研究者
J-GLOBAL ID:200901073023109749   更新日: 2022年05月16日

藤原 浩

フジワラ ヒロシ | Fujiwara Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 産婦人科学
研究キーワード (5件): 婦人科腫瘍学 ,  胎盤形成 ,  胚着床 ,  産婦人科学 ,  Obstetrics and Gynecology
競争的資金等の研究課題 (103件):
  • 2021 - 2025 思春期の欠食とダイエットで性差をもって“リプログラミング”される食欲と代謝効率
  • 2021 - 2025 新規胚シグナルlaeverinの幹細胞と免疫システムに対する作用の解明と臨床応用
  • 2021 - 2024 末梢体内時計障害の本態の解明と治療基盤の確立
  • 2021 - 2024 子宮頸部異形成及び頸癌におけるFoxp4発現の意義と新規治療法の開発に関する検討
  • 2021 - 2024 ヒト胚着床における末梢血単核球の促進的作用メカニズムの解明
全件表示
論文 (191件):
  • Rena Yamazaki, Masanori Ono, Tomoharu Sugie, Masafumi Inokuchi, Satoko Ishikawa, Yuki Horage, Yasuyuki Kojima, Takeshi Iwasa, Tetsuaki Hara, Yumi Nagata, et al. Case-based survey: The impact of breast-cancer treatment on fertility in Japan. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021
  • Mikoto Tanabe, Kohei Hosokawa, Mai Anh Thi Nguyen, Noriharu Nakagawa, Kana Maruyama, Noriaki Tsuji, Ryota Urushihara, Luis Espinoza, Mahmoud I Elbadry, Md Mohiuddin, et al. The GPI-anchored protein CD109 protects hematopoietic progenitor cells from undergoing erythroid differentiation induced by TGF-β. Leukemia. 2021
  • Yoshihiko Araki, Yoshiki Miura, Hiroshi Fujiwara. Exploration of novel biomarkers for hypertensive disorders of pregnancy by comprehensive analysis of peptide fragments in blood: their potential and technologies supporting quantification. Clinical chemistry and laboratory medicine. 2021
  • Mizuki Nakashima, Takashi Iizuka, Kyosuke Kagami, Rena Yamazaki, Masanori Ono, Hiroshi Fujiwara. Amniotic band syndrome in a monochorionic diamniotic twin pregnancy after rupture of the dividing membrane in the early second trimester: A case report. BMC pregnancy and childbirth. 2021. 21. 1. 456-456
  • Takashi Hosono, Masanori Ono, Takiko Daikoku, Michihiro Mieda, Satoshi Nomura, Kyosuke Kagami, Takashi Iizuka, Rieko Nakata, Tomoko Fujiwara, Hiroshi Fujiwara, et al. Time-Restricted Feeding Regulates Circadian Rhythm of Murine Uterine Clock. Current developments in nutrition. 2021. 5. 5. nzab064
もっと見る
MISC (240件):
特許 (3件):
書籍 (6件):
  • 内分泌・免疫系ネットワークを介した母体と胚の相互応答による胚着床誘導機構の解明
    [藤原浩] 2008
  • ヒト胚着床・胎盤形成誘導機構の分子生物学的解析 : 反発作用分子、走化性因子および膜結合型peptidaseに着目して
    [藤原浩] 2006
  • 着床期の胚-母体間に想定される血流を介したクロストークの総合的解析 : 内分泌・免疫系ネットワークによる新しい胚着床調節機構の解明
    [藤原浩] 2004
  • 難治性の着床障害患者に対する自己リンパ球を用いた新しい不妊治療法の開発
    [藤原浩] 2003
  • ヒト月経黄体から妊娠黄体への分化機構の総合的解析-免疫系による新しい分化誘導機構-
    2001
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学)
委員歴 (11件):
  • - 現在 日本婦人科腫瘍学会 代議員
  • - 現在 日本産科婦人科学会 代議員
  • - 現在 日本産科婦人科遺伝診療学会 理事
  • - 現在 日本産婦人科手術学会 理事
  • - 現在 日本胎盤学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 1997 - 日本内分泌学会研究奨励賞
所属学会 (4件):
European Society for Human Reproduction and Endocrinology ,  Society for the Study of Reproduction ,  日本不妊学会 ,  日本産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る