研究者
J-GLOBAL ID:200901073039221344   更新日: 2020年08月31日

小林 淳

コバヤシ ジュン | Kobayashi Jun
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~kklab/index.htmlhttp://www.pu-kumamoto.ac.jp/~kklab/index.html
研究分野 (5件): 環境負荷、リスク評価管理 ,  土木環境システム ,  環境動態解析 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (4件): 環境動態解析 ,  残留性有機汚染物質 ,  生物濃縮 ,  環境化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (17件):
  • Sankoda K, Sugawara Y, Aida T, Yamamoto C, Kobayashi J, Sekiguchi K, Wang Q. Aqueous photochemical degradation of mefenamic acid and triclosan: role of wastewater effluent matrices. Water science and technology. 2019. 79. 10. 1853-1859
  • Jun Kobayashi, Miki Yoshimoto, Katsumasa Yamada, Kazumaro Okamura, Takeo Sakurai. Comparison of trophic magnification factors of PCBs and PBDEs in Tokyo Bay based on nitrogen isotope ratios in bulk nitrogen and amino acids. Chemosphere. 2019. 226. 220-228
  • Kenshi Sankoda, Chieko Yamamoto, Jun Kobayashi, Kazuhiko Sekiguchi, Qingyue Wang. Dynamics of dissolved organic matter in a wastewater effluent-impacted Japanese urban stream: characteristics, occurrence and photoreactivity of fluorescent components. Water Science and Technology. 2018. 78. 10. 2036-2040
  • 中村仁美, 篠原亮太, 小林淳, 松添直隆. 安全な乳酸オリゴマーのイグサに対する防カビ効果に関する研究. 農業生産技術管理学会. 2018. 25. 2. 39-42
  • Wachirah Jaingam, Tomohiro Komorita, Shobu Ishimatsu, Jun Kobayashi, Megumi Yamamoto, Koji Arizono, Hiroaki Tsutsumi. Influence of benthic biomagnification process on the total mercury content of fish and mega-benthos in an enclosed bay. Journal of the Japanese Society of Shiranuikai & Kumagawa Regional Studies. 2018. 12. 1. 3-14
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 熊本県立大学 准教授
  • 2011/07 - 現在 国立環境研究所環境リスク研究センター 客員研究員
  • 2011/04 - 2015/03 熊本県立大学 助教
  • 2005/04 - 2011/03 国立環境研究所環境リスク研究センター NIESポスドクフェロー
所属学会 (4件):
米国化学会 ,  土木学会 ,  日本水環境学会 ,  日本環境化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る