希望. 日本宗教学会 宗教研究. 2006. 349
  • 空閑 厚樹. 「ないものねだり」の「神頼み」 - 宗教とバイオエシックスとはどのような問題なのか. バイオエシックスを考える学生の会 Bioethics Study Network. 2003. 3
もっと見る
MISC (3件):
  • 空閑 厚樹. 移植医療の費用負担・財源調達システムの構築に関する研究. 医療経済研究機構 研究報告書. 2004
  • 空閑 厚樹. 外国への日本人研究者派遣事業 研究実績報告書. 平成14年度厚生労働科学研究政策科学推進研究事業研究実績報告書. 2003
  • 空閑 厚樹. 家族介護者の語り - グループインタビュー調査資料集 -. 研究資料シリーズ 41号. 2001
書籍 (2件):
  • エイジングと公共性
    コロナ社 2002
  • 社会学的まなざし - 日常性を問い返す -
    新泉社 2002
学歴 (3件):
  • - 1999 早稲田大学 人間科学研究科
  • - 1995 早稲田大学 人間科学研究科
  • - 1992 早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科
学位 (1件):
  • 修士(人間科学) (早稲田大学)
経歴 (7件):
  • 2016/04/01 - 現在 立教大学 教授
  • 2016/04/01 - 現在 立教大学 教授
  • 2016/04/01 - 現在 立教大学 教授
  • 2007/04/01 - 2016/03/31 立教大学 准教授
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 立教大学 助教授
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る