研究者
J-GLOBAL ID:200901073281016852   更新日: 2016年07月12日

栗岡 幹英

クリオカ ミキエイ | Kurioka Mikiei
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (6件): 逸脱行動論 ,  社会学理論 ,  医療社会学 ,  deviant theory ,  sociological theory ,  medical sociology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2005 - 医療における医療者の逸脱行動と医療被害
  • 2005 - deviant behavor in medicine and sufferers
  • 2001 - 血液製剤によるHIV感染被害問題の社会学的研究
  • 2001 - a sociological study in HIV exposure of hemophilia people by blood products
  • 1982 - 1987 薬害の社会学
全件表示
MISC (13件):
  • 栗岡 幹英. 医療事故の社会学的解明に向けて-説得的な研究計画の作成-. 保健医療社会学論集. 2012. 第23. 第1. 47-56
  • KURIOKA Mikiei. For Sociological Clarification of Medical Malpractice: To Make a Persuasive Research Plan. 2012. 第23. 第1. 47-56
  • 栗岡 幹英. [研究ノート]インターネットは言論の公共圏たりうるか-ブログとウィキペディアの内容分析-. 奈良女子大学社会学論集. 2010. 17. 133-151
  • KURIOKA Mikiei. Can the Internet be the Public Sphere of Discourse?: Contents Analysis of Blogs and Wikipedia. 2010. 17. 133-151
  • 栗岡 幹英. 薬害HIVにおける医療社と患者のコミュニケーション. 『フォーラム現代社会学』. 2007. 6
もっと見る
書籍 (1件):
  • 役割行為の社会学
    世界思想社 1993
学歴 (2件):
  • - 1980 京都大学大学院 社会学専攻
  • 京都大学大学院文学研究科 社会学専攻
学位 (1件):
  • 京都大学文学修士 (京都大学)
経歴 (6件):
  • 1995 - 2004 :静岡大学人文学部教授
  • 2004 - -:奈良女子大学文学部教授
  • 1992 - 1995 :静岡大学人文学部助教授
  • 1983 - 1992 :福岡教育大学教育学部助教授
  • 1981 - 1983 :福岡教育大学教育学部講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2005/05 - 関西社会学会 理事
  • 2005/04 - 奈良女子大学社会学研究会 運営委員長
  • 2004/03 - 日本社会学会 倫理綱領検討特別委員会委員、倫理委員会委員
  • 2004/01 - 社会学研究会 編集委員・編集委員長
所属学会 (5件):
日本社会学会 ,  関西社会学会 ,  日本保健医療社会学会 ,  社会学研究会 ,  奈良女子大学社会学研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る