研究者
J-GLOBAL ID:200901073223984750   更新日: 2021年01月20日

小原 克博

コハラ カツヒロ | Kohara Katsuhiro
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程教授
ホームページURL (1件): http://www.kohara.ac
研究分野 (3件): 思想史 ,  哲学、倫理学 ,  宗教学
研究キーワード (6件): 組織神学 ,  キリスト教思想 ,  一神教研究 ,  宗教倫理 ,  宗教と科学 ,  人工知能
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2021 科学技術時代における宗教倫理の展開-「不在者の倫理」の構築
  • 2016 - 2019 「良心」に関するグローバルな思想研究と実証研究の総合
  • 2013 - 2018 3.11以降の環境文化とエネルギー政策の倫理的基盤の構築
  • 2011 - 2014 多文化共生時代における一神教コミュニティ間の相互作用と対話
  • 2009 - 2012 ポスト・セキュラリズム時代の比較宗教政策研究-信教の自由、政教分離を中心に
全件表示
論文 (45件):
  • 小原克博. パンデミックとキリスト教--神学的諸問題. 福音と世界. 2020. 2020/11. 6-11
  • Katsuhiro KOHARA. Issues for Religions in Peace Building: From the Perspective of the Study of Conscience and Integral Peace. The Journal of Oriental Studies. 2020. 30. 153-166
  • 小原 克博. 宗教が平和に貢献するための課題--良心学と統合的平和の視点から. 東洋学術研究. 2019. 58. 2. 106-122
  • 小原 克博. エネルギー問題をめぐる倫理的課題と宗教--持続可能な社会のための指針としての「不在者の倫理」. 電気評論. 2018. 103. 12. 10-15
  • 小原 克博. 環境問題に対して宗教が果たす役割--『ラウダート・シ』を手がかりとして. 福音宣教. 2018. 2018年4月号. 20-26
もっと見る
MISC (80件):
  • 小原克博. パンデミック時代のオンライン授業--良心学・宗教研究との接点. 同志社時報. 2020. 150. 40-41
  • 小原克博. パンデミック時代の信仰. はなしあい(日本クリスチャン・アカデミー). 2020. 614. 1-1
  • 小原克博. なぜ人々は終末を信じたがるのか. TRANSIT. 2020. 48. 129
  • 小原 克博. 科学の進歩と生命をめぐる倫理的課題の過去・現在・未来 : キリスト教における議論を参考にしながら (特集 生命倫理と宗教 : 連続公開講演会/「社会と宗教」レクチャーより). 東洋学術研究. 2018. 57. 1. 34-62
  • 小原 克博. 提題 「十字軍の思想」の現在--「浄化」への多様な欲求 (京都ユダヤ思想学会 第9回学術大会シンポジウム 聖戦と十字軍--現代・歴史・一神教が交差するところ). 京都ユダヤ思想. 2017. 8. 95-101
もっと見る
書籍 (37件):
  • 宗教は現代人を救えるか--仏教の視点、キリスト教の思考
    平凡社 2020 ISBN:9784582859393
  • 国際社会と日本仏教 (龍谷大学アジア仏教文化研究叢書)
    丸善出版 2020 ISBN:4621304844
  • 人類の起源、宗教の誕生: ホモ・サピエンスの「信じる心」が生まれたとき (平凡社新書)
    平凡社 2019 ISBN:4582859135
  • 宗教と社会の戦後史
    東京大学出版会 2019 ISBN:4130104128
  • ビジネス教養として知っておきたい 世界を読み解く「宗教」入門
    日本実業出版社 2018 ISBN:453405632X
もっと見る
講演・口頭発表等 (229件):
  • AIは人生を最適化してくれるのか--人間およびAIにとっての生きる意味
    (名古屋大学 情報学研究科価値創造研究センターポジティブ情報学プロジェクト主催シンポジウム「AI時代に生きる意味を問う--宗教の観点から」 2020)
  • つなぐ力と切る力--人類史に見る集団と個の力学
    (京都大学経営管理大学院 JOHNAN寄付講座「100年続くベンチャーが生まれ育つ都研究会」主催「宗教とイノベーション--世界の起業家が注目する‘心’の伝統」 2020)
  • 「心」を学際的に研究する-良心学の試みを事例として
    (宗教倫理学会 研究会 2020)
  • 新たな世界観を求めて--良心学の視点から
    (公開シンポジウム「COVID-19下における社会変革の本質」 2020)
  • AIと一神教は関係あるのか
    (日本宗教学会 第79回学術大会、パネル「AIと世界観・神観念」 2020)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1992 - 1996 同志社大学 歴史神学専攻
  • 1989 - 1992 同志社大学 組織神学専攻
  • 1990 - 1991 ハイデルベルク大学神学部(ドイツ)
  • 1989 - 1990 マインツ大学プロテスタント神学部(ドイツ)
  • 1985 - 1989 同志社大学
学位 (2件):
  • 博士(神学) (同志社大学)
  • 修士(神学) (同志社大学)
経歴 (7件):
  • 2013/04 - 現在 同志社大学大学院 神学研究科 博士後期課程教授
  • 2004/04 - 現在 同志社大学 神学部 教授
  • 2004/04 - 2013/03 同志社大学大学院 神学研究科 博士前期課程教授
  • 2003/04 - 2004/03 同志社大学大学院 神学研究科 博士前期課程助教授
  • 2000/04 - 2003/03 同志社大学 神学部 助教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 同志社大学 神学部・大学院 神学研究科 学部長・研究科長
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 学術システム研究センター プログラムオフィサー(専門研究員)
  • 2015/04 - 現在 日本基督教学会 理事
  • 2014/04 - 現在 日本宗教学会 理事
  • 2016/10 - 2018/10 宗教倫理学会 会長
全件表示
所属学会 (6件):
日本生命倫理学会 ,  日本宗教学会 ,  日本基督教学会 ,  宗教倫理学会 ,  「宗教と社会」学会 ,  American Academy of Religion
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る