研究者
J-GLOBAL ID:200901073023109749   更新日: 2020年09月01日

藤原 浩

フジワラ ヒロシ | Fujiwara Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 産婦人科学
研究キーワード (2件): 産婦人科学 ,  Obstetrics and Gynecology
競争的資金等の研究課題 (52件):
  • 2019 - 2022 高齢社会を支える若年成人の生活習慣リスク
  • 2018 - 2021 "概日時計の乱れが誘発する若年女性の生殖機能障害の実態とその機序の解析 -朝食欠食とダイエットに着目して-
  • 2018 - 2021 血小板の上皮化促進作用に対する子宮体癌の不応性獲得機序の解明とその責任分子の同定
  • 2018 - 2020 新たな子宮肉腫マウスモデルを用いた肉腫化抑制因子の同定と新規分子標的治療への応用
  • 2017 - 2020 絨毛性希少がん胎盤部トロホブラスト腫瘍(PSTT)の有効な診断及び治療法の開発
全件表示
論文 (162件):
  • Yasunari Mizumoto, Junpei Iwadare, Kyohei Nakade, Takeshi Obata, Takeo Matsumoto, Kyosuke Kagami, Takashi Iizuka, Ayumi Matsuoka, Masanori Ono, Mitsuhiro Nakamura, et al. A direct endoscopic approach for left-sided infrarenal para-aortic lymphadenectomy immediately after hysterectomy for endometrial cancer treatment: left dome formation (LDF). Surgical Endoscopy. 2020. 34. 8. 3338-3343
  • Tomoko Fujiwara, Masanori Ono, Takashi Iizuka, Naomi Sekizuka-Kagami, Yoshiko Maida, Yumi Adachi, Hiroshi Fujiwara, Hiroaki Yoshikawa. Breakfast Skipping in Female College Students Is a Potential and Preventable Predictor of Gynecologic Disorders at Health Service Centers. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2020. 10. 7
  • Kyosuke Kagami, Masanori Ono, Takashi Iizuka, Takeo Matsumoto, Takashi Hosono, Naomi Sekizuka-Kagami, Yohei Shinmyo, Hiroshi Kawasaki, Hiroshi Fujiwara. A novel third mesh-like myometrial layer connects the longitudinal and circular muscle fibers -A potential stratum to coordinate uterine contractions. Scientific reports. 2020. 10. 1. 8274-8274
  • Tomoko Fujiwara, Masanori Ono, Michihiro Mieda, Hiroaki Yoshikawa, Rieko Nakata, Takiko Daikoku, Naomi Sekizuka-Kagami, Yoshiko Maida, Hitoshi Ando, Hiroshi Fujiwara. Adolescent Dietary Habit-induced Obstetric and Gynecologic Disease (ADHOGD) as a New Hypothesis-Possible Involvement of Clock System. Nutrients. 2020. 12. 5
  • Hiroshi Fujiwara, Masanori Ono, Yukiyasu Sato, Kazuhiko Imakawa, Takashi Iizuka, Kyosuke Kagami, Tomoko Fujiwara, Akihito Horie, Hirohiko Tani, Akira Hattori, et al. Promoting Roles of Embryonic Signals in Embryo Implantation and Placentation in Cooperation with Endocrine and Immune Systems. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 5
もっと見る
MISC (190件):
  • 飯塚 崇, 若江 享祥, 喜多村 晃一, 小野 政徳, 村松 正道, 藤原 浩. 活性化誘導シチジンデアミナーゼ(AID)はマウス卵巣において、卵胞形成関連遺伝子の発現を変化させる. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 95. 4. 1555-1555
  • 飯塚 崇, 小野 政徳, 藤原 浩. 低出生体重児の病態と包括的管理 産科の立場から. 腎と透析. 2019. 87. 5. 793-798
  • 松本 多圭夫, 中村 充宏, 飯塚 崇, 小幡 武司, 中出 恭平, 岩垂 純平, 小野 政徳, 水本 泰成, 藤原 浩. 子宮頸部腫瘍におけるFOXP4の意義 新規CIN進行マーカーとしての可能性. 日本性感染症学会誌. 2019. 30. 2. 241-241
  • 山崎 玲奈, 飯塚 崇, 明星 須晴, 小野 政徳, 石川 聡子, 井口 雅史, 藤原 浩. 当院における乳癌患者に対するタモキシフェンの卵巣過剰刺激作用の調査. 日本女性医学学会雑誌. 2019. 27. 1. 135-135
  • 明星 須晴, 茅橋 佳代, 細野 隆, 中山 みどり, 松岡 歩, 山崎 玲奈, 小野 政徳, 藤原 浩. 乳癌術後のタモキシフェン投与中に高エストラジオール血症を来たしGnRHアナログを併用後に急速に子宮内膜ポリープを発症した2例. 日本女性医学学会雑誌. 2019. 27. 1. 199-199
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (6件):
  • 内分泌・免疫系ネットワークを介した母体と胚の相互応答による胚着床誘導機構の解明
    [藤原浩] 2008
  • ヒト胚着床・胎盤形成誘導機構の分子生物学的解析 : 反発作用分子、走化性因子および膜結合型peptidaseに着目して
    [藤原浩] 2006
  • 着床期の胚-母体間に想定される血流を介したクロストークの総合的解析 : 内分泌・免疫系ネットワークによる新しい胚着床調節機構の解明
    [藤原浩] 2004
  • 難治性の着床障害患者に対する自己リンパ球を用いた新しい不妊治療法の開発
    [藤原浩] 2003
  • ヒト月経黄体から妊娠黄体への分化機構の総合的解析-免疫系による新しい分化誘導機構-
    2001
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学)
委員歴 (11件):
  • - 現在 日本婦人科腫瘍学会 代議員
  • - 現在 日本産科婦人科学会 代議員
  • - 現在 日本産科婦人科遺伝診療学会 理事
  • - 現在 日本産婦人科手術学会 理事
  • - 現在 日本胎盤学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 1997 - 日本内分泌学会研究奨励賞
所属学会 (4件):
European Society for Human Reproduction and Endocrinology ,  Society for the Study of Reproduction ,  日本不妊学会 ,  日本産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る